2017年は「セキュリティの簡素化」がキーワードに - ファイア・アイ

[2017/01/30 13:00]徳原大 ブックマーク ブックマーク

セキュリティ

ファイア・アイ 執行役副社長 岩間 優仁氏

ファイア・アイは1月26日、2017年のサイバーセキュリティ動向予測を発表した。

記者説明会に登壇した同社 執行役副社長の岩間優仁氏は2016年に同社が予測した内容を振り返り、「7~8割が当たっていた」と話す。

具体的には、サイバー攻撃の高度化によって、事業に直接的な影響を与えることから「取締役会がサイバーセキュリティ問題の当事者になる」といった予測や、米Yahoo!の情報漏えい事件に関連した「起業の買収・合併において事前のセキュリティ調査が重要性を増す」といった予測が当たったとした。

一方で少々ズレたポイントとして「IoTデバイスのハッキングが増加する」という予測では、IoTデバイスがランサムウェアによって使えなくなる”人質化”を予測していたのに対し、現実にはMIRAIによるDDoS攻撃のボット化が起きた。大枠では当たっていたものの、今後もこうした「脅威の出現形態が少し違った」(岩間氏)ものが登場する可能性は大いにあるだろう。

なぜ簡素化なのか?

2017年におけるセキュリティの在り方で岩間氏が語ったのは「セキュリティの簡素化」だ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】 ジャパンネット銀行CSIRTチームが伝える「CSIRTアレコレ」 【第2回】CSIRT運用の

【連載】 ジャパンネット銀行CSIRTチームが伝える「CSIRTアレコレ」 【第2回】CSIRT運用の"リアル"と"ポイント"

連載2回目の今回は、CSIRT運用の"リアル"と、適切に運用するためのポイントについて、JNBの事例を基に解説したいと思います。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る