サントリー、社内向け健康促進企画・管理用クラウドアプリ「FitSAP」を導入 [事例]

[2017/09/22 19:55] ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

ソリューション

SAPジャパンは9月21日、サントリーホールディングスが社内向け健康促進施策企画・管理のためのクラウドアプリケーション「FitSAP(フィットエスエーピー)」を導入したと発表した。

FitSAPは、「Fitbit」「JAWBONE」といった各種健康管理アプリケーションと連携し、各アプリケーションから取得した歩数などのデータを統合して、ランキング表示することができるというもの。約1年前にSAP社内向けに自社開発され、カスタマイズが容易なことから希望する企業に積極的に展開しているという。

サントリーでは、同社が掲げるグローバル健康経営×環境経営のための取り組みの一環として、今年10月1日から31日の1カ月間にわたり、「One Suntory Walk」の実施を計画している。

同プログラムは、グループ企業の全社員約3万8,000人を対象に行われるもので、社外の3つの自然保護団体から参加者が支援したい団体を選ぶことで3チームに分かれ、1カ月間のウォーキングの歩数を競う。これにより、健康意識を高め、運動習慣を身に付けることを目指すとともに、順位に応じて各団体への寄付額を決定する。その実施にあたり、多国語対応のほか、さまざまなデバイスへの対応などを考慮し、主要な歩数管理アプリケーションやグローバル要件に対応済みで、カスタマイズも短期間で容易に行えるPaaSを基盤としたFitSAPの導入を決定したのだという。

システムの構築はMinoriソリューションズが担当し、既にサントリーが国内の社員向けに導入していた健康管理システム「ヘルスマイレージ」との連携をはじめとするサントリー向けのカスタマイズを行った。9月に試験運用を開始し、10月の施策開始に合わせて稼働開始の予定。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3103
2
サントリー、社内向け健康促進企画・管理用クラウドアプリ「FitSAP」を導入 [事例]
SAPジャパンは9月21日、サントリーホールディングスが社内向け健康促進施策企画・管理のためのクラウドアプリケーション「FitSAP(フィットエスエーピー)」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
SAPジャパンは9月21日、サントリーホールディングスが社内向け健康促進施策企画・管理のためのクラウドアプリケーション「FitSAP(フィットエスエーピー)」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る