Azure Stack IaaSを利用する - 仮想マシンのテンプレート(その5)

【連載】

プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門

【第35回】Azure Stack IaaSを利用する - 仮想マシンのテンプレート(その5)

[2019/04/05 08:00]高添 修 ブックマーク ブックマーク

クラウド

前回はAzure StackのMarketplaceに手動でアイテムを登録する手順について説明しました。今回は、自社のアプリケーションをインストール済み、もしくは独自の設定が施されているような、会社専用の仮想マシンイメージについて解説します。

Azure Stackにおける独自テンプレート

まずは、Azure Stackにおける「独自テンプレート」という概念についておさらいしておきましょう。

前回触れたように、Azure Stackにおける独自Marketplaceアイテムとは、仮想マシンファイルではなく、自動展開用のコードテンプレートのことでした。仮想マシンベースのソリューションを展開する場合も、そのコードのなかに、どの仮想マシンイメージを利用するかについて定義されているだけです。このように、Azure Stackでは、自動展開用のコードと実際の仮想マシンイメージファイルは分けて考えることができるようになっているのです。

そして、実際に展開する仮想マシンのイメージは、Azure Marketplaceからダウンロードしたものと同じであればそのまま利用(コードから呼び出すこと)が可能ですが、独自のアプリケーションがインストールされた仮想マシンを利用したい場合もあるはずです。そこで、今回はAzure Stack利用者がすぐに利用できる方法について考えてみましょう。

Azure Stack用のイメージファイルの準備

Azure Stackは、パブリックなクラウド同様、管理者と利用者(テナント)が明確に分かれています。そして、独自テンプレート化というシナリオは、「管理者が用意してくれないから使えない」では困るので、利用者自身が用意する方法を学んでおきたいところです。

まず最初に、利用者はAzure Stackで動作可能な仮想マシンのファイルを用意します。手順については、Microsoft Azureの情報サイトにある説明「Azure にアップロードするWindows VHDまたはVHDXを準備する」を参考にしてください。

このサイトはパブリッククラウドであるAzure用に用意されたものですが、Azure Stackも仮想マシンを稼働させるための条件はAzureと同様なので、これに従います。例えば、「Windows Serverの場合はリモートデスクトップ接続で管理することになるため、事前に設定を終えておく必要がある」といったことが設定方法と共に書かれています。

ちなみに、サイトの手順通り一からVHDファイルを準備してもよいのですが、面倒だと感じる方は、AzureもしくはAzure Stack上に展開した仮想マシンイメージをダウンロードしてカスタマイズするとよいでしょう。そして、最後に「Sysprep」でイメージを一般化(繰り返し利用できる状態)にしておきます。

イメージファイルのストレージへの登録

ファイルの準備ができたら、次は利用者が自分のサブスクリプションでストレージアカウントを作ります。今回利用するのはBLOBストレージで、ストレージアカウント配下に新しい「コンテナ」(ファイルの配置場所となるフォルダのようなもの)を用意します。ここでは「vhd」という名前で作成しました

※ 今回はほかからも呼び出せるよう、パブリックアクセスレベルを「匿名読み取りアクセス」にしてありますが、独自アプリケーションがインストールされている場合などはアクセスコントロールが必要です。

Azure Stackテナントポータルで、ストレージアカウントにコンテナを作成しているところ

次に、用意しておいたイメージファイルをコンテナにアップロードします。今回筆者は127GBの固定長VHDファイルを利用したため、アップロードに時間がかかってしまったのですが、作業自体はAzure Stackテナントポータルから簡単に行うことができます。

Azure Stackストレージへのファイルのアップロード

ファイルがアップロードされました。Azure Stackのストレージに配置したオブジェクトはURLでアクセス可能な状態になります。

Azure StackストレージにアップロードされたファイルのURL確認画面

ただし、これでは単にAzure Stackストレージにファイルが置いてあるだけなので、ストレージにアップロードしたファイルへURLでアクセスできる状態になったら、このファイルを仮想マシンのベースイメージとして登録します。それには、Azure Stackポータルの「イメージ」管理画面でイメージ作成作業を行います。

イメージ管理画面でイメージを作成する

イメージが登録されました。

Azure Stackに登録された仮想マシンのイメージ

オリジナルのイメージから仮想マシンを作成する

最後に、このオリジナルのイメージから仮想マシンを作成します。登録されたイメージファイルをクリックしてみると、概要ページに「VMの作成」というメニューが表示されているので、クリックします。

イメージ管理画面から仮想マシンを作成する

後は、オリジナルイメージだからといって特別なことはありません。Azure Stack上でほかの仮想マシンを作成する手順と同様に、仮想マシンのサイズ選択や、ストレージとネットワークの設定画面などが表示されるので、情報を入力して仮想マシンの作成を行います。

作成後、リモートデスクトップでオリジナルの仮想マシンにアクセスでき、アプリケーションが動作していればOKです。これで、管理者に依存することなく、Azure Stack利用者自身が、オリジナルのテンプレートを使って仮想マシンを作成できたことになります。

* * *

3月末、マイクロソフトから「Azure Stack HCI」という新しいメッセージの発表がありました。読者の方も気になるところだと思うので、次回は少し寄り道をして、マイクロソフトの発表を基に、Azure Stack HCIと従来から提供されているAzure Stackの違いについて解説します。

著者紹介

日本マイクロソフト株式会社
高添 修

Windows 10やVDIの世界にいるかと思えばSDNやDevOpsのエンジニアと普通に会話をし、Azure IaaS登場時にはクラウドの先頭にいたかと思えばオンプレミスデータセンターのハードウェアの進化を語るセミナーを開くなど、幅広く活動するマイクロソフト社歴約18年のベテラン。最近は主にAzure Stackをテーマにしたハイブリッドクラウドの普及活動に力を入れている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

一覧はこちら

連載目次

もっと知りたい!こちらもオススメ

[講演資料提供] 現実解はハイブリッド

[講演資料提供] 現実解はハイブリッド "な" クラウド! 他社に誇れるインフラ講座

「今エンタープライズで話題のエッジですが、この技術にはハイブリッドなシナリオが見え隠れします」――ハイブリッドクラウド研究会を立ち上げるなど、最新のインフラ技術に詳しい日本マイクロソフト 高添 修氏の一言だ。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る