[PR]

アドキャストの評判・口コミを調査!独自のサービスや注意点も解説

サービス紹介
本ページはプロモーションが含まれています。

アドキャストは東京都内を中心に不動産の売買事業を展開する不動産会社です。

住宅購入においては独自の物件調査サービスや、将来を見据えた総合的なサポートパックなど、他社ではなかなか見られないサービスを多数提供しています。

都内で住宅購入を検討し始め、アドキャストの実際の評判デメリットはないのかなど気になっている人は多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、次のような項目を紹介します。

編集部
編集部

編集部にて独自にアンケートを実施し、アドキャストで実際に不動産を購入した人のリアルな口コミを調査しました。

アドキャスト利用者による口コミ評判
アドキャストの特徴
アドキャスト利用時の注意点

アドキャストがおすすめの人
「オリジナル物件調査」とは

アドキャストのピックアップ情報
アドキャストについてよくあるFAQ

アドキャストが自分にぴったりの不動産会社かどうか5分ほどでわかる内容になっているため、ぜひ参考にしてください。

\アドキャストの強み/
  • 魅力的な未公開物件が多数
  • オリジナル物件調査で「住んでみないとわからないこと」をチェック
  • 各分野の専門家が物件購入後まで徹底サポート
監修いただいた専門家
西崎 洋一
宅地建物取引士

※本記事は、専門家監修のもと作成しています。

※アドキャストに転職を考えている人で、社員の口コミや評判を知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

※本記事は株式会社アドキャストのPR記事です。

アドキャストの利用者によるリアルな口コミ評判

マイナビ編集部では、実際にアドキャストで不動産売買をした人にアンケートをおこないました。

アンケートで集まった口コミと併せ、アドキャストの公式サイトで掲載されている利用者の声を参考に、良い口コミ・悪い口コミの両方を紹介します。

※アンケート実施期間:2021/9/16〜2021/9/28、クラウドワークス調べ

アドキャストの良い口コミ評判

評価:

別の物件を紹介していただいたのがきっかけでした。地域、金額に合った物件をご紹介いただけたので契約させていただきました。(東京都新宿区/戸建て)

評価:

条件に合った物件を次々に紹介していただき、土地探しを開始して、1ヵ月半程で今の物件に出会いました。(東京都新宿区/土地)

評価:

かなりスピード感があったのかなと感じました。スムーズな処理で助かりました。(東京都立川市/戸建て)

編集部アンケートによる回答

評価:

ファイナンシャルプランナーによるローンについての説明などは分かりやすく、ためになりました。(東京都大田区/戸建て)

編集部アンケートによる回答

評価:

社長さんがYouTubeでいろいろ語っており、参考になった。近隣の人のヒアリングも含め、物件をいろいろ調査するサポートパックが魅力的だと感じたから。(東京都三鷹市/戸建て)

評価:

「一個の物件を売る」のではなく、長い期間を考えた上でご提案いただけた点は非常に信頼できるパートナーと感じました。

評価:

アドキャストさんを選んだのは偶然ですが、住宅購入について何も知識がない私たちに1から丁寧にサポートしていただきました。

アドキャストの悪い口コミ

評価:

ローンの手続きの際、何度も書類の書き直しがあり残念でした。目安の時間もアバウトで、約束の時間内におさまりきらないこともありました。

評価:

忙しいのか分かりませんが、翌日に連絡をすると言っていたのに待てど暮らせど連絡はありませんでした。(東京都大田区/戸建て)

編集部アンケートによる回答

口コミからわかった「アドキャスト」とは

  • 時間がかかっても、納得のいく物件が見つかるまでサポートしてくれる
  • 住宅購入の経験がなくても、丁寧に説明してくれる
  • 社長自ら不動産売買のノウハウを解説するYoutube動画があり、不動産売買の知識が身につく
  • ファイナンシャルプランナーにローン返済プランを相談できるサービスが参考になった
  • 担当者によっては連絡がつきづらかったり、手続きの案内が不十分に感じるケースもある

