メディア・インテグレーションは、英WavesAMS Neveの88RSコンソールトランスを搭載したオーディオインターフェース「88M」を発表、予約の受付を開始した。2022年9月22日の発売を予定しており、価格は195,800円。

  • 英WavesAMS Neveの88RSコンソールトランスを搭載したオーディオインターフェース「88M」

「88M」はアビーロード、エア、キャピトル、スカイウォーカーサウンドなどの有名なスタジオで導入されている88RSコンソールのトランス・バランス回路を搭載したオーディオインターフェース。マイク、ライン、DIの全入力に対してトランス・バランス入力に対応し、Neve colorを採用している。コネクターは列ノイトリック製だ。ADC/DACチップセットは24bit/192kHzの米ESS Technology製を装備する。アナログの入出力のほか、ADATオプティカルI/Oが用意されており、8チャンネルのデジタルオーディオが扱える。さらに2セットのバランス・インサートにより多数のアウトボードとの接続が行える。ヘッドホンアウトには独立したアンプを装備。本体とMac/PCとの接続はUSB3.0、Core Audio/ASIOのプラグ&プレイに対応し、バスパワーでの駆動も可能となっている。サイズはW182xH76xD203mmで質量は1.675Kg。