Backend Serviceアプリケーションにおけるスタック情報の取得/設定

【連載】

AWSで実践! 基盤構築・デプロイ自動化

【第34回】Backend Serviceアプリケーションにおけるスタック情報の取得/設定

[2020/05/20 08:00]川畑 光平 ブックマーク ブックマーク

本連載では、以下のイメージの構成にあるAWSリソース基盤自動化環境の構築を実践しています。

本連載で構築していく基盤自動化環境のイメージ

前回は、テンプレートの親となるネストテンプレートを作成し、複数のテンプレートに定義したリソースを一括構築しました。続く今回は、作成したスタックの情報をSpring Cloud AWSを用いてアプリケーションから参照する実装を紹介します。

なお、実際のソースコードはGitHub上にコミットしています。以降のソースコードでは本質的でない記述を一部省略しているので、実行コードを作成する場合は、必要に応じて適宜GitHub上のソースコードも参照してください。

Spring Cloud AWSのCloudFormationサポート

連載「AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本」の第12回で、Spring Cloud AWSがCloudFormationで定義した論理名を基に、リソース情報へアクセスする機能をサポートしていることを紹介しました。 また、これまでの連載のなかで実装してきたアプリケーションでは、以下のようにAWSリソースを利用しています。

  • ALBを経由したバックエンドサービスの呼び出し(ALBのDNSをRestTemplateに指定)
  • エンドポイントを指定したRDSアクセス
  • サービスエンドポイントを指定したDynamoDBアクセス
  • エンドポイントを指定したElastiCacheアクセス
  • S3バケットへのアクセス
  • サービスエンドポイントを指定したSQSへのキュー送信、ポーリングによる取得

アプリケーションでは、これまで設定ファイル、もしくは環境変数への指定でリソースアクセスに必要な設定を行ってきましたが、今回はSpring Cloud AWSのCloudFormationサポート機能を使って、必要な設定を行ってみましょう。 必要に応じて、Spring Cloud AWSの公式リファレンスも参照してください。

設定の変更

これまでの連載ではSpring Cloud AWSを使用する場合、以下のようにスタックの自動検出を全てOFFにした状態で解説を進めてきました(application.ymlで「stack.aws.stack.auto」を「false」に設定)。

cloud:
  aws:
    stack:
      auto: false

この状態では、スタック情報から自動的にデータ取得する設定がOFFになります。今回からの解説では、こちらの設定を有効化した状態での設定方法の解説を進めていきます。

また、Spring Cloud AWSからアクセスするCloudFormationスタック、およびリソースは前回複数のリソースを一括定義した親テンプレートのNestedStackを指定して取得します。なお、各ライブラリの動作環境は以下のバージョンで実施しています。

動作対象 バージョン
Java 1.8
Spring Boot 2.2.4.RELEASE
Spring Cloud AWS 2.2.1.RELEASE
Spring Data JPA 2.2.4.RELEASE
Spring Data DynamoDB 5.2.1
Spring Session Data Redis 2.2.0.RELEASE

アプリケーションはFrontendサブネットに配置するECSコンテナ上のWebアプリケーションと、Backendサブネットに配置するECSコンテナ上のサービスアプリケーションの2種類があります。それぞれアプリケーションから参照するAWSリソースは以下の通りです。

AWSリソース Frontend WebApp Backend Service
ALB
RDS
DynamoDB
ElastiCache
S3
SQS ○(キュー送信) ○(キュー受信)

ただし、開発環境ではローカル端末内に2つのアプリケーションを起動するため、ALBの参照は行わないものとします。

それでは、まず最初にBackend Serviceから、Spring Cloud AWSを使って CloudFormationのスタックから情報を取得する設定を実装してみましょう。

