日本ペイントHD、基幹業務システムを「Oracle SuperCluster M7」で刷新 [事例]

[2017/02/08 14:00] ブックマーク ブックマーク

クラウド

日本オラクルは2月8日、日本ペイントホールディングスが、ハードウェアとソフトウェアを一体化したエンジニアドシステム「Oracle SuperCluster M7」を導入したと発表した。

日本ペイントホールディングスでは、カスタム開発による販売や物流、生産管理、人事などのシステムとSAPの会計アプリケーションを、複数のSPARCサーバと他社製ストレージ製品によって運用していたのだが、グローバルでの事業拡大に伴う運用・メンテナンス面の業務負荷が課題となっていた。

そこで同社は、今後増大する処理にも対応できる環境の構築に向け、Oracle SuperCluster M7の導入を決定。複数のサーバ・ストレージで稼働していた基幹業務システムのIT基盤を1台に集約し、グループ共通のプライベートクラウド環境に刷新した。

製品の選定にあたっては、サーバ台数が削減できることや、データセンター関連のコストを低減可能な点などが評価されたという。また、データベースやSPARCプロセッサの処理性能の高さ、Solarisの安定性なども決め手になった。

併せて、リアルタイムでデータを保護するエンジニアドシステム「Zero Data Loss Recovery Appliance」を導入し、稼働を開始。これにより、データベースの更新ログを常時取得できるようになり、リアルタイムでのバックアップとデータ損失リスクの低減、より高速なリカバリーが可能になったとしている。

なお、導入にあたっては、SCSKがシステム構築・運用、伊藤忠テクノソリューションズが保守を担当した。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

2423
2
日本ペイントHD、基幹業務システムを「Oracle SuperCluster M7」で刷新 [事例]
日本オラクルは2月8日、日本ペイントホールディングスが、ハードウェアとソフトウェアを一体化したエンジニアドシステム「Oracle SuperCluster M7」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
日本オラクルは2月8日、日本ペイントホールディングスが、ハードウェアとソフトウェアを一体化したエンジニアドシステム「Oracle SuperCluster M7」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る