マイナビニュースマイナビ

PowerShell 7.1へアップデートする方法

【連載】

PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方

【第125回】PowerShell 7.1へアップデートする方法

[2020/11/27 08:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

PowerShell 7.1登場

PowerShell 7系の初のメジャーアップデートバージョンとなる「PowerShell 7.1.0」が公開された。PowerShell 7.0系を使っているなら、PowerShell起動時に「PowerShell 7.1.0」のリリースを伝えるメッセージが表示されるようになったはずだ。

PowerShell 7.1.0

PowerShellのパッケージはGitHubからダウンロードできる。

Releases · PowerShell/PowerShell


今回は、Windows、Mac、LinuxでPowerShell 7.1にアップデートする方法について説明していこう。

Windowsでのアップデート方法

まず、先ほどのGitHubページからPowerShell 7.1.0をダウンロードする。多くの場合、win-x64をダウンロードしておけばよいだろう(PowerShell-7.1.0-win-x64.msi)。

対象のパッケージをダウンロード

PowerShell 7.1.0をインストールする前に、すでにインストールされているPowerShellをアンインストールしておく。設定アプリケーションから「アプリ」を選択し、インストール済みのPowerShellを探してアンインストールを実行する。

インストール済みPowerShellをアンインストール

PowerShellをアンインストールしたら、ダウンロードしてきたパッケージを実行してPowerShell 7.1.0をインストールする。

PowerShell 7.1.0をインストール

インストール後に設定アプリケーションで確認すると、PowerShellが7.1.0へアップデートされていることがわかる。

PowerShell 7.1.0のインストールを確認

Windows TerminalなどでPowerShell 7.1.0が実行されていることを確認する。

Windows TerminalでPowerShell 7.1.0の動作を確認

Macでのアップデート方法

Macでのアップデート方法も同じだ。上書きインストールすることもできるのだが、先にインストール済みのPowerShellをアンインストールして綺麗にしてから、新しいバージョンをインストールしよう。PowerShell 7は次のように通常のアプリとしてインストールされているので、そのままドラッグ&ドロップでゴミ箱へ入れればよい。

右下隅にあるPowerShellのアイコンをゴミ箱に入れればアンインストールできる

ちなみにMacの場合、アプリを削除するサードパーティ製アプリケーションも存在する。例えば、「AppCleaner」はその一つだ。AppCleanerの使用はあくまでも自己責任となるが、アンインストールされるファイルを確認してから作業を行えるといった特徴がある。

AppCleanerでアンインストールするという手もある

さて、ダウンロードしたPowershell 7.1のパッケージを実行しようとすると、次のように「悪質なソフトウエアかどうかをAppleでは確認できないため、このソフトウエアは開けません」といったメッセージが表示され、インストーラが起動しないことがある。

インストーラを起動できない

その場合、Finderでインストーラを選んだ状態で「Ctrl」キーを押しつつメニューを表示させ、メニューから「開く」を選択する。

「Ctrl」キーを押しながらメニューを表示させ「開く」を選択する

そうすると先ほどと同様のメッセージは表示されるものの、キャンセル以外に「開く」というボタンが追加される。ここで「開く」を選択する。

「開く」を選択

後は、インストーラに従ってインストールを行えばよい。

インストーラに従ってインストールを実行

ターミナルでpwshコマンドを実行すれば、次のようにPowerShell 7.1.0の実行を確認できる。

PowerShell 7.1.0の実行を確認

Mac版は今のところx64版のみが提供されているが、今後はarm64版の提供も行われるのではないかと考えられる。時期は発表されていないが、状況を考えるとそれほど時間はかからないだろう。

Appleは先日、ARMアーキテクチャベースの新しいプロセッサ「Apple M1」を発表しており、Apple M1を搭載したMacの販売も開始されている。Apple M1のベンチマーク結果は良好だ。しかも、デバイス価格が同じレベルのIntelプロセッサを搭載したPCよりも廉価である。パワーがあり、バッテリーの持ちがよく、iPhoneやiPadのアプリが動作し、x64バイナリも実行できる(一部例外あり)。開発者やアドバンスドユーザーの心は、この新しいデバイスに心惹かれるはずだ。

ARMの採用に関してはMicrosoftのほうが先行しているのだが、Microsoftの取り組みは同社が期待していたほどは成功していない。しかし、AppleのほうはAppleの想像を超えて成功する可能性がある。その場合、MicrosoftはApple M1でネイティブに動作するアプリケーションの提供を始めることになり、当然PowerShellも提供対象になるはずだ。どのバージョンで提供が開始されるかは、どの程度Apple M1ベースのデバイスがさばけるかに依存しているのだが、現状を見る限り、そう長い時間はかからないように思う。今後の展開に注目したい。

Linuxでのアップデート方法

Linuxでのアップデートは簡単だ。プレビュー版ではないので、PowerShellは対象のディストリビューションが提供している正規のパッケージか、またはSnapからインストールしよう。後はそのパッケージ管理システムの方法でアップデートを行えば、PowerShell 7.1.0へアップデートされる。アップデートに関してはLinuxが最も簡単だ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る