Backend ServiceにおけるCloudFormationスタック情報を利用した設定

まず、Mavenプロジェクトのpom.xmlで、spring-boot-starter-web、spring-boot-starter-data-jpa、spring-cloud-starter-awsのライブラリを定義します。 また、RDSへアクセスするためにはspring-cloud-starter-aws-jdbcを、DynamoDBへのアクセスにはspring-data-dynamodb、SQSのアクセスにはspring-cloud-starter-aws-messagingを合わせて追加する必要があります。 なお、PostgreSQLのドライバや、エンティティクラスの実装を簡易化するために、Lombokライブラリを追加しておきましょう。

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>org.springframework.boot</groupId>
    <artifactId>spring-boot-starter-web</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.springframework.boot</groupId>
    <artifactId>spring-boot-starter-data-jpa</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.springframework.cloud</groupId>
    <artifactId>spring-cloud-starter-aws</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.springframework.cloud</groupId>
    <artifactId>spring-cloud-starter-aws-jdbc</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.springframework.cloud</groupId>
    <artifactId>spring-cloud-starter-aws-messaging</artifactId>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>io.github.boostchicken</groupId>
    <artifactId>spring-data-dynamodb</artifactId>
    <version>5.2.1</version>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.postgresql</groupId>
    <artifactId>postgresql</artifactId>
    <scope>runtime</scope>
  </dependency>
  <dependency>
    <groupId>org.projectlombok</groupId>
    <artifactId>lombok</artifactId>
    <optional>true</optional>
  </dependency>

</dependencies>

Backend Serviceアプリケーションでは、以下のような設定クラスの構成で実装します。以前の連載で実装した内容から差分があるものを中心に解説します。

※ アプリケーションでは実際にRDSやDynamoDBへアクセスする実装、SQSへポーリングするリスナー実装クラスなどもありますが、連載「AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本」の第1213171832回 で説明した実装にしているのでここでは詳しい解説は行いません。

コンポーネント 説明 必須
App SpringBootアプリケーションを実行する起動クラス。以前の連載と設定は変わらないため説明は省略
DomainConfig サービスレイヤの設定を行うクラス。以前の連載と設定は変わらないため説明は省略
DynamoDBConfig DynamoDBに関する設定クラス
JpaConfig JPAに関する設定クラス。以前の連載と設定は変わらないため説明は省略
MvcConfig Webサービスに関する設定クラス。以前の連載と設定は変わらないため説明は省略
SQSConfig SQSに関する設定クラス
DevConfig 開発環境に依存する内容の設定クラス。RDS、DynamoDB、SQSで定義が必要なもので開発環境に依存する部分を切り出して設定する
StagingConfig ステージング環境に依存する内容の設定クラス。RDS、DynamoDB、SQSで定義が必要なものでステージング環境に依存する部分を切り出して設定する
ProductionConfig 商用環境に依存する内容の設定クラス。RDS、DynamoDB、SQSで定義が必要なもので商用環境に依存する部分を切り出して設定する。ステージング環境とほぼ同等となる(本来プロダクションの設定がステージングで動くようにするのがあるべき設定)のため、説明は省略する

RDSにおける設定は、org.springframework.cloud.aws.jdbc.config.annotation.EnableRdsInstanceアノテーション内にスタックで設定したIdentifierやパスワードを指定することで、 SpringCloudAWSがエンドポイントやDBユーザーを自動設定します。ただし、パスワードはアプリケーションコンテナ実行時にSystemsManager経由で取得した秘匿データを環境変数経由で設定するかたちで行います。 また、DynamoDBはサービスエンドポイントとリージョンの情報を環境に応じてamazonDynamoDBClientBuilderに設定し、SQSにおいては、SpringCloudAWSがCloudFormationのスタック情報から取得するようになります。

目指す実装のあり方としては、環境ごとにプロファイルを切り替えるだけで、各環境ごとにアプリケーションが同じように動くようにすることです。それでは順次アプリケーションの設定実装を見ていきましょう。

最初に、DynamoDBの設定クラスであるDynamoDBConfigですが、以下の通り、環境に依存しない@EnableDynamoDBRepositoriesアノテーションの設定のみを行います。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.backend.config;

import org.socialsignin.spring.data.dynamodb.repository.config.EnableDynamoDBRepositories;

import org.springframework.context.annotation.Configuration;

