今求められるクラウドセキュリティの姿 - シスコが企業に示す道とは?

[2016/10/21 15:20] ブックマーク ブックマーク

シスコシステムズは10月18日、クラウドセキュリティソリューション「CloudLock」「Cisco Umbrella」「Cisco Defence Orchestrator」を発表した。発表会には、シスコシステムズ セキュリティ事業 セキュリティ エバンジェリスト 西原敏夫氏と同社セキュリティ事業 コンサルティングシステムズエンジニア 國分直晃氏が登壇し、クラウド時代に求められるセキュリティの現状や、要求されるセキュリティレベル、それに対するシスコの取り組みなどについて解説がなされた。

進む日本企業のクラウド導入

ビジネスのデジタル化が進む昨今、企業はさまざまなサービス形態への対応を求められる。そして、サービスを拡充していく際には、これまでにないパターンのデータのやり取りが発生することも少なくない。そこには、どのようなセキュリティが必要になるのだろうか。

シスコシステムズ セキュリティ事業 セキュリティ エバンジェリスト 西原敏夫氏

IDCが行ったクラウドに関わるユーザーアンケート調査「CloudView Survey 2016」では、日本企業のクラウド導入数は前年に比べ、153%増加したという結果が出ている。もちろん、全てのオンプレミス環境がクラウドに置き換わるわけではなく、日本企業の74%はハイブリッドクラウド戦略を推進しているし、オンプレミスにこだわる企業も存在する。「とは言え、業種を問わずクラウド利用の流れは強くなっている感がある」と語るのは、西原氏だ。

社内・社外の境界線の幅が広がりつつある今、従来の企業セキュリティの範囲を越え、ダイレクトにクラウド環境にアクセスするブランチオフィスや在宅勤務者などが増加することは容易に想像できるだろう。そして、オンプレミス・オフプレミスを問わず、セキュリティは担保されなければならない。

クラウドセキュリティでは、DNSの名前解決やIPアドレス・URLが正しいかどうか、企業秘密を記載したファイルが外部に送られようとしていないか、といったことがチェックされる。IT管理者が認めていないアプリの利用を把握・規制したりするのもクラウドセキュリティの役割だ。

「クラウドセキュリティは今後必ず、必要とされる分野だと考えています」(西原氏)

>> シスコが実現するクラウドセキュリティのかたち

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

日本のセキュリティ課題は「リーダーシップ」 - IDC Japan「セキュリティ成熟度調査」

日本のセキュリティ課題は「リーダーシップ」 - IDC Japan「セキュリティ成熟度調査」

IDC Japanは10月19日、国内企業のセキュリティ成熟度の調査結果を発表した。これによると、5段階の成熟度判定のうち、ステージ2の「限定的導入」、ステージ3の「標準基盤化」にとどまる企業が半数以上を占めていたという。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る