マイナビニュースマイナビ

ハイブリッド型勤務の定着に向けた課題とは? - クアルトリクス「コロナ禍における働き方の実態調査」

[2021/07/01 09:00]伊藤正子 ブックマーク ブックマーク

クアルトリクスは6月30日、「コロナ禍における働き方の実態調査」の結果を発表した。

同調査は2021年4月22日~26日、日本全国の就業者を対象にインターネットで行われたもので、有効回答者数は3,405人(在宅勤務者1,000人/完全出勤者2,405人)。そのうち、業績を軸とした分析に関しては、現在の個人業績に関する設問に対し、「職場の平均を超える」とした回答者を「ハイパフォーマー」(375人)、「職場の平均を下回る」とした回答者を「ローパフォーマー」(91人)と分類した集計結果となっている。

記者説明会には、クアルトリクス EXソリューション ストラテジー ディレクター 市川幹人氏が登壇。調査結果を基に、コロナ禍が働き方や生活にもたらした変化や、従業員エンゲージメントを維持/強化するために企業が対処すべき課題などについて解説した。

今の働き方をどう感じているか

「コロナ禍で働き方がどう変わったかを考えるには、リモートワークのなかで何が起こっているのかを解き明かすのがよいのではないでしょうか」――冒頭、市川氏はそう語り、コロナ収束後の在宅勤務意向について尋ねた調査結果を示した。

それによると現在、すでに在宅勤務をしている人の約9割は今と同程度以上に在宅勤務をしたいと回答しており、完全に出勤している人も3割以上が在宅勤務を希望するという結果となった。

アンケート結果

コロナ禍が収束した後の勤務形態については、全く元通りになるのではなく、多くの企業で通常勤務と在宅勤務のハイブリッド型が定着することが見込まれる。加えてこの結果に、「どう考えても企業側は選択肢の1つとして、在宅勤務を提供できる仕組みを持っている必要がある」と市川氏は語る。

市川幹人氏

クアルトリクス EXソリューション ストラテジー ディレクター 市川幹人氏

ただし、在宅勤務のように場所と時間を選ばない働き方においては、自由度の高さが評価される一方、業務分担が偏りやすいことや、コミュニケーション不足/帰属意識の低下、各人の業務環境が異なることなどが課題視されている。

こうした点に対し、在宅勤務をしている人々は実際にどう感じているのか。

まず業務時間や業務量に関しては、全体で見ると増えた/減ったという回答がそれぞれ2割ほどを占めた。

「1年ほど前に実施した調査で効率性や生産性について尋ねたときは、大体4~5割が効率が落ちたと回答していました。今は、(リモートワークの)やり方が定着して以前と同じような業務ができるようになったということかと思います」(市川氏)

アンケート結果

ただし、この結果を現在職場で「平均を超える業績を上げている従業員(ハイパフォーマー)」と「平均を下回る業績に留まっている従業員(ローパフォーマー)」に分けて見た場合、顕著な差が見られたという。

アンケート結果

ハイパフォーマー(375人)/ローパフォーマー(91人)別に見たコロナ禍前後の業務量などの変化(業績評価については回答者の自己申告。以下同)

ハイパフォーマーは、業務時間/業務量ともに「増えた」という回答が多いものの、効率を上げてこなしていることが見て取れる。一方、ローパフォーマーはむしろ「減少した」という回答が多い。また、権限/裁量や役割についても、両者の間で認識が大きく異なっており、ローパフォーマーは自身のなすべきことが不明確になっていることがうかがえる。

「業務があるから業績が上がっているのか、もしくはハイパフォーマーだから業務が集まっているということなのか。いずれにせよ、一部の人に仕事が集中する傾向があるのではないでしょうか。(企業/管理職の)目が届かない場所で、二極分化が進んでいることを示しています」(市川氏)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

今こそ「真の働き方改革」を - ポイントは社員と企業のエンゲージメント

今こそ「真の働き方改革」を - ポイントは社員と企業のエンゲージメント

真の働き方改革は、社員と会社の双方に意義がある。その成果となる生産性の向上を、社員は生活の質改善、企業は収益向上で分かち合い、両者はエンゲージメントの向上で結ばれる――GEや住生活グループ(現・LIXILグループ)で長年人事を担当してきたpeople first 代表取締役 八木洋介氏は、こう語る。4月22日に開催されたTECH+フォーラム「バックオフィス業…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る