@Configuration
@EnableDynamoDBRepositories(
   basePackages = "org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.backend.domain.repository.dynamodb"
)
public class DynamoDBConfig {
}

なお、以前の連載で紹介した実装では、クライアントとなるcom.amazonaws.services.dynamodbv2.AmazonDynamoDBのBean定義も合わせてこのクラス内で行っていました。必要なDynamoDBのサービスエンドポイントやリージョンを環境変数のかたちで取得しており、環境ごとに設定内容に違いがなかったためです。 今回は環境変数を用いず、CloudFormationのスタック情報経由で取得するため、DevConfigクラス内に定義します(説明は後述します)。

続いて、SQSConfigですが、SQSポーリングを行う場合では、リスナークラスが存在するパッケージをコンポーネントスキャンする定義を追加する設定を実装します。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.backend.config;

import org.springframework.context.annotation.ComponentScan;
import org.springframework.context.annotation.Configuration;

@Configuration
@ComponentScan("org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.backend.app.listener")
public class SQSConfig {
}

こちらも同じく、以前の連載の実装では、SQSのクライアントとなるQueueのエンドポイントとリージョンの設定をこのクラス内で行っていましたが、 環境変数を用いず、CloudFormationのスタック情報経由で取得します。

そして、開発環境向けの設定を行うDevConfigクラスを実装します。ここでは、CloudFormationで構築したスタックの情報を取得し、開発環境固有となる設定を行います。今回実装したサンプルは以下の通りです。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.backend.config;

// omit

import com.amazonaws.client.builder.AwsClientBuilder;
import com.amazonaws.services.cloudformation.AmazonCloudFormationClient;
import com.amazonaws.services.cloudformation.model.Export;
import com.amazonaws.services.cloudformation.model.ListExportsRequest;
import com.amazonaws.services.cloudformation.model.ListExportsResult;
import com.amazonaws.services.dynamodbv2.AmazonDynamoDB;
import com.amazonaws.services.dynamodbv2.AmazonDynamoDBClientBuilder;
import com.amazonaws.services.dynamodbv2.datamodeling.DynamoDBMapperConfig;

import org.springframework.beans.factory.InitializingBean;
import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.cloud.aws.context.config.annotation.EnableStackConfiguration;
import org.springframework.cloud.aws.core.env.ResourceIdResolver;
import org.springframework.cloud.aws.jdbc.config.annotation.EnableRdsInstance;
import org.springframework.context.annotation.Bean;
import org.springframework.context.annotation.Configuration;
import org.springframework.context.annotation.Profile;

@Profile("dev")                                                                         // ...(A)
@EnableStackConfiguration(stackName = "mynavi-sample-infra-dev")                        // ...(B)
@EnableRdsInstance(
    dbInstanceIdentifier = "mynavi-sample-cloudformation-dev-postgresql",
    password = "${rds.password}",
    readReplicaSupport = false)                                                         // ...(C)
@Configuration
public class DevConfig implements InitializingBean {                                    // ...(D)

    @Autowired
    AmazonCloudFormationClient amazonCloudFormationClient;                              // ...(E)

    @Autowired(required = false)
    ResourceIdResolver resourceIdResolver;                                              // ...(F)

    @Bean
    public DynamoDBMapperConfig dynamoDBMapperConfig(){                                 // ...(G)
       return DynamoDBMapperConfig.builder()
          .withTableNameOverride(
                  DynamoDBMapperConfig.TableNameOverride
                          .withTableNamePrefix("dev_"))
          .build();
   }