アドキャストの利用者からは、営業担当者や専門家の対応力やサポート内容に高評価が多い反面、人によっては説明の内容やレスポンスの速度に不満を感じたケースもあるようです。

編集部
編集部

アドキャスト公式サイトの「スタッフ紹介」ページにて、店舗ごとのスタッフのプロフィールを閲覧することができます。

各店舗にて無料オンライン相談を実施していますが、問い合わせたい店舗にどのようなスタッフがいるのか、事前にチェックしておくのもおすすめです。

\専門家に無料相談できる/
オンライン相談予約はこちら

アドキャストの不動産購入の特徴(PR)

アドキャストの基本情報
社名 株式会社アドキャスト
設立 2006年8月
所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-25-1 恵比寿プラックスビル5F
営業時間 9:30~20:00
連絡先 0120-917-150
支店の場所 恵比寿(本店)・駒込・高円寺・中延・錦糸町・三軒茶屋・等々力・新宿・蒲田・笹塚
主なサービス 不動産購入売却に関するコンサルティングサービス業
不動産有効活用に関するコンサルティング業
不動産仲介業
賃貸管理事業
住宅関連セミナー業務 他

アドキャストは東京都内の地域密着企業として、住宅購入・売却・買取の3つを基本にした事業を展開しています。

ここからは、アドキャストの住宅購入サービスの特徴を詳しく取り上げます。

恵比寿・高円寺・中延など都内10店舗を展開

アドキャストは都内に9つの支店を構える不動産会社です。

恵比寿本店を中心に、高円寺や中延、新宿などアクセスの良いエリアに拠点があり、東京全域に限らず、神奈川県や千葉県などの一部近郊エリアでも取引実績があります。

取り扱い物件は店舗により異なるため、問い合わせた店舗では気になる物件が見つからない場合は、別の店舗を回ってみるのもおすすめです。

「すまいステップ」の厳正な審査をクリア

「すまいステップ」とは、複数の不動産会社に一括で査定依頼できる不動産の一括査定サービスです。

独自の厳しい審査基準のもと提携企業を厳選し、査定に対応する営業担当者の質に対しても具体的な指標を設定しています。

アドキャストは、そのすまいステップの厳正な審査をクリアした信頼できる不動産会社といえるでしょう。

売却力のある優秀な担当者が多数在籍し、2021年5月時点で東京都内を中心に3,305件以上の売買に成功しています。

西崎さん

西崎 洋一/宅地建物取引士

特に優れている点は、担当者のレベルが高いことですね。

後に紹介されていますが独自の物件調査方法などが可能なことはすべて担当者のレベルが高いからこそのものです。

魅力的な未公開の物件が多い

アドキャストに会員登録すると3,000件以上の未公開物件が閲覧できるようになります。

アドキャストでは3年間の合計で28,000件もの未公開物件の情報を取得しており、実際にアドキャストで契約した人の60%以上が未公開物件から選んでいます。それほどアドキャストの未公開物件には魅力的なものが揃っているといえるでしょう。

都内だけで新規の未公開物件が1日あたり25件追加されます

毎日不動産ポータルサイトをチェックし、気になる物件をその都度問い合わせるより、アドキャストで未公開物件も含めた情報から案内してもらうほうが効率的です。

編集部
編集部

不動産はどれもが1点物で、購入は早い者勝ち。誰でも簡単に検索ができる不動産ポータルサイトでは、優良な物件はすぐに成約されてしまいます。

 

物件探しで重要なのは不動産ポータルサイトに掲載前の未公開物件の情報をいかに早く知るかです。

なお、公式サイトの「取り扱い物件一覧」ページ(下画像)では、自社だけが取り扱っている物件の一覧も紹介されています。

アドキャストに集まる物件の傾向を知るためにも、あわせて参考にするとよいでしょう。

西崎さん

西崎 洋一/宅地建物取引士

表に出さなくとも、すぐに成約につなげられる優秀な業者や担当者に未公開物件が回ってくるのが業界の本当のところです。

 

仲介業者は通常、良い案件があるとまず自社の顧客で両手仲介を目指します。それが叶わなかった場合には他社との仲介成約を目指しますが、不動産会社も人間ですから、頼むなら信頼できる相手にしたいと考えるのが普通です。

