[講演レポート提供]今こそ「NoOps」! システム運用から"嬉しくないモノ"をなくす方法

[2018/11/21 08:00] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

ハイスピードでテクノロジーが進化する今、システムの設計/運用思想にも大きな変化が訪れ始めている。かつては”障壁”となっていた技術的/コスト的な問題も、容易に乗り越えられるケースが増えてきたからだ。

第93回IT Search+スペシャルセミナーでは、「システムの運用保守から”嬉しくないモノ”をなくそう」という概念「No Ops(No Uncomfortable Ops)」を提唱するコミュニティ、NoOps Japanから、発起人の1人であるゼンアーキテクツ 代表取締役/ITアーキテクト 岡大勝氏が登壇。NoOpsの実現に向けたシステム設計や運用保守の考え方について、キーワードを挙げながら解説を繰り広げた。

ゼンアーキテクツ 代表取締役/ITアーキテクト 岡大勝氏

今回、IT Search+では、同講演の模様をPDF形式のレポートにまとめた。以下の資料紹介、あるいは本稿下部の「今すぐ資料をダウンロード」「ダウンロードBOXに入れる」ボタンから無料でダウンロードできる(要会員ログイン)。

PDFでは、この10年でIT業界に起きた変化や登場/進化した技術、それに伴うシステム設計/運用思想の変化、NoOpsなシステムにするために必要な条件などについてまとめている。システムの”あるべき姿”を模索する方は、ぜひご一読いただきたい。

講演レポートのご案内

全2ページから成る講演レポートでは、「NoOpsはじめの一歩 - 新世代の設計思想を知る」の内容を基に、以下のようなトピックスをご紹介しています。無料でダウンロードできるので、ぜひご一読ください。

<PDF内容>

  • 技術の進歩とともに変化した「設計思想」
  • NoOpsなシステムが備えるべき「3つの能力」



>> ダウンロードはこちらから


※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

[講演資料提供] NoOpsに挑め! 新世代の設計思想をアーキテクトが解説

「NoOpsは、『No Uncomfortable Ops』を意味します。すなわち、システム運用保守に関する『嬉しくないもの』を取り除く活動です」――NoOps Japan 発起人を務めるゼンアーキテクツの岡 大勝氏は、10月3日に開催したIT Search+スペシャルセミナー『NoOpsはじめの一歩 ~新世代の設計思想を知る~』においてNoOpsをこう説明…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る