カナデンブレイン、データ移行ツール「RACCOON」を採用 [事例]

[2018/08/28 15:40] ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

ソリューション

データ・アプリケーション(以下、DAL)は8月28日、カナデンブレインが、クラウド型LPガス販売管理システム「みねるば」のデータ移行ツールとして、DALのデータハンドリングプラットフォーム「RACCOON」を採用したと発表した。

中堅/大規模なLPガス事業者向けに、業務全般をサポートするLPG統合情報ネットワークシステム「SuperX」を提供しているカナデンブレインは、小規模事業者にクラウド型LPガス販売管理システム「みねるば」を開発した。しかし、ビジネスモデルの構築にあたり、データ移行方法が課題となった。

従来、SuperXに対する既存データの移行は、案件を担当したSEが開発したスクリプトツールで行っていた。だが、低価格モデルのみねるばに同様の方法をとれば、利益が下がる上、人手不足になりかねないことなどから、営業担当者が移行作業を担うこととなった。また、小規模事業者の場合、既存データはExcelや紙で保管されている可能性があり、それらの内容を入念に精査してからシステムに投入する必要があった。

同社は、これらの課題を解決するものとして、RACCOONを導入。採用にあたっては、移行元/移行先のデータ形式としてExcelが対応していることや複数の項目で精査が必要なデータでも、データチェック機能によって確認できることなどがポイントになった。

導入により、SEに頼ることなく、営業担当者でも簡単に精査の必要なデータの移行が行える体制を確立できたほか、データ移行期間も、SuperXと比較すると1/2以下に効率化されたという。

みねるばへのデータ移行プロセス

同社は今後、SuperXにもRACCOONを適用し、データ移行の標準化を検討していきたいとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3997
2
カナデンブレイン、データ移行ツール「RACCOON」を採用 [事例]
データ・アプリケーション(以下、DAL)は8月28日、カナデンブレインが、クラウド型LPガス販売管理システム「みねるば」のデータ移行ツールとして、DALのデータハンドリングプラットフォーム「RACCOON」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/08/28/jirei_thumbnail.jpg
データ・アプリケーション(以下、DAL)は8月28日、カナデンブレインが、クラウド型LPガス販売管理システム「みねるば」のデータ移行ツールとして、DALのデータハンドリングプラットフォーム「RACCOON」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る