 

そこで、レインズなどに登録する前に親睦の深い他社に話を持ちかける。そこにアドキャストさんが該当するということです。

未公開物件を取り扱える理由は、ズバリ「表には出ないネットワークの信頼性がある」ということでしょう。

姉妹サイトで土地探しもサポート

アドキャストに会員登録することで、姉妹サイト「じぶんstyle土地探しに掲載されている未公開土地情報200件以上を閲覧できるようになります。

じぶんstyle土地探しは、土地探しから建築までワンストップで対応し、依頼主の家造りをトータルサポートしています。

予算・希望にマッチする土地を探し出し、完成イメージに合わせて土地の分割交渉などおこなうオーダーメイド型土地探しにより、「他の条件は良いのに土地の広さが若干足りない…」「いびつな土地のせいでイメージする家造りが難しい」といった依頼主の悩みを解決します。

オリジナル物件調査で入居後も安心

売りに出されている不動産は、基本情報として土地や建物の面積、間取り、最寄り駅などが紹介されています。

しかし一見好条件に見えたとしても、近所にトラブルメーカーがいたり電波障害が起きやすかったりすると、暮らし続けることは困難です。

編集部
編集部

アドキャストで物件を探す場合は、一般的な物件調査よりもかなり踏み込んだ内容の調査をおこなってくれます。調査内容は多岐にわたり、次のようになっています

  • 現地調査:境界、接道、近隣のトラブル、電波障害、設備の状況など
  • 役所調査:建築基準法、建ぺい率、容積率、道路調査、行政サービスなど
  • 省庁での調査:第三者の越境、ライフラインの埋設管の状況
  • 法務局調査:登記簿謄本、隣地所有者の権利者情報など
  • その他の調査:路線価、公示価、小中学校の学区、周辺の犯罪履歴など

これらの調査結果は『アドキャストオリジナル物件調査報告書』にまとめられますが、この報告書作成には通常1件あたり220,000円かかります。

しかし、アドキャストを通して購入するときに利用できる有料サービスパックに加入すると、目当ての住宅2軒分の調査まで無料になります。

専属FPがライフプランを作成

アドキャストを利用すれば、資産計画の専門家であるファイナンシャルプランナーに相談が可能です。

教育費や生活費などについて、将来どのタイミングでどの程度必要になるのかのアドバイスがもらえ、住宅ローンの返済に無理のない予算を把握できます。

綿密な資産計画なしで不動産を購入すると、80%以上は貯蓄が赤字になるといわれていますが、FPに相談することで赤字だった人の約80%は改善して貯蓄がプラスになったことがわかっています。

契約書・重要事項説明書をプロがチェック

fudousan83254

不動産の売買取引では通常、売買契約書類などの内容説明を受けるのは契約日当日となります。

しかし、細かな条件が多いうえ専門用語が重なる書類を、限られた時間内にすべてチェックすることは困難です。

編集部
編集部

契約内容の読み合わせとして担当者から早口で説明されたり、今まで説明を受けていない条件を調印の直前で知らされ、契約まで十分な検討時間を貰えないまま、なし崩しに手続きが進んでしまったりといった場面が多く、契約後にトラブルが発生するケースもあるようです。

アドキャストでは、不動産取引1,000件以上のプロに契約書・重要事項説明書の内容を事前にチェックしてもらえるサービスがあります。

依頼者にとって不利になる条件などないかチェックし、将来起こりうるトラブルを回避するためのアドバイスなど受けることができます。

依頼費用は33,000円となりますが、初回のみ無料相談が可能です。

西崎さん

西崎 洋一/宅地建物取引士

極端な事例ですが、「1,000万円」の契約なのに「1,000円」と表記してトラブルになったことがあったそうです。

 

契約書や重要事項説明書はの内容は、素人は大事な部分がわからないし見えてないです。また、抜けている部分にも気づきません。隠そうと思えば大事なことでも隠せます。

 

