埼玉県、救急電話相談にNECのAIを活用したチャットボットを採用 [事例]

[2018/09/21 20:30] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

NECは9月21日、埼玉県から、AIを活用したチャットボットによる「AI救急相談自動応答システム」を受注したと発表した。

同システムは、NECのAI技術群「NEC the WISE」の1つである「テキスト含意認識技術」を活用した「NECの自動応答」を用いて、スマートフォンなどから救急相談を利用できるチャット形式の自動応答サービスを提供するというもの。

埼玉県では、急な病気やケガによる対処方法の相談や医療機関の案内を受けられる救急電話相談を実施しており、2017年10月からは24時間365日体制で相談を受付。その相談件数は年間約15万件に及ぶ。

AI救急相談自動応答システムの導入により、県民へ手軽な救急相談サービスを提供すると共に、相談員による応対業務の負荷軽減も実現するという。

AI救急相談自動応答システムの利用イメージ

NECでは今後、音声入力や外国語対応も支援していくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

野口観光、AIと人間で対応する「triplaチャットボットサービス」を導入 [事例]

野口観光、AIと人間で対応する「triplaチャットボットサービス」を導入 [事例]

triplaは6月12日、野口観光が運営する全19施設に、AIとオペレーターが5言語で問い合わせ対応する「triplaチャットボットサービス」を、2018年5月31日から導入したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る