小松工業、クラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を導入 [事例]

[2016/12/06 19:20] ブックマーク ブックマーク

データ分析

ウイングアーク1stは12月6日、アルミ冷間鍛造専門メーカーの小松工業が、ウイングアーク1stが提供するクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を導入したと発表した。

小松工業では、従来、製造現場の作業日報を手書きで作成し、実績をExcelで集計して報告用資料を作成していたが、作業効率の悪さや紙ベースの資料の管理・保管にかかるコストなど、さまざまな課題を抱えていた。また、作成に時間がかかることからリアルタイム性が低く、集めたデータも部門別に保管していたため、十分に活用できていない点が問題視されていたのだという。

小松工業から相談を受けた富士ゼロックス長野は、シムトップスの「ConMas i-Reporter」とウイングアーク1stのMotionBoard Cloudを連携させたリアルタイム可視化ソリューションを提案。ConMas i-Reporterは、タブレット端末を利用した電子帳票の記録・報告・閲覧ソリューションで、端末上で入力したデータをサーバに保存すると、そのまま報告書としても利用できるExcelが出力される。一方、MotionBoard CloudではExcelデータを自動集計・可視化・分析することができ、一元管理が可能となっている。

両製品の導入を決定した小松工業では、2016年11月からシステム構築に着手し、12月に運用を開始。導入により、報告書や資料の作成・管理にかかる作業負荷を軽減できたほか、入力データを現場に設置したモニターでリアルタイムに可視化することで、課題に対して迅速な対応が行えるようになったとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2184
2
小松工業、クラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を導入 [事例]
ウイングアーク1stは12月6日、アルミ冷間鍛造専門メーカーの小松工業が、ウイングアーク1stが提供するクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ウイングアーク1stは12月6日、アルミ冷間鍛造専門メーカーの小松工業が、ウイングアーク1stが提供するクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る