このように1つの文字があるかないかで大きな差が生まれるのが契約書ですから、この依頼費用33,000円はかけて間違いない費用ではないでしょうか。

アフターサービスが超充実

住宅購入後次のようなアフターサービスも充実しています。

  • 住宅ローンの相談:銀行とも連携
  • 生命保険の見直し:住宅ローンで生命保険代わりになる団信に加入するため見直しで節約
  • 火災保険の相談:立地のリスクに合った火災保険の提案
  • 家具・家電・インテリアの優待割引:島忠、KEYUCAなどに対応
  • 引越し料金の優待割引:アート引越センター、サカイ引越センターなどに対応
  • 賃貸の相談:長期不在や買い替えなどで残る家を賃貸にする相談
  • リフォームの相談:中古物件を購入したときや将来の間取り変更などでリフォームの相談
  • 司法書士・行政書士の紹介:登記・相続・贈与などの相談のために紹介してもらう

特に、各種の相談に関しては本来個別におこなう必要があるもので、相談先を探すことは不動産会社探しと同様に手間のかかる作業です。

アドキャストを利用すると、このような将来のことまで含めた総合的な相談ができるため、不安点を解消しながら前向きに手続きを進められるでしょう。

アドキャスト公式サイトはこちら

編集部
編集部

なお、アドキャストの公式YouTubeチャンネルでもサービスの詳細を知ることができます。こちらも併せてチェックしておきましょう。

西崎さん

西崎 洋一/宅地建物取引士

オリジナル物件調査や契約書などの書面確認は、最もユーザーに寄り添った活動だと個人的にも共感してます。

昨今はネットで調べることが主流となっていますが、こういった地道な調査力は大変評価されるものですね。

アドキャストを利用する際の注意点

専門家とのライフプランの相談や多数の未公開物件など魅力が豊富なアドキャストですが、利用する際には次の点に注意しましょう。

23区内の物件が中心

アドキャストが取り扱っているのは東京23区内の物件が中心で、店舗も渋谷区や文京区など23区内に集中しています。神奈川や千葉などの物件が扱われるケースもありますが、あまり多くはありません。

そのため、東京23区以外のエリアの物件を希望している場合には、アドキャストで見つけるのは難しいかもしれません。

担当者によって応対品質に差が出る可能性がある

アドキャストは営業担当者に関する評価が二分しています。

口コミには「やりとりが速い」や「親身で丁寧」といった満足の声が多くみられる一方で、「営業スタイルが強引」や「繁忙期は連絡がつきにくい」などの不満の声もありました。

利用者の中には担当者と相性が合わず、サービスに満足できない人もいるようです。

不動産売買は大きな金額が動く大切な取引なので、できるだけ相性のよい担当者と共に進めることが重要です。

西崎さん

西崎 洋一/宅地建物取引士

優良な担当者であるかどうかの見極めポイントとして1つ言えることは、時間や金額などの数字を明確に伝えてくれるか否かです。強引なだけで粗悪な担当者は、こういった数字をごまかしてしまう傾向があるので注意しましょう。

担当者に不安・不満がある場合の対処法

担当者に対して不安や不満がある場合には担当者変更を願い出るのが一番簡単ですが、それまでの付き合いや気兼ねなどもありなかなか難しいときもあるでしょう。

そのような場合は、「別の店舗のおすすめ物件も見たい」などの理由を挙げ、アドキャストの別の店舗の利用も検討してみましょう。

アドキャストは東京23区内に以下の10店舗を構えています。

支店名 住所
恵比寿本店 東京都渋谷区恵比寿南1-25-1 恵比寿プラックスビル5F
駒込支店 東京都文京区本駒込6-25-6 イトービル駒込1階
高円寺支店 東京都杉並区高円寺南4-44-6-1F
中延支店 東京都品川区二葉4-1-20 MC中延ビル4F
錦糸町支店 東京都墨田区江東橋3-9-7 国宝ビル7F
笹塚支店 渋谷区笹塚2-7-12 日神デュオステージ笹塚西館 1階
三軒茶屋支店 東京都世田谷区太子堂 1-12-23 三軒茶屋 GRAND 1F
等々力支店 東京都世田谷区等々力3-9-5 T-STATION STYLE BUILD 1F
新宿支店 東京都新宿区早稲田町74番地5中村ビル1F
蒲田支店 東京都大田区蒲田5-15-1 プライム蒲田東口ビル5F
編集部
編集部

