【連載】

山口健太のモバイルデバイスNEXT

【第14回】Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか

[2016/08/25 08:00]山口健太 ブックマーク ブックマーク

ソリューション

日本国内で次々と端末の発売が続いているWindows 10 Mobile。その中でも「MADOSMA」ブランドで市場を切り開いたマウスコンピューターが、2世代目になる大画面モデル「MADOSMA Q601」を発売した。一度に多くの情報を得やすい大画面は、ビジネス利用において生産性の向上が期待できる。果たしてMADOSMA Q601はWindows 10 Mobileの決定版なのか、順に見ていこう。

大画面と金属ボディで一新、キーボードも打ちやすい

MADOSMA Q601の最大の特徴は、6インチの大画面だろう。本体サイズは大画面化によって前モデルのMADOSMA Q501Aより一回り大きくなったが、片手で持てない大きさではない。筆者の手はそれほど大きいわけではないが、本体をしっかりホールドできた。

6インチの大画面だが片手でしっかり持てる

背面カバーが取り外しできる樹脂ボディだった前モデルと異なり、一体型の金属ボディを採用する。SIMカード/microSDのカードスロットはピンを用いるトレー式に変わったが、手に持ったときの質感が向上しており、プラスの面が大きい。

前モデルのMADOSMA Q501A(左)より一回り大きくなったQ601(右)

一体型の金属ボディになり質感が向上した

スマートフォンとして最大級の6インチディスプレイは、WordやExcelといったOfficeアプリの利便性向上はもちろん、画面内のソフトウェアキーボードも大きく表示されるメリットがある。スマートフォンのキーボードが打ちづらく、業務で利用しづらいと感じていた人は、検討すべき端末といえよう。また、前モデルでは法人向けにブラック色のモデルが提供されていたが、Q601にも落ち着いたカラーの追加に期待したい。

Continuumにも対応、USB Type-C採用

画面サイズ以外にも、前モデルと比較して強化されたポイントがある。SoCにはQualcommの「Snapdragon 617」を採用して「Continuum for Phones」に対応した。これにより、スマートフォンの画面を外部ディスプレイにMiracastで無線出力し、キーボードやマウスと組み合わせて利用できる。

通信方式では、LTEとW-CDMAの対応バンドが米国やアジアで用いられているものにも対応した。海外出張の多いビジネスパーソンにとって、検討すべきSIMフリー端末の1つと言っても良いだろう。nanoSIMやmicroSIM、microSDのサポートは前モデルと同じ。一方でバッテリーは3900mAhに大容量化を果たした。充電コネクタとなるUSBインタフェースには最新の「USB Type-C」を採用しており、急速充電規格「Quick Charge 2.0」にも対応したため、より短時間で充電できる。

SIMカードスロットはピンを用いる方式に

USB Type-C用の変換アダプターを利用してUSBキーボードやUSBメモリーも利用できる

注意点としては、この新規格がmicroUSBほど普及しておらず、ケーブルやアダプターの選択肢があまりない。手軽にコンビニで手に入るわけでもないので、万が一の紛失時などに備えてケーブル類は多めに持ち歩きたいところだ。筆者はUSB Type-Cケーブルのほかに、microUSBケーブルに取り付けるUSB Type-Cアダプターも持ち歩いており、予備として活用している。

Anniversary Updateをいち早く体験

MADOSMA Q601の発売直後には、Windows 10の最初のメジャーバージョンアップとなる「Anniversary Update」の提供が始まった。当初はPC向けのみが提供されていたが、モバイル向けの提供も始まり、MADOSMA Q601にもAnniversary Updateを適用することができた。

Anniversary Updateによりいくつか機能が加わったほか、全体的に動作がキビキビするように感じられる。そのため、ぜひアップデートを適用したいところだが、現時点ではContinuumが一部の解像度で動作しなくなるなどの不具合も見つかっており、注意が必要だ。

Anniversary Updateの適用でバージョンは「10.0.14393.67」に

筆者の場合、最初の1回はContinuumが動作したものの、2回目以降はつながらなくなってしまった

ほかにもアプリの下端がナビゲーションバーと重なって切れてしまう表示上の問題や、ストアでのアプリのアップデートが何時間経っても終わらなくなるなどの不具合が、筆者の評価端末で起きている。

Windows 10 Mobileを急速に進化させる上で、こうした問題が出ること自体はやむを得ないが、それらは一般向けリリースの前に提供される「Insider Preview」ビルドの時点で解決してほしい点でもある。ビジネスユースでは「信頼性」が重要視されるため、いち早い対応を期待したいところだ。

関連リンク

1754
2
【連載】山口健太のモバイルデバイスNEXT [14] Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
日本国内で次々と端末の発売が続いているWindows 10 Mobile。その中でも「MADOSMA」ブランドで市場を切り開いたマウスコンピューターが、2世代目になる大画面モデル「MADOSMA Q601」を発売した。一度に多くの情報を得やすい大画面は、ビジネス利用において生産性の高さが期待できる。果たしてMADOSMA Q601はWindows 10 Mobileの決定版なのか、順に見ていこう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2016/08/win10m001-thumb-450xauto-3894.jpg
日本国内で次々と端末の発売が続いているWindows 10 Mobile。その中でも「MADOSMA」ブランドで市場を切り開いたマウスコンピューターが、2世代目になる大画面モデル「MADOSMA Q601」を発売した。一度に多くの情報を得やすい大画面は、ビジネス利用において生産性の高さが期待できる。果たしてMADOSMA Q601はWindows 10 Mobileの決定版なのか、順に見ていこう。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る