タカギ、BlueMemeの超高速開発基盤「OutSystems」を導入 [事例]

[2017/03/01 11:36] ブックマーク ブックマーク

開発ソフトウェア

BlueMemeは2月28日、タカギがBlueMemeの超高速開発基盤「OutSystems」を導入したと発表した。

家庭用浄水器・園芸用品をはじめ、省エネ商品の開発・販売などを主事業とするタカギでは、従来、協業企業と紙媒体中心で情報共有を行ってきた。だが、販売量の増加に伴い、購入申請などの各種プロセスをデジタル化する必要に迫られ、迅速な開発が可能なことや運用効率の高さから、OutSystemsの導入に至った。

OutSystemsは、コードを書くことなく、ビジュアルな環境でWebアプリケーション・モバイルアプリケーションを開発できるというもの。バージョン管理やパフォーマンス分析などのサポート機能も備えており、アプリケーション開発から保守運用までを1つのプラットフォームで提供する。

採用にあたっては、タカギが利用する外部データベースへの連携にも対応できることや、用意されているUI部品が豊富なこと、レスポンシブ対応のアプリケーション開発が可能なことなどが重視されたという。

同社は、OutSystemsで開発した業務アプリケーションを既にリリースしており、Webアプリケーションの導入・移行がスムーズに行え、ビジネス要件に迅速な対応ができたとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2499
2
タカギ、BlueMemeの超高速開発基盤「OutSystems」を導入 [事例]
BlueMemeは2月28日、タカギがBlueMemeの超高速開発基盤「OutSystems」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
BlueMemeは2月28日、タカギがBlueMemeの超高速開発基盤「OutSystems」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る