   @Bean
   public AmazonDynamoDB amazonDynamoDB(){
       ListExportsResult listExportsResult = amazonCloudFormationClient
          .listExports(new ListExportsRequest());                                       // ...(H)
       List exportList = listExportsResult.getExports();
       List dynamoDBStackExportList = exportList.stream()
          .filter(export -> export.getExportingStackId().equals(
                  resourceIdResolver.resolveToPhysicalResourceId("DynamoDBDevStack")))  // ...(I)
          .collect(Collectors.toList());
       Export dynamoDBServiceEndpointExport = dynamoDBStackExportList.stream()
          .filter(export -> export.getName().equals("MynaviSampleDynamoDB-Dev-ServiceEndpoint"))
          .findFirst().get();                                                           // ...(J)
       Export environmentRegionExport = dynamoDBStackExportList.stream()
          .filter(export -> export.getName().equals("MynaviSampleDynamoDB-Dev-Region"))
          .findFirst().get();                                                           // ...(K)
       return AmazonDynamoDBClientBuilder.standard()
          .withEndpointConfiguration(
              new AwsClientBuilder.EndpointConfiguration(
                  dynamoDBServiceEndpointExport.getValue(), environmentRegionExport.getValue()))
          .build();                                                                     // ...(L)
    }
    // omit
}

DevConfig設定クラスの実装のポイントは下表の通りです。

記述 説明
A Springの起動時にプロファイル"dev"が指定されたときに有効化されるよう@Profileアノテーションを設定します
B @EnableStackConfigurationでstackNameに前回NestedStackとして作成したスタック名を指定します。この設定により指定したスタックに定義されたリソースにおける、SpringCloudAWSがサポートする自動設定が可能になります
C RDS構築のCloudFormationテンプレートで指定した開発環境用の設定値"dbInstanceIdentifier"の値を@EnableRdsInstanceに指定します。また、RDSのパスワードは秘匿性が高い情報のため、 ステージング環境やプロダクション環境でアプリケーションが実行されるECSコンテナでSecretManagerやSystemsManager ParameterStoreから取得する想定とし、コンテナの環境変数として設定します。 この設定方法は次回以降のECSコンテナのタスク定義を作成するCloudFormationテンプレートの解説で詳述しますが、開発環境でも同様に環境変数(application.ymlに記載したプロパティ)から取得する実装とします
D 本来必要ではありませんが、このクラスではafterPropertiesSet()メソッドでスタック情報の取得方法をサンプル実装しているので、InitializingBeanインターフェースを継承しておきます。 afterPropertiesSet()メソッドで実装する理由は、SpringによるResourceIdResolverのBean生成が完了してから情報を取得する必要があるためです
E スタックの論理名やエクスポート名からリソース情報を取得するためにAmazonCloudFormationClientをインジェクションします
F スタックの論理名から物理的なリソースのIDであるARN(AmazonResourceName)を取得するため、Spring Cloud AWSにより提供されているResourceIdResolverをインジェクションします
G 第30回では、開発環境用のDynamoDBを"dev_sample-table"と定義していました。開発環境用の設定ファイルでは、テーブル名に「dev」というプリフィックスを使って読み込む設定を加えておきます。この設定によりアプリケーションのエンティティクラス実装ではテーブル名「sample_table」で共通化することができます
H EでインジェクションしたAmazonCloudFormationClientを使用して、スタックで定義されているOutputs要素のExport一覧を指定します。 注意点として、AmazonCloudFomationClientで取得したスタック情報は、Bで指定したスタック以外の、全てのCloudFomationスタック情報を取得します
I 全てのエクスポートリストの中から、(B)で指定したスタックで定義されている開発環境DynamoDBの論理名を元に、子のDynamoDBテンプレートで定義されているスタック情報の一覧を取得します。 論理名からリソースの物理ID(ARN)を取得し、エクスポートしているスタックのIDと一致しているものをピックアップして抽出しています
J 抽出したDynamoDBスタックのエクスポートリストのうち、開発環境のDynamoDBサービスエンドポイントに関するエクスポートを取得します
K 抽出したDynamoDBのエクスポートリストのうち、開発環境のDynamoDBサービスリージョンに関するエクスポートを取得します
L エクスポートから出力した値を取得し、DynamoDBClientのエンドポイント情報を設定します

