オリコ、機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入 - 審査に利用 [事例]

[2018/08/16 15:45] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

オリエントコーポレーション(以下、オリコ)と新日鉄住金ソリューションズ(以下、NSSOL)は8月15日、オリコが、NSSOLが提供する米DataRobotの機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入し、2018年8月よりクレジット審査などで利用を開始すると発表した。

DataRobotは、機械学習で利用する「モデル」の作成を自動化/簡素化するというもの。世界の優れたデータサイエンティストの知識や経験、ノウハウをプラットフォームに実装しており、機械学習に要していた時間を大幅に短縮できるという。

クレジット審査精度向上を目的にAI黎明期より機械学習を活用してきたオリコでは、このDataRobotの機械学習の性能の高さと使いやすさ、既存のシステムとの親和性などに着目。実証実験の結果、クレジット審査予測モデルの精度向上や顧客アプローチ施策における反応率の向上、業務全般に対する有効性を確認できたことなどから導入の決定に至った。

オリコでは、2018年4月に先進技術を活用した新たなビジネスモデルの構築および既存ビジネスのデジタル化の推進を目的とした「デジタルイノベーション室」を中心に、DataRobotの特長を生かしてビジネス、および新たなビジネスモデルの構築などに向けて活用していくとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3972
2
オリコ、機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入 - 審査に利用 [事例]
オリエントコーポレーション(以下、オリコ)と新日鉄住金ソリューションズ(以下、NSSOL)は8月15日、オリコが、NSSOLが提供する米DataRobotの機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入し、2018年8月よりクレジット審査などで利用を開始すると発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/08/16/jirei_thumbnail.jpg
オリエントコーポレーション(以下、オリコ)と新日鉄住金ソリューションズ(以下、NSSOL)は8月15日、オリコが、NSSOLが提供する米DataRobotの機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入し、2018年8月よりクレジット審査などで利用を開始すると発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る