Vimを使う - プラグイン カラーテーマ「seoul256」

【連載】

にわか管理者のためのLinux運用入門

【第230回】Vimを使う - プラグイン カラーテーマ「seoul256」

[2020/05/19 08:00]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

Vimのプラグインを検索する方法はいくつかあるが、現状のお勧めは「Vim Awesome」を使うことだ。

Vim Awesome


Vim Awesomeを使うと比較的素早く関連しそうなプラグインを検索することができる。ざっと検索して説明を読んで、都合が良さそうなプラグインをインストールして設定を追加し、とりあえず試してみる。これを繰り返して自分にとって役に立つプラグインを探していく……というのが次のステップとなる。

カラーテーマプラグイン「seoul256」

まず、わかりやすい例として、今回はカラーテーマを設定するプラグインをインストールする方法を取り上げる。まず、次のようにVim Awesomeで検索を行う。カラーテーマを設定したいので「color theme」で検索すると次のような結果が得られる。

Vim Awesomeで「color theme」で検索

表示される検索候補からいろいろ試してもらえればよいが、お薦めなのは最終更新日が比較的最近のものを選ぶことだ。数年前に開発がストップしているようなものも多いので、なるべく活発にメンテナンスされている、もしくは開発が継続しているものを選んでおいたほうがよいだろう。

次のスクリーンショットはカラーテーマを設定するプラグイン「seoul256」のページを表示したものだ。seoul256の使用例と、どのような設定を行えばよいかが簡潔にまとまっている。

カラーテーマseoul256の説明ページ - Vim Awesome

説明や設定方法がわかりやすいプラグインを選ぶというのも、1つの指針になるかと思う。

seoul256をインストール

連載の内容に沿って~/.vimrcファイルを編集してきたのであれば、現在は次のような内容になっているはずだ。

"dein Scripts-----------------------------
if &compatible
  set nocompatible               " Be iMproved
endif

" Required:
set runtimepath+=/home/daichi/.cache/dein/./repos/github.com/Shougo/dein.vim

" Required:
if dein#load_state('/home/daichi/.cache/dein/.')
  call dein#begin('/home/daichi/.cache/dein/.')

  " Let dein manage dein
  " Required:
  call dein#add('/home/daichi/.cache/dein/./repos/github.com/Shougo/dein.vim')

  " Add or remove your plugins here like this:

  " Required:
  call dein#end()
  call dein#save_state()
endif

" Required:
filetype plugin indent on
syntax enable

" If you want to install not installed plugins on startup.
if dein#check_install()
  call dein#install()
endif

"End dein Scripts-------------------------

colorscheme slate
set number
syntax on
set whichwrap=b,s,[,],<,>,~,h,l
set cursorline
set incsearch
set hlsearch
set ignorecase

Dein.vimにおけるプラグインのインストール方法は、前回取り上げた通りだ。「” Add or remove your plugins here like this:」の部分の記述を次のように変更する。

  " Add or remove your plugins here
  call dein#add('junegunn/seoul256.vim')

「junegunn/seoul256.vim」というのはGithub.comにおけるseoul256のURLの一部だ。このプラグインはhttps://github.com/junegunn/seoul256.vimでホスティングされているので、指定するのはjunegunn/seoul256.vimとなる。Vim Awesomeの説明にもプラグインを表す文字列としてjunegunn/seoul256.vimが使われているので、説明を読んでいればなんとなくわかるだろう。

この状態でVimを起動すると、次のように起動時にseoul256プラグインのインストールが行われる。

Vim起動時にseoul256プラグインが自動インストールされる

ただし、seoul256自体の設定を行っていないので、表示は次のようになったままだ。

まだseoul256プラグインは機能していない

次に、seoul256プラグインを使用するための設定を行う。

seoul256の設定

本連載ではすでにVimにデフォルトでマージされているカラーテーマを使っている。~/.vimrcに次のような設定部分があると思うが、「colorscheme slate」がその設定部分だ。

colorscheme slate
set number
syntax on
set whichwrap=b,s,[,],<,>,~,h,l
set cursorline                                                              set incsearch
set hlsearch
set ignorecase

この設定があるとseoul256のカラーテーマが機能しないので、次のように該当行を削除するか、またはコメントアウトしておく。

set number
syntax on
set whichwrap=b,s,[,],<,>,~,h,l
set cursorline                                                              set incsearch
set hlsearch
set ignorecase

次にseoul256を使用する設定を追加する。「”End dein Scripts————————————-」の部分を、次のように変更していただきたい。

" seoul256
let g:seoul256_background = 233
colo seoul256

"End dein Scripts-------------------------

上記設定はダークテーマを利用することを想定して、ターミナルアプリケーションの背景色が黒の場合に目に優しい配色を選んでみた。

この状態でVimを起動すると次のような表示となる。

seoul256のカラーテーマが機能している状態

seoul256にはこのほかにもさまざまなカラーテーマが用意されているので、いろいろ変更して試してみてほしい。

プラグインのインストール手順は共通

プラグインのインストール手順は、どれも同じだ。プラグインを検索し、インストール設定を追加する。最後にそのプラグインの設定を追加して、衝突する設定を削除もしくはコメントアウトすれば完了である。プラグインの多くはGithub.comでホスティングされている。説明は英語になっていることが多いが、日本はVimユーザーが多く、日本語での情報が比較的得やすいという特典もある。

Vimそのものの説明は書籍やWebコンテンツとしてまとまっていることが多いが、個々のプラグインに関しては情報が少ないので取っつきにくいかもしれない。しかし、プラグインはとても便利で、この機能を使わない手はない。まずは今回取り上げたプラグインのインストール方法をトレースして慣れ、後は自分が欲しいプラグインの検索とインストールに取り組んでみていただきたい。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る