OpenStackにとって今はまさに夜明け前 - 米ミランティス、日本法人を設立

[2016/07/06 08:00] ブックマーク ブックマーク

クラウド

米ミランティスは7月5日、エーピーコミュニケーションズ(以下、APC)とのジョイントベンチャー(JV)として、日本法人「ミランティス・ジャパン株式会社」を設立すると発表した。代表取締役社長には、磯逸夫氏が就任する。発表会には、磯氏のほか、米ミランティスの共同創業者兼CMOであり、OpenStack Foundationのボードメンバーの1人でもあるボリス・レンスキー氏、APC 代表取締役社長 内田武志氏が登壇し、設立の経緯や日本市場への進出にかける意気込みを語った。

APC 代表取締役社長 内田武志氏(左)、米ミランティスの共同創業者兼CMO ボリス・レンスキー氏(中央)、ミランティス・ジャパン 代表取締役社長 磯逸夫氏(右)

米ミランティスは、OpenStackに特化した製品や技術、サービスを提供するソリューションベンダー。OpenStackの商用ディストリビューションを中心に、コンサルティングや導入支援、保守、教育サービスなどを提供するOpenStack専門企業として、グローバルに事業を展開している。その一環として、同社は2015年2月に日本法人「ミランティス・ジャパン合同会社」を設立し、日本市場でOpenStackソリューションを提供してきた。そこで得た手応えを踏まえ今回、APCとのJVとして新たに日本法人を設立し、日本市場でのビジネス拡大に本腰を入れる。

レンスキー氏は、「我々は、OpenStackソリューションを提供するベンダーとして市場をリードする位置にいると自負していますが、ソフトウェアの提供に特化するのではなく、顧客の”クラウドジャーニー”を支援したいと考えています」と語る。

米ミランティスでは、OpenStackをベースにしたインフラ設計から運用管理のサポート、トレーニングに至るまでを提供し、構築したクラウド環境を顧客自身が運用できるようにサポートしてきた。欧米で実績を積んだ同社が次のステップとして照準を定めたのが、日本市場というわけだ。

>> OpenStackに対する日本企業の現状 - ミランティス・ジャパンは日本市場に何を思うのか?

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

運用管理もバイモーダルな時代に! 日本企業向けDevOpsの始め方 - ガートナー 長嶋氏

運用管理もバイモーダルな時代に! 日本企業向けDevOpsの始め方 - ガートナー 長嶋氏

「人や組織によって意味するものが違うため、10人に聞くと、10通りはおろか、12通りの答えが返ってくるのがDevOps」――こう説明するのは、運用管理ソフトウェアを担当するアナリスト、ガートナーの長嶋 裕里香 氏である。今回は長嶋氏にDevOpsの定義と、日本での展開について話を聞いた。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る