未来のクルマはここまでできる! データ活用が後押しする自動車社会の発展

[2020/01/29 08:00]周藤瞳美 ブックマーク ブックマーク

100年に1度の大変革期を迎えているとされる自動車産業。キーとなるのが、コネクティッドカー(Connected car)、自動運転(Autonomous)、シェアードモビリティ(Shared Mobility)、そして電気自動車(Electric car)の頭文字を繋いだ「CASE」だ。データ活用の文脈で言えば、特に注目すべきはコネクティッドカーだろう。自動車のスマートフォン化とも言える同技術は、将来的にデータの宝庫となるポテンシャルを秘めている。

12月13日に開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」では、日産自動車総合研究所 モビリティ・サービス研究所 エキスパートリーダー 上田哲郎氏が、最新のコネクティッドカー技術や今後の展望などについて解説した。

EV、自動運転車……自動車業界におけるデータ活用のこれまで

自動車業界でのデータ活用は、最近始まったことではない。上田氏によると、日産自動車では、電気自動車(EV)における走行経路やバッテリーの状態などをトラッキングし、劣化具合や問題点などを可視化してモニタリングする試みを2010年より行っているのだという。

「当時はEVの航続距離が心配されていた時期ということもあり、実際のEVから得られたデータを使ってEV航続可能シミュレーションを行っていました。現在は実際のEV走行データが溜まってきたことにより、シミュレーションの必要はありません。住所を入れると、先のユーザーがどこまで走行できたかという情報が検索できるようになっています」(上田氏)

日産自動車総合研究所 モビリティ・サービス研究所 エキスパートリーダー 上田哲郎氏

2016年には、日産の自動運転車「プロパイロット」が登場。2019年には「プロパイロット2.0」へと進化し、同一車線内では手放しでの運転も可能となった。上田氏曰く「ヤバい技術」だ。ハンドルから手を離していても自動車が熟練したドライバーが運転しているかのように滑らかに車線中央を走っていくという感覚は、体験してみると想像以上のものだという。

2016年当時は前の車を追尾する仕組みだったが、現在の仕組みでは、高精度地図とGPSを基に、走行中の自動車の位置を車載カメラの画像を用いて推定している。また、ドライバーモニターによって運転者の状況をモニタリングしているため、よそ見や居眠りをすると警告音が鳴るという。

画像認識技術の進歩によりこれまでとは異なった測距方法も取れるようになってきた。

「これまでのセンサーは前を走る車との距離を知るために開発されてきたものだが、今では”何かを知る”ことを目的とした技術へと変わっている。カメラに写った前の車のナンバープレートのサイズから車間距離を逆算するようなアプローチを取ることもできるようになった。これならば単眼カメラでも測距可能となる。直接的に距離を図る必要がなくなった上、ほかの情報もとれるようになってきた」と、上田氏は自動運転を支える技術の変遷について説明する。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

日本の農業を

日本の農業を"もうかる農業"へ! クボタが挑むスマート農業

12月13日に都内で開催された「マイナビニュースフォーラム 2019 Winter for データ活用」では、クボタ 特別技術顧問 工学博士 飯田 聡氏が登壇。「農業を強いビジネスに! クボタの次世代ビジョン」と題し、担い手農家が直面する課題の解決に向けたデータ活用や、自動化/無人化による超省力化、軽労化技術などについて語った。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る