「生き残る」ではなく「勝ち残る」- ウィズコロナ時代のマーケティング戦略

[2020/06/17 09:00]山田井ユウキ ブックマーク ブックマーク

コロナショックはビジネスの世界にも深刻な影響を与えている。”ウィズコロナ”と呼ばれるこれからの時代に、マーケティングにおいて企業は難しい舵取りを強いられることになるだろう。

このウィズコロナ時代、マーケターはどうあるべきか。BtoB分野で長くマーケティングに携わり、国内最大級となるクラウドコミュニティ「JAWS-UG」を立ち上げたことでも知られるStill Day Oneの小島英揮氏が5月28日、マイナビニューススペシャルセミナー「顧客と深くつながるために―― BtoBマーケティング最新手法と先進事例」に登壇。これからのBtoBマーケティングに求められるメソッドについて話した。

10年後も変わらない「基本」

Still Day Oneの代表社員であり、パラレルマーケターとして複数の企業を支援する小島氏は、BtoBのIT分野で30年近くマーケティングに従事してきたベテランマーケターだ。PFUやアドビシステムズを経て、2009年から2016年はAWSのマーケティング部門のヘッドとして活躍。同社在籍中に立ち上げた日本最大規模のクラウドコミュニティ「JAWS-UG」の発起人としてご存じの方も多いだろう。

Still Day Oneの小島英揮氏

まさに日本を代表するマーケターの1人である小島氏だが、ウィズコロナ時代を意識せざるを得ない今、マーケターはどうあるべきだと考えているのか。

「マーケターとして最も影響を受けたのはAmazonのジェフ・ベソス氏が語った『今後10年で変わらないものは何か』という言葉です」(小島氏)

マーケターはどうしてもマーケットの変化に着目しがちで、「10年後に市場はどうなっているのか」を考えてしまう。もちろん、それも重要ではあるが、「10年後にも変わらないもの」についても考えるべきだと小島氏は言う。

では、「10年後も変わらないマーケティングの基本」とは何か。

そもそもマーケティングのゴールとは、ユーザーに「知られる」ことではなく、「行動(試す、買う、勧める)をしてもらう」であり、「その行動を続けてもらう」ことだと小島氏は説明する。

また、現実社会で例えるなら「恋愛に似ている」と言う。なぜならマーケティングも恋愛も「誰が相手なのか」が最も重要だからだ。相手によってデートの誘い方もプランも変わる。常に必勝の策があるわけではない。マーケティングも同じだ。どんな優れたキャンペーンや広告も全員に通用するわけではない。したがって、まずは相手を知るところから始めなければならないのだ。

小島氏はマーケティングを設計する要素として下記の3点を挙げる。

  • Who(誰が顧客か)
  • What(何を提供するか)
  • How(どのように伝えるか)

この3点それぞれに「Why(なぜ)」を掛け合わせて施策を考えていくのだ。例えば「Who×Why」であれば、「なぜその顧客なのか?」となる。

マーケティング施策の正しい順番は上記で要素を挙げた順の通りだ。Whoから始まり、What、Howと考えていく。しかし、世の中には意外とHowから始める”なんちゃって”マーケティングも多いのだという。

ここで重要なのが「Who」の解像度を上げてフォーカスする対象を明確にすること。「製造業」や「大企業」といったアバウトなカテゴリーだけでなく、状態や役割にもフォーカスすることでリーチするべき対象の姿がクリアになっていくのだ。

さらに、顧客だけでなく自社の規模によってもアプローチする方法は変わる。例えば、他社を圧倒できる予算があるなら、その資金力に物を言わせた”王者の戦略”がとれる。だが、多くの企業はそうではない。潤沢ではない予算で戦うためには工夫が必要だ。

「孫子の兵法に学びましょう。『敵を知り己を知れば百戦殆うからず』という言葉の通り、相手と自社について把握し、刻々と変わる状況へ対応することが大切です」(小島氏)

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「社内を巻き込むデジタルマーケティング」成功の理由は? - Marketoチャンピオン座談会

「社内を巻き込むデジタルマーケティング」成功の理由は? - Marketoチャンピオン座談会

アドビシステムズは5月13日、Webセミナー「MAをテコに社内を巻き込み顧客と深くつながれ」を開催した。同セミナーには、「2019年度 Marketo Champion Team of the Year」に選出された日立製作所、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ、LINE Payが登壇。Championたちがどのような課題感を持ってデジタルマーケティン…

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る