ホテルサンルートプラザ新宿、サイネージシステム「MIRACLE VISUAL STATION」を採用 [事例]

[2017/06/22 14:20] ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

サーバ/ストレージ

ミラクル・リナックスは6月22日、ホテルサンルートプラザ新宿が、デジタルサイネージシステム「MIRACLE VISUAL STATION」を採用したと発表した。

利用者の8割以上を海外からの宿泊客が占めるホテルサンルートプラザ新宿では近年、団体ツアーに加えて個人旅行の宿泊客も増加しており、インフォメーションサービスの多言語化の強化とともに、より多くの情報を提供できる仕組みが求められていた。

同ホテルでは、約10年前にデジタルサイネージシステムを導入していたものの、操作性やコンテンツ更新のスピードに難があるなど運用面の課題が多かったことから、システムの刷新を検討。複数のデジタルサイネージシステムを比較した結果、コンテンツの配信から表示までの速度や、耐久性などが評価され、MIRACLE VISUAL STATIONの採用に至った。採用の決め手は、導入までの支援を施工会社とミラクル・リナックスが連携して行うという点にもあったとしている。

導入後、全ての宿泊客が行き来するエントランスに65インチのモニタを2台並べて設置。現在は4名のスタッフがデジタルサイネージのコンテンツ作成から配信、表示、更新を行っており、モニタにはフロアマップやリムジンバスの時刻表、宴席案内などの情報が、日本語、英語、中国語、韓国語で表示される。

導入により、多言語によるコンテンツ配信が手軽に実現できるようになったほか、提供できる情報が充実し、フロントスタッフの問い合わせ対応業務が軽減したという。今後同ホテルは、配信するコンテンツを充実させ、サービスのさらなる拡充を目指す。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2859
2
ホテルサンルートプラザ新宿、サイネージシステム「MIRACLE VISUAL STATION」を採用 [事例]
ミラクル・リナックスは6月22日、ホテルサンルートプラザ新宿が、デジタルサイネージシステム「MIRACLE VISUAL STATION」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ミラクル・リナックスは6月22日、ホテルサンルートプラザ新宿が、デジタルサイネージシステム「MIRACLE VISUAL STATION」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る