竹中工務店、CADデータなどをクラウド型ファイルサーバで一元管理 [事例]

[2016/11/18 19:25] ブックマーク ブックマーク

クラウド

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は11月18日、竹中工務店の本店・支店、および建設現場でCADデータなどを共有・管理するための新たなファイルサーバ環境を2016年5月にクラウド基盤上に構築し、来年度にかけて全国の建設現場へ展開していくと発表した。

従来、竹中工務店では、大容量CADデータなどを扱うにあたり、建設現場ごとにファイルサーバを設置することでアクセス遅延による業務効率の低下を回避していた。しかし、その方法では、関係者間での情報共有や、機器障害時などにバックアップサーバからデータを復旧するのに時間がかかるというデメリットがあった。

今回構築したファイルサーバ環境では、ソフトウェア型のWAN高速化ソリューションを活用し、さらに冗長化を施したことで、情報共有のリアルタイム性を向上させるとともに、BCPの強化が図られたという。

構築にあたり、NTT Comは、同社が提供するクラウドサービス「Enterprise Cloud」、データセンタサービス「Nexcenter」、ネットワークサービス「Arcstar Universal One」「OCN」、WAN高速化ソリューションなどを組み合わせ、竹中工務店向けのクラウド基盤を構築。合わせて、サービス運用管理を一元的に提供する。

構築されたクラウド型ファイルサーバの利用イメージ

NTTComは今後、建設現場におけるクラウド型ファイルサーバの適用実績を踏まえ、本店や支店で共有されている各種資料もクラウド化するとともに、国内外のグループ会社へ順次展開するとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

2107
2
竹中工務店、CADデータなどをクラウド型ファイルサーバで一元管理 [事例]
NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は11月18日、竹中工務店の本店・支店、および建設現場でCADデータなどを共有・管理するための新たなファイルサーバ環境を2016年5月にクラウド基盤上に構築し、来年度にかけて全国の建設現場へ展開していくと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2016/11/1118NTTCom_001-thumb-600xauto-6297.jpg
NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は11月18日、竹中工務店の本店・支店、および建設現場でCADデータなどを共有・管理するための新たなファイルサーバ環境を2016年5月にクラウド基盤上に構築し、来年度にかけて全国の建設現場へ展開していくと発表した。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る