他業界とは異なる特徴を持つ建設業。勤怠管理システムを導入することでどのようなメリットがあるのでしょうか。この記事では建設業で勤怠管理システムを利用するメリットや建設業の勤怠管理システムの選び方、建設業におすすめの勤怠管理システムをご紹介します。現状の勤怠管理に課題を感じている建設業の方はぜひ参考にしてみてください。

  • 勤怠管理

建設業の勤怠管理の課題~他業種との違い~

建設業は他業界と比較して正確な勤怠管理が難しいと言われています。

一般的なタイムカードや日報で勤怠管理を行うとさまざまな問題が出てくるため、正確な勤怠管理を行うためには建設業向けの勤怠管理システムを利用するのがおすすめです。

他業界と建設業の勤怠の違い

建設業が他業界よりも勤怠管理が難しいと言われるのには、どのような理由があるのでしょうか。 ここでは他業界と建設業の勤怠の違いについて紹介していきます。

天候に左右される

建設業は他業界と比較して、天候に左右されるという勤怠の違いがあります。建設業はタイムカードを設置するのも難しいため、日報で出退勤を報告するケースが多くみられます。しかし建設業は天候によって予定より進捗が遅れるケースがあり、天候次第では予定よりも長時間労働になるケースがあります。また、天候により業務が遂行できないこともあるため、他業界のようにタイムカードや日報による勤怠管理が難しいと言えるでしょう。

工程管理に左右される

建設業は他業界と比較して、工程管理に左右されるという勤怠の違いがあります。建設業の勤務形態は非常に複雑で、時間給制、日給制、月給制、出来高払制、基本給が日給で手当は月給制などさまざまなケースがあります。 さらに計画通りに工事を進行させるための工程管理により、勤務形態が変更になるケースもあります。そのため、他の業種と比較して勤怠管理が難しいと言えるでしょう。

資料請求をする(無料)»

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

建設業で勤怠管理システムを導入するメリット

他業界と比較して、建設業は勤怠管理が難しいという特徴があります。それでは建設業で勤怠管理システムを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。 ここでは建設業が勤怠管理システムを利用するメリットを8つご紹介します。

建設業で勤怠管理システムを使うメリット1:勤怠管理を効率化

建設業が勤怠管理システムを利用すると、勤怠管理を効率化できるというメリットがあります。建設業での利用に特化した勤怠管理システムを利用すれば、従来のような手書きの日報による集計作業の手間を削除することができます。 また、一般的な勤怠管理システムと異なり、建設業に特化した勤怠管理システムであれば工事労務費集計や工数管理を行うことも可能になります。そのため、大幅な効率化も可能になるでしょう。

建設業で勤怠管理システムを使うメリット2:直行直帰にも対応

建設業が勤怠管理システムを利用すると、直行直帰でも管理がしやすくなるというメリットがあります。 建設業に特化した勤怠管理システムであれば、現場への直行直帰を行う作業員もスマートフォンを使っていつでも出勤や退勤の打刻が可能です。また、打刻漏れをチェックする機能も搭載されているものであれば、報告漏れを防ぐこともできます。そのため、日報で報告するよりも正しい労働時間の把握が可能になるでしょう。

建設業で勤怠管理システムを使うメリット3:工事労務費も同時集計

建設業が勤怠管理システムを利用すると、工事労務費を同時集計できるというメリットがあります。 勤怠管理システムであれば、登録済みの勤怠データを使用した工事労務費の集計も可能です。具体的には、収集した労務費集計データを原価管理システムへコンバートすることで、労務費を把握することができます。 勤怠管理と工事労務費の集計を同時に行うことで、会社全体の原価管理や業務効率化を行うことも可能になるでしょう。

建設業で勤怠管理システムを使うメリット4:工事の進行状況を把握

建設業が勤怠管理システムを利用すると、工事の進行状況を把握できるというメリットがあります。 建設業に特化した勤怠管理システムであれば、複数の現場が同時進行で進められている状況でもそれぞれの工事の進捗状況を簡単に把握することができます。 スマートフォンやノートパソコンなどでリアルタイムの進捗状況を確認しながら、各工事現場のスケジュールや人員調整をスムーズに行うことも可能でしょう。

建設業で勤怠管理システムを使うメリット5:給与計算が楽に

建設業が勤怠管理システムを利用すると、給与計算の手間が減るというメリットがあります。勤怠管理システムのなかには、給与計算ソフトと連携しているものが多くあります。給与計算ソフトと連携することで、時間のかかる給与計算も簡単に短時間で行うことができるでしょう。また、従来のように紙の給与明細を発行する手間もなくなるため、給与計算を行う従業員の作業負担を減らすことも可能です。

建設業で勤怠管理システムを使うメリット6:自動集計が可能

建設業が勤怠管理システムを利用すると、勤怠情報を自動集計できるというメリットがあります。勤怠管理システムであれば、作業員が入力した勤怠情報をリアルタイムに自動集計することができます。 勤怠情報に合わせてシステムが自動的に集計するため、複数の現場を掛け持ちしている作業員やさまざまな勤務形態が混ざっている場合でも正しく集計することができ、担当者の負担を軽減することができるでしょう。

建設業で勤怠管理システムを使うメリット7:時間を把握できる

建設業が勤怠管理システムを利用すると、勤怠情報を自動集計できるというメリットがあります。 システムを使用しないで勤怠を管理している場合、本人であっても出退勤時間が不明確になったり、誤った時間を記入してしまうケースもあります。 しかし勤怠管理システムであれば、直行直帰でも普段利用しているスマートフォンから打刻することができるため、明確に時間を把握することが可能になります。

建設業で勤怠管理システムを使うメリット8:動向を確認できる

建設業が勤怠管理システムを利用すると、個人別の動向を確認できるというメリットがあります。 日報やタイムカードを利用した勤怠管理の場合、現在作業員がどこにいるのか把握することはできません。 しかしスマートフォンなどから勤怠管理システムを利用して打刻するのであれば、内蔵されているGPSによって作業員一人ひとりの現在の位置を把握することも可能です。

資料請求をする(無料)»

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。

建設業での勤怠管理システムの選び方

勤怠管理システムの導入を検討しているものの、どのような勤怠管理システムを選べばいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

ここでは建設業での勤怠管理システムの選び方のポイント3つをご紹介します。

勤怠管理システムの選び方1:操作性

建設業の勤怠管理システムは操作性で選びましょう。 勤怠管理システムで打刻を行うのは一般の作業員のため、専門的な知識が必要であったり、パソコン操作が必要なシステムでは使い勝手が悪くなってしまいます。 普段、利用している自分のスマートフォンから簡単に勤怠入力を行えるような勤怠管理システムを選ぶようにしましょう。

勤怠管理システムの選び方2:GPS

建設業の勤怠管理システムはGPS機能が搭載されているものを選びましょう。 GPS機能は勤怠管理システムの機能の一つで、位置情報を取得することができます。そのため、GPS機能が搭載されている勤怠管理システムであれば、さまざまな現場を掛け持ちしている作業員一人ひとりの動向を把握することも可能です。

勤怠管理システムの選び方3:日報メール送信

建設業の勤怠管理システムは日報メール送信できるものを選びましょう。建設業では各現場への直行直帰が基本となるため、帰社後に日報を書くことは作業員にとって非常に手間になります。 そのため、メールで日報を送信できる勤怠管理システムを選ぶことで、手間を省くことができます。

建設業におすすめの勤怠管理システム6選

建設業におすすめの勤怠管理システム1:『マネーフォワードクラウド勤怠』

マネーフォワードクラウド勤怠は勤怠管理を集計まで含めて自動化させた、クラウド型の勤怠管理システムです。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも打刻することが可能なため、勤務形態がさまざまでも柔軟に対応することができます。従来型のシステムでは日付をまたいだ時の集計が面倒でしたが、マネーフォワードクラウド勤怠は日付をまたいだ打刻にも対応しています。残業時間を設定することで、残業しすぎている従業員にアラートを出すことも可能です。また、集計した勤怠データは給与システムと連携し、出力することができるため、作業時間を大幅にカットできます。

建設業におすすめの勤怠管理システム2:『CLOUZA』

CLOUZAは、スマートフォン・タブレット端末・パソコンで打刻や閲覧などが行えるクラウド型の勤怠管理システムです。スマートデバイスなら位置情報の取得も可能で、打刻場所は管理画面から地図で確認することができます。取得したデータは、保存帳票として汎用データ(CSV)/電子データ(PDF)に変換したり、各給与計算ソフト用の勤怠データとして出力することも可能です。月額利用料は、その月の打刻人数×200円(税抜)で利用できます。月額利用料200円の中にはサポート費用やサーバーメンテナンス費用なども全て含まれているので少人数でも割高になりません。

建設業におすすめの勤怠管理システム3:