スタックのエクスポートで定義する名前は、CloudFormationで定義している全てのスタックで一意になるよう設定しなければならないため、上記のIの処理は必ずしも必要ではありません。 ただし、エクスポートリストは数が多くなりがちのため、ResourceIdResolverをうまく活用し、Bで指定したリソースの物理IDから直接サービスクライアントで情報を取得する方法が検索効率が高い場合もあります。

続いて、ステージング(プロダクションも同等)環境固有の設定を行うStagingConfigの実装サンプルは以下の通りです。 可読性が向上するよう、CloudFormationから情報を取得する共通のユーティリティクラス(CloudFormationStackInfo)を作成するものとします。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.backend.config;

import com.amazonaws.client.builder.AwsClientBuilder;
import com.amazonaws.services.dynamodbv2.AmazonDynamoDB;
import com.amazonaws.services.dynamodbv2.AmazonDynamoDBClientBuilder;
import com.amazonaws.services.dynamodbv2.datamodeling.DynamoDBMapperConfig;

import org.springframework.cloud.aws.context.config.annotation.EnableStackConfiguration;
import org.springframework.cloud.aws.jdbc.config.annotation.EnableRdsInstance;
import org.springframework.context.annotation.Bean;
import org.springframework.context.annotation.Configuration;
import org.springframework.context.annotation.Profile;

import org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.common.apinfra.cloud.aws.CloudFormationStackInfo;

@Profile("staging")                                                                         // ...(A)
@EnableStackConfiguration(stackName = "mynavi-sample-infra-staging")                        // ...(B)
@EnableRdsInstance(
     dbInstanceIdentifier = "mynavi-sample-cloudformation-staging-postgresql",              // ...(C)
     password = "${rds.password}",
     readReplicaSupport = false)
@Configuration
public class StagingConfig {

    private static final String DYNAMODB_STACK_NAME = "DynamoDBStagingStack";               // ...(D)
    private static final String DYNAMODB_ENDPOINT_EXPORT = "MynaviSampleDynamoDB-Staging-ServiceEndpoint";
    private static final String DYNAMODB_REGION_EXPORT = "MynaviSampleDynamoDB-Staging-Region";

    @Bean
    CloudFormationStackInfo cloudFormationStackInfo(){                                      // ...(E)
        return new CloudFormationStackInfo();
    }

    @Bean
    public DynamoDBMapperConfig dynamoDBMapperConfig() {                                    // ...(F)
        return DynamoDBMapperConfig.builder()
             .withTableNameOverride(
                     DynamoDBMapperConfig.TableNameOverride
                             .withTableNamePrefix("staging_"))
             .build();
    }

    @Bean
    public AmazonDynamoDB amazonDynamoDB() {                                                // ...(G)
        return AmazonDynamoDBClientBuilder.standard()
             .withEndpointConfiguration(
                     new AwsClientBuilder.EndpointConfiguration(
                             cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                                     DYNAMODB_STACK_NAME, DYNAMODB_ENDPOINT_EXPORT),
                             cloudFormationStackInfo().getExportValue(
                                     DYNAMODB_STACK_NAME, DYNAMODB_REGION_EXPORT)))
             .build();
    }

}

StagingConfig設定クラスの実装のポイントは下表の通りです。

記述 説明
A Springの起動時にプロファイル"staging"が指定されたときに有効化されるよう@Profileアノテーションを設定します
B @EnableStackConfigurationでスタック名にNestedStackとして作成するスタック名を指定します。この設定により指定したスタックに定義されたリソースにおける、SpringCloudAWSがサポートする自動設定が可能になります
C RDS構築のCloudFormationテンプレートで指定したステージング環境用の設定値"dbInstanceIdentifier"の値を@EnableRdsInstanceに指定します。また、RDSのパスワードは秘匿性が高い情報のため、ステージング環境やプロダクション環境でアプリケーションが実行されるECSコンテナでSecretManagerやSystemsManager ParameterStoreから取得する想定とし、コンテナの環境変数として設定します。 この設定方法は次回以降のECSコンテナのタスク定義を作成するCloudFormationテンプレートの解説で詳述します
D CloudFomationテンプレートのOutputs要素で定義したエクスポート名を定数値として定義します
E AmazonCloudFomationClientによるスタック情報の取得処理を共通化したユーティリティクラスをBean生成します。実装内容は後述します
F ステージング環境用のDynamoDBにアクセスするためにテーブル名に「staging」というプリフィックスを使って読み込む設定を加えておきます。第30回で実装したDynamoDBのCloudFormationテンプレートではこのプリフィックスの設定を見越したかたちでテーブル名を設定しています
G エクスポートから出力した値を取得し、DynamoDBClientのエンドポイント情報を設定します