公式サイトの「スタッフ紹介」ページでは、担当者の顔写真やプロフィールなど閲覧できるようになっているので参考にしてみるのもよいでしょう。

未公開物件を閲覧するには会員登録が必要

アドキャストの未公開物件情報を閲覧するには会員登録(無料)が必要なため、登録の手間がかかる点は注意しましょう。

会員登録は名前や住所、メールアドレスなどを入力するもので、約1分で完了します。

会員登録をすると未公開物件情報のほか住宅売買に関する動画の閲覧ができ、希望条件やお気に入りの登録機能が利用できます。

アドキャストのサービスを存分に活用するために、ぜひ会員登録を検討しましょう。

\無料会員登録でお得な情報をゲット/
アドキャスト公式サイトはこちら

アドキャストがおすすめの人

アドキャストの口コミ評判や注意点などから、アドキャストがどのような人に最適なのかを分析しました。

次のような条件をもっている人は、ぜひアドキャストを検討してみてください。

  • 東京都内で戸建て物件の購入を検討している人
  • 住宅購入の経験がないため、あせらず1から丁寧に説明を受けたい人
  • 新居の周辺環境まで入念に調査してほしい人
  • 住宅ローンの返済について現実的なシミュレーションをしたい人
  • 悩みに応じて各分野の専門家に相談しながら取引を進めたい人
西崎さん

西崎 洋一/宅地建物取引士

不動産売買において大切なことは「安く質の低いサービスを排除すること」です。なぜなら、サービスが不十分なせいで問題が起こった場合、被る損失が大きすぎるからです。

 

仲介手数料の安さで選ぶ人も多いですが、仲介手数料は上限が決まっているため、逆に言えば割引を受けたところで大きく差が出るわけではありません。

 

金額云々ではなく、専門資格を持っており、その地域や分野(売買、仲介、不動産種別など)に詳しい担当者を見つけることが成功への近道です。

アドキャストの「オリジナル物件調査」とは

アドキャストの特徴の一つとして「オリジナル物件調査」について取り上げましたが、そもそも物件調査とは何か、アドキャストのオリジナル物件調査が一般的な調査とどのように異なるのか、改めて詳しく説明します。

そもそも物件調査とは

一般的な物件調査とは、不動産を購入する際におこなわれるもので、不動産の売買が公正な価格で滞りなく取引されるよう不動産会社の調査員が物件の概要を調べる作業をいいます。

現地調査だけでなく法務局や市場の公式データなど詳しく調べ、複数の調査結果を総合的に見て正しい不動産価値を確認します。

具体的には以下のような流れで調査を進めていきます。

  1. 売主への物件情報聞き込み(権利関係、残債有無など)
  2. 現地での建物調査(配置、境界、周辺環境など)
  3. 法務局調査
  4. 役所調査(施工方法、リフォーム条件、道路状況など)
  5. 設備調査(水道、ガスなどのインフラ設備の有無など)
  6. 不動産市場調査(周辺の取引事例)
編集部
編集部

建物の種別によって調査項目は変わります。

例え、戸建ての場合は埋設物建て付け状況など、マンションであればエレベーターの状態管理規約などが調査項目に加わります。

アドキャストの「オリジナル物件調査」と強み

アドキャストのオリジナル物件調査の強みは、契約書・重要事項説明書には記載されない「住んでから気になること」を事前に調査してもらえるという点です。

上述した通常の物件調査項目に加え、近隣に住む住民へ次のような聞き込み調査をおこないます。

  • 水害実績
  • 地盤
  • 電波障害
  • 事件/治安
  • ゴミ置き場
  • 町会
  • 前住民
  • 地域性
  • 学区
  • 聞き込みした相手の印象

