マイナビニュースマイナビ

流通経済大学、富士通エフサスの統合認証基盤を導入 - 9システムのSSOを実現 [事例]

[2016/09/13 10:40] ブックマーク ブックマーク

富士通エフサスは9月12日、流通経済大学にマルチクラウド・ハイブリッドクラウド環境に対応した統合認証基盤を導入したと発表した。

流通経済大学では、教育関連の学内システムを複数導入しており、システムごとに異なるID・パスワードの管理が複雑化していることが課題になっていた。また、学生のパスワード忘れに対する対応にも追われ、システム管理者の負荷が増大していたという。

今回、統合認証基盤を導入したことで、既存の学内システムに加え、GoogleAppsやMicrosoft Office 365、サイボウズ ガルーンなどの異なる9種類のシステムでシングルサインオン(SSO:Single Sign-On)が可能となった。これにより、学生側の利便性向上とシステム管理者の業務負荷軽減を実現し、システムの拡張性が確保されるという。

SSO運用イメージ

統合ID管理システム運用イメージ

今後、流通大学では、オンラインで利用できる学術リソースを活用する大学グループや、それらのリソースを提供する機関・出版社などから構成された連合体「学術認証フェデレーション」への参加に向け、他大学や商用サービスとの認証連携を実現するとともに、学生ニーズの変化に柔軟に対応したICT環境の整備を推進するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

未知のサイバー攻撃にAIはどう挑むのか? - Unbelievable Tour in Japan

未知のサイバー攻撃にAIはどう挑むのか? - Unbelievable Tour in Japan

エムオーテックスは8月24日、米Cylanceと共催で「Unbelievable Tour in Japan」を都内で開催した。同イベントでは、AIを使ったマルウェア検知技術の解や、実際に未知のマルウェアを検知するデモなどが披露されたほか、トークセッションにはセキュリティ業界の著名人が登壇。専門家の視点から、AI技術の評価や可能性についてさまざまな意見が交わ…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る