企業は何にフォーカスするべきか? 市場スタック別に捉えるAIトレンド

[2018/06/27 08:00]齋藤公二 ブックマーク ブックマーク

ソリューション

ガートナー ジャパンは6月14~15日、年次カンファレンス「ガートナー データ & アナリティクス サミット 2018」を都内にて開催した。本稿では、同カンファレンス内で実施されたバイスプレジデント兼最上級アナリストの亦賀忠明氏による講演「AIトレンド2018」の模様をお届けする。

チャットボット市場は”カオス”

企業のデジタル化にとって重要なコア・テクノロジであるAI(人工知能)。だが、亦賀氏は「いまだに多くの誤解や”神話”が見られ、混乱が続いている」と話す。AIをビジネスの現場に生かすためにはどう捉えればいいのか。亦賀氏は、AIの主要なトレンドを整理しつつ、日本のユーザー企業へのアドバイスを行っていった。

ガートナー ジャパン バイスプレジデント兼最上級アナリストの亦賀忠明氏

「AIはハイプサイクルで『過度な期待』のピークに位置します。2017年は、特にチャットボットに関する質問が多かった。短期的には幻滅しますが、中長期のインパクトは大きく、企業にとっても非常に重要です。今は、可能性を探る、試すというフェーズであり、自分で運転を開始して、スキルを高める努力が不可欠です」(亦賀氏)

亦賀氏はまず、昨年問い合わせが多かったというチャットボットの動向から話を始めた。チャットボットの多くは、決まった答えを返すだけのいわゆる「人工無能」で実際にはAIとは呼べないものだ。ただ、ビジネスにおいては現実的かつ実用的だという。

むしろ、チャットボットで用いられている「人工知能」に対しては「過度な期待をしないこと」が求められる。AI的な会話こそできるが、ビジネスで利用するには不十分な点が多く、まだ研究の領域に留まっている段階だ。

「『AIチャットボット』という言葉が生まれるなど、何がAIなのかがわからなくなっています。ほとんどの人は、そんなことは関係なくとにかく導入したがっている。市場はカオス状態であり、まずは、どのようなものがあるかを理解することが大切です」(亦賀氏)

チャットボットの国内提供ベンダーは、大きく、IBM Watson系、ベンチャー・スタートアップ・中小企業系、大手ベンダー系、API系に分けられる。このうち、IBM Watson系とAPI系で提供されているもので比較的知られているサービスとしては「IBM Watson Conversation Service」「Google Dialogflow」「Microsoft Bot Framework」「Amazon Lex」などが挙げられる。

チャットボット提供ベンダーのおおよその区分/出典:ガートナー(2018年6月)

「それなりに使えるものもありますが、まだ初期の段階です。今後に備えるために、まずは使ってみること。評価するというよりも、むしろ『自分で運転する』スキルを獲得する一環と考えることがポイントです。デジタル時代の『破壊』に備えるためには、API系にチャレンジする。実績づくりと言うなら、ベンチャー系のなかには数千円から使えるサービスもあるので、すぐに始めてみて、ダメならやめるという意識が必要です」(亦賀氏)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

アナリティクスの成熟度を高めるには? 着目すべきは「4つのドメイン」

アナリティクスの成熟度を高めるには? 着目すべきは「4つのドメイン」

現在のBI/アナリティクス分野では、多くの洗練されたケイパビリティ(能力)が続々と登場している。6月14日~15日にかけて行われた「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」では、ガートナー リサーチ ディレクター カーリー・アイディーン氏が「BIとアナリティクスの動向:洞察の自動生成へ」と題した講演で、企業がアナリティクス能力の成熟度を高める…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る