PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - アプリの本体を調べる

【連載】

PowerShell Core入門 - 基本コマンドの使い方

【第107回】PowerShell 7をインタラクティブシェルとして使う - アプリの本体を調べる

[2020/07/10 07:30]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

前回、PowerShellからのアプリケーション起動を簡単にする方法として「エイリアス」を取り上げた。例えば、次の設定を「$PROFILE」に書き込んでおけば、「edge」でMicrosoft Edgeを起動することが、「chrome」でGoogle Chromeを起動することができる。いちいちパスを入力する必要がなく便利だ。

Set-Alias -Name edge -Value "C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe"
Set-Alias -Name chrome -Value "C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe"

この設定を行うには、動作しているアプリケーションの本体となるファイルを知っている必要がある。いくつかのアプリケーションはローンチャーを使わないと起動することができないのだが、それ以外のアプリケーションは大体単体のバイナリファイルが本体となっており、上記の方法で起動することができる。今回はこうしたアプリケーションの本体を調べる方法を紹介する。

タスクマネージャでアプリケーションの本体を調べる

アプリケーションの本体を調べるには、起動したいアプリケーションを実行しておき、その状態でタスクマネージャを使えばよい。例えば、まず次のようにMicrosoft Edgeを起動する。

使用中のMicrosoft Edge

タスクマネージャを起動し、Microsoft Edgeを表示させる。Microsoft Edgeは複数のプロセスが動作しており、次のスクリーンショットのように展開して個別のプロセスを表示させることができる。

タスクマネージャでMicrosoft Edgeをチェック

Microsoft Edgeのプロセスでメニューを表示させ、メニューから「プロパティ」を選択する。

Microsoft Edgeのプロセスに対して「プロパティ」を選択

すると次のようにアプリケーションの本体を知ることができる。

Microsoft Edgeの本体情報

上記ダイアログからは、次の情報を読み取ることができる。

項目 内容
場所 C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application
名前 msedge
拡張子 .exe

上記情報を組み合わせると「C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe」が本体であることがわかる。なお、プロパティのセキュリティタブを選択すると、もっと直接的にパスを知ることができる。

プロパティのセキュリティタブ

プロパティのセキュリティタブ

「C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe」はパスが長いのでダイアログに収まっていないが、上記2つのスクリーンショットのように横スクロールさせれば、全体を知ることができる。

ほかのアプリケーションも同じように調べることができるし、タスクマネージャ自体も同じようにタスクマネージャで調べることが可能だ。タスクマネージャは単体のプロセスとして動作しており、個別プロセスのほうではなく、大本のプロセスを選択してプロパティを表示させる。

タスクマージャをタスクマネージャで調べる

タスクマネージャの本体

タスクマネージャの本体は「C:\Windows\System32\Taskmgr.exe」であることがわかる。エクスプローラも同じように調べることができる。

タスクマネージャでエクスプローラを調べる

エクスプローラの本体

エクスプローラの本体は「C:\Windows\explorer.exe」だ。

タスクマネージャで調べられないものもある

この方法で全て解決するかと言えば、そんなことはなかったりする。例えば、コントロールパネルを実行している次のスクリーンショットをご覧いただきたい。

コントロールパネル

コントロールパネルを実行している状態でタスクマネージャを使用すると、次のようにアプリケーションとして「コントロールパネル」は表示されない。表示されるのは「エクスプローラ」だ。

コントロールパネルとして動作するのはエクスプローラ

同じようにプロパティを調べても、コントロールパネルの本体は「C:\Windows\explorer.exe」であり、エクスプローラであることがわかる。

コントロールパネルの本体はエクスプローラ

つまり、こういった種類のアプリケーションはタスクマネージャでは起動方法を調べることができないため、個別に起動方法を調べるしかない。面倒だが、こればかりは仕方ないところだ。

コントロールパネルはcontrolコマンドで起動できる

なお、コントロールパネルは「control.exe」(C:\Windows\System32\control.exe)で、起動やどの項目を表示させるのかといった指定を行うことができる。コントロールパネルをよく使うのであれば、まずはcontrolを実行する方法を覚えておくとよいのではないだろうか。

OSを知り、インタラクティブシェルを使いこなす

今回はエイリアスに設定するためにアプリケーションの本体を調べる方法を紹介した。全てのアプリケーションの本体や起動方法がわかるわけではないのだが、大半のアプリケーションは紹介した方法でいけると思う。

PowerShellをインタラクティブシェルとして使うということは、やはりWindows 10そのものを知ることにもつながっていく。OSを深く知ることが、インタラクティブシェルのさらなる活用につながるのだ。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

【連載】RPA入門 - ツールで学ぶ活用シーン

AIには、ルールベース、機械学習、深層学習(ディープラーニング)の3つのレベルがあり、レベルが上がるに連れてより高度な人工知能を実現しますが、AIのスピンオフという位置付けで、Digital Labor(仮想知的労働者)によるホワイトカラー業務の自動化を実現するRPAが注目されています。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る