HRテクノロジー大賞の受賞企業が決定! - オラクル、日立、ワークデイなど20社

[2016/09/12 19:40] ブックマーク ブックマーク

ソリューション

ProFutureは9月12日、「第1回 HRテクノロジー大賞」の受賞企業が決定し、10月4日に授与式を開催すると発表した。

HRテクノロジー大賞は、日本のHRテクノロジーや人事ビッグデータ分析に関する優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化・発展に貢献することを目的として今年創設されたもの。日本国内で企業活動を行っている企業(外資系含む)・団体の「人事部門」、および「サービス提供会社」を対象に、採用、人材育成、アセスメント、労務管理、人材マネジメント、タレントマネジメント、業務効率化・高度化などの領域におけるHRテクノロジーやビッグデータを活用した取り組み、もしくはそれらの提供サービスを募集した。

審査は「技術力」「革新性」「経営貢献」「生産性向上」「戦略性」「社会的影響性」の6つの審査評価基準に沿って行われ、応募総数49事例の中から、20事例が選出された。

各賞の受賞企業は以下のとおり。

●大賞(1社)
- 日本オラクル

●イノベーション賞(2社)
- 日立製作所
- ワークスアプリケーションズ

●アナリティクス部門優秀賞(1社)
- テンプホールディングス

●アナリティクスサービス部門優秀賞(1社)
- カシオヒューマンシステムズ

●業務変革部門優秀賞(1社)
- ディー・エヌ・エー

●業務変革サービス部門優秀賞(1社)
- SAPジャパン

●統合マネジメント部門優秀賞(1社)
- 日本ヒューレット・パッカード

●統合マネジメントサービス部門優秀賞(1社)
- ワークデイ

●労務・福利厚生部門優秀賞(1社)
- NECソリューションイノベータ

●労務・福利厚生サービス部門優秀賞(1社)
- デロイト トーマツ コンサルティング

●ラーニング部門優秀賞(1社)
- セプテーニ・ホールディングス

●ラーニングサービス部門優秀賞(1社)
- サムトータルシステムズ

●採用部門優秀賞
該当なし

●採用サービス部門優秀賞(1社)
- Institution for a Global Society

●奨励賞(4社)
【人事カテゴリー】
- サイバーエージェント

【人材サービスカテゴリー】
- i-plug
- ドコモgacco
- グーグル

●注目スタートアップ賞(2社)
- SUSQUE
- ミライセルフ

なお、授与式は10月4日~6日に開催される人事・経営者フォーラム「HRサミット2016 Stage2」内において、4日18時からのプログラムとして実施される。授与式には、審査委員長を務めた慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授 岩本 隆氏のほか、上智大学 理工学部情報工学科 教授 田村 恭久氏、ProFuture 代表取締役社長/HR総研 所長/中央大学大学院 戦略経営研究科(ビジネススクール) 客員教授 寺澤 康介氏の3名が登壇予定となっている。

関連リンク

1844
2
HRテクノロジー大賞の受賞企業が決定! - オラクル、日立、ワークデイなど20社
ProFutureは9月12日、「第1回 HRテクノロジー大賞」の受賞企業が決定し、10月4日に授与式を開催すると発表した。HRテクノロジー大賞は、日本のHRテクノロジーや人事ビッグデータ分析に関する優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化・発展に貢献することを目的として今年創設されたもの。審査は6つの審査評価基準に沿って行われ、応募総数49事例の中から、20事例が選出された。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/09/12/0912HR_001.jpg
ProFutureは9月12日、「第1回 HRテクノロジー大賞」の受賞企業が決定し、10月4日に授与式を開催すると発表した。HRテクノロジー大賞は、日本のHRテクノロジーや人事ビッグデータ分析に関する優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化・発展に貢献することを目的として今年創設されたもの。審査は6つの審査評価基準に沿って行われ、応募総数49事例の中から、20事例が選出された。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る