AmazonCloudFormationClientでスタック情報を取得する処理を共通化したユーティリティクラスの実装ですが、基本的にはスタックの論理名、およびエクスポート名から出力値を取得するものになります。サンプルは以下の通りです。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.common.apinfra.cloud.aws;

// omit
import com.amazonaws.services.cloudformation.AmazonCloudFormationClient;
import com.amazonaws.services.cloudformation.model.Export;
import com.amazonaws.services.cloudformation.model.ListExportsRequest;
import com.amazonaws.services.cloudformation.model.ListExportsResult;

import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;
import org.springframework.beans.factory.InitializingBean;
import org.springframework.cloud.aws.core.env.ResourceIdResolver;
import org.springframework.stereotype.Component;

@Component
public class CloudFormationStackInfo implements InitializingBean {

    @Autowired
    AmazonCloudFormationClient amazonCloudFormationClient;

    @Autowired(required = false)
    ResourceIdResolver resourceIdResolver;

    private List exportList;

    public String getExportValue(String logicalStackName, String exportName){
        Optional targetExport = exportList.stream()
          .filter(export -> export.getExportingStackId().equals(
                  resourceIdResolver.resolveToPhysicalResourceId(logicalStackName)))
          .filter(export -> export.getName().equals(exportName))
          .findFirst();
        return targetExport.isPresent() ? targetExport.get().getValue() : null;
    }

    @Override
    public void afterPropertiesSet() throws Exception {
        ListExportsResult listExportsResult = amazonCloudFormationClient
          .listExports(new ListExportsRequest());
        this.exportList = listExportsResult.getExports();
    }

}

Backend ServiceアプリケーションではSQSキューのポーリング取得を実装していますが、SQSに関する設定は前述の通り、リスナークラスのコンポーネントスキャンしか実施していません。 というのも、Spring Cloud AWSでSQSキューを取得するための指定は以下の通り@SqsListenerアノテーションで指定したValue属性を使う方法がありますが、Configクラスの@EnableStackConfigurationでスタックを指定することにより、 スタックの論理名からキューの物理ID(ARN)を取得する実装になっているためです。開発環境、ステージング環境、商用環境のスタック名を切り替えることで、特に設定値を気にせず共通のアプリケーションコードでキューを取得できます。

package org.debugroom.mynavi.sample.cloudformation.backend.app.listener;

// omit
import org.springframework.cloud.aws.messaging.config.annotation.EnableSqs;
import org.springframework.cloud.aws.messaging.listener.SqsMessageDeletionPolicy;
import org.springframework.cloud.aws.messaging.listener.annotation.SqsListener;
import org.springframework.stereotype.Component;

import lombok.extern.slf4j.Slf4j;

@Component
@EnableSqs
@Slf4j
public class MessageListener {

    @Autowired
    SampleService sampleService;

    @SqsListener(value = "SQSSampleQueue", deletionPolicy = SqsMessageDeletionPolicy.ON_SUCCESS)
    public void onMessage(String message){
        log.info(message);
        sampleService.addSample(message);
    }

}

以上、今回はBackend ServiceアプリケーションでCloudFormationのスタック情報を用いて、RDSやDynamoDB、SQSキュー取得の設定情報を取得する実装方法を紹介しました。 次回はElastiCacheや、S3、SQSキュー送信の設定情報を取得するFrontendアプリケーションの解説を進めていきます。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る