通常の物件調査に含まれる項目もありますが、それらはあくまで公式データのみの情報に過ぎません。

近隣住民に直接聞き込みをおこなうことで、住民だからこそ知り得る情報を収集することができるのです。

「実際の住み心地はどうなのか?」という買主として本当に知りたいことを、アドキャストならば納得いくまで調査してもらえます。

物件を最終決定する前に利用しておくと、後悔するリスクを下げられるでしょう。

オリジナル物件調査によって回避できたリスク例

アドキャストのオリジナル物件調査を受けると、どのようなリスクヘッジが可能になるのでしょうか。

実際にサービスを体験した人のなかから、特筆すべき事例をいくつか紹介します。

〜事例1:近所にトラブルメーカーが〜

近隣の聞込み調査で、裏に住んでいる人が周辺住民と良くもめているとの情報が。しかも、年に数回、パトカーが出動することもあるらしい。これから一生住み続けることを考えると、周辺に住んでいる人がどんな人かって気になりますよね。ご近所づきあいで、いろいろと悩みたくなかったので良かった。

〜事例2:ゴミ置き場が目の前〜

物件を見に行くのが、いつも週末の昼間だったので気が付かなかったが実は物件の目の前がゴミ集積所。しかも、15世帯分のゴミが出される場所だった。朝のゴミ出し風景を写真に撮ってもらい確認したところ、週3回のゴミ出し日が憂鬱な日になりそうな状況だったので購入を断念することに。住む前にわかって本当に良かった。

〜事例3:私道承諾〜

私道の一番奥にある物件を検討中。でも、実は私道持分を持っておらず、実際に住むとなると、通行料や掘削の承諾料が別途掛かるかもしれないことが判明しました。売主に頼んで、引渡までに私道所有者全員から私道利用の承諾書を取り付けてもらえたので余分な費用や、莫大な労力がかからずに済みました。

※引用:アドキャスト「物件調査でリスクを回避した10のお客様の声

編集部
編集部

近所のトラブルメーカーやゴミ置き場での実際のゴミ出し状況などは、現地で詳しい聞き込みをおこなわないとなかなか浮き彫りにならない事情です。

住み始めてから後悔することのないよう、入念な下調べをすることがいかに大切かがわかりますね。

サポートパック入会でお得に調査依頼できる

通常、このオリジナル物件調査費用は220,000円(税込)となりますが、住宅購入サポートパックに入会すると、2軒分の調査まで無料で依頼することができます。

住宅購入サポートパックとは、アドキャストに仲介依頼した人を対象としたサービスで、オリジナル物件調査無料サービスを含め12のサービスがパッケージされています。

FPや顧問税理士などの専門家に無料で相談できたり、仲介手数料10%割引が受けられたりなど、不動産を購入するうえで、あると心強いサービスばかりです。

入会金として11,000円かかりますが、それ以上の大きなメリットが期待できるため入会しない手はないでしょう。

※サポートパックでは簡易バージョンでの報告となります。


アドキャスト公式サイトはこちら

西崎さん

西崎 洋一/宅地建物取引士

不動産売買において大切なことは「安く質の低いサービスを排除すること」です。なぜなら、サービスが不十分なせいで問題が起こった場合、被る損失が大きすぎるからです。

 

仲介手数料の安さで選ぶ人も多いですが、仲介手数料は上限が決まっているため、逆に言えば割引を受けたところで大きく差が出るわけではありません。

 

金額云々ではなく、専門資格を持っており、その地域や分野(売買、仲介、不動産種別など)に詳しい担当者を見つけることが成功への近道です。

アドキャストのピックアップ情報

fudousan322

アドキャストへ仲介依頼をするならば、ぜひ活用したいコンテンツやキャンペーンを紹介します。

無料WEBセミナーを定期的に開催

アドキャストでは、住宅購入に必要な情報を発信する無料オンラインセミナーを随時開催しています。

不動産購入前の基礎知識から応用まで、不動産業界のプロから学べる動画です。

自宅でパソコンなどから参加することができるため、不動産購入のノウハウを手軽にチェックできるでしょう。

今後開催予定のセミナーは次のようになっています。

  • 資産価値が上がる中古マンション購入術
  • 失敗しない土地の探し方
  • 実例から学ぶ トラブルなく安心して売却する方法!
  • 土地購入前に知っておくべきプランニングの基本
  • FPが教える、300万円得する住宅ローンの組み方
  • 不動産のプロを税理士が教える、初めての不動産投資(知識編)

友達紹介キャンペーン開催中

紹介した友達がアドキャストに来店すると、紹介者にAmazonギフト券3,000円分プレゼントのキャンペーンがあるのも魅力です。

さらに、紹介した友達がそのままアドキャストで成約した場合、紹介者には紹介料として5万円、友達には新しい家具購入費用として5万円がプレゼントされます。

アドキャスト調べによると紹介による契約者の満足度は5点満点中、4.89点の高い評価を受けています。

都内の優良な不動産会社候補として安心して紹介できるでしょう。

アドキャスト社長のブログ

「アドキャストの代表取締役が書く。」という名目でアドキャストの社長自らが東京の不動産情報について解説するブログがあります。

東京の不動産事情の最前線に身を置く立場だからこそ語れる、業界人ならではのリアルな情報を発信しています。

昨今の金利政策や、都内の住宅購入時の注意点動画など、気になる内容を多数取り上げているので併せて参考にしてみるとよいでしょう。

アドキャスト公式サイトはこちら

アドキャストの不動産購入についてよくある質問

不動産購入において、アドキャストに寄せられるよくある質問を紹介します。

購入後にキャンセルできるの?

A:売買契約成立後に「資金調達が困難になった」「意向が変わった」など、買主の都合によってキャンセルを希望する場合は、手付金を放棄することで可能となります

ただし期日が設けられており、期日を過ぎれば違約金が発生するので注意しましょう。

違約金は通常、売買価格の10〜20%が相場です。さらに契約書に「違約罰」と記載されている場合は、違約金に加え損害賠償も請求される可能性もあります。

手付金を放棄せずにキャンセルできるローン特例もあります。

家を購入する際は住宅ローンを組むことが一般的ですが、ローンの審査結果が出るのは売買契約が成立した後です。

融資が受けられないうえに手付金もなくなるという事態を回避するため、特約で設定された期日内であれば契約の取り消しができ手付金も返金されるという住宅ローンの特例です。

編集部
編集部

ローン審査に不安がある場合は、このような特例の条件を金融機関に事前に確認しておくとよいでしょう。

購入した家が一定期間空き家になる場合のサービスはある?

A:不動産投資、または空き家管理サービスの利用を検討してみてください。

さまざまなハードルを越えて購入した家も、突然の転勤などで住み続けられなくなってしまうこともあります。

いつ戻ってこられるか分からない場合は売却が視野に入りますが、将来戻ってくる可能性がある場合は他の対策を考えなければなりません。

家を売らずに、再度住み始めるまで空き家にしておく場合は、適切なサービスなどがあるのかどうかも気になるところでしょう。

アドキャストであれば、空き家対策で次の2つの選択肢があります。

  • 賃貸物件への切り替え相談
  • 月額3,000円で空き家の管理を依頼
編集部
編集部

どちらのほうが将来のためになるのか、また損をしないのかは人それぞれです。担当者とじっくり話し合い、最適な選択をしましょう。

アドキャスト公式サイトはこちら

まとめ

アドキャストは、東京都内を中心に未公開物件を多数保有する地域密着型の不動産会社です。ライフプランや目的に合わせて各分野の専門家に相談できる点や独自の厳しい基準を設けたオリジナル物件調査などに強みがあります。

しかし、対応エリアが限定的であったり、担当者との相性が合わなかったりという注意点も存在します。本記事で紹介した評判や特徴を参考に、アドキャストが自分にマッチする不動産会社か検討してみてください。

アドキャスト公式サイトはこちら

※「マイナビニュース不動産査定」は以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
https://www.land.mlit.go.jp/webland/
https://www.rosenka.nta.go.jp/
https://www.retpc.jp/chosa/reins/
https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet
https://www.zentaku.or.jp/cms/wp-content/uploads/2022/02/2021-fudousan-anke-to.pdf


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました