沖縄銀行、高機能FMCサービス「オフィスリンク+」搭載のスマホを導入 [事例]

[2018/03/12 11:45] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

NTTドコモは3月9日、沖縄銀行がNTTドコモの高機能FMC(Fixed Mobile Convergence)サービス「オフィスリンク+」搭載のスマートフォンを導入したと発表した。

オフィスリンク+は、スマートフォンなどをオフィスの内線として利用できる「オフィスリンク」に、クラウド電話帳を搭載したもの。連絡先をクラウドで一元管理できるため、常に最新の情報を反映することができる。

沖縄銀行では、従来、営業担当者が外出中に会社に電話がかかってきた場合、PHSにかけ直してもらうか、帰社後に折り返す必要があり、手間がかかることやタイムラグが生じることが課題となっていた。また、電話帳は各社員が個別に管理していたため、万一携帯電話を紛失した場合は個人情報が漏洩するリスクもあったという。

同行は、先行してタブレットを導入・活用するなかで、より軽量なスマートフォンを導入することでさらなる効率化が図れるのではないかと検討。外出中の行員も内線番号で呼び出せることや外線電話も転送できること、クラウド電話帳によって顧客情報が安全に管理できることから、オフィスリンク+の採用に至った。

導入により、外出中でも社内同様に内線電話や外線電話の転送が可能になったほか、電話帳の一元管理により、個人の管理の手間が軽減。端末紛失時は遠隔操作でアカウントをロック可能なため、セキュリティも確保できるとしている。

導入システムの利用イメージ

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3534
2
沖縄銀行、高機能FMCサービス「オフィスリンク+」搭載のスマホを導入 [事例]
NTTドコモは3月9日、沖縄銀行がNTTドコモの高機能FMC(Fixed Mobile Convergence)サービス「オフィスリンク+」搭載のスマートフォンを導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/03/12/index.top.jpg
NTTドコモは3月9日、沖縄銀行がNTTドコモの高機能FMC(Fixed Mobile Convergence)サービス「オフィスリンク+」搭載のスマートフォンを導入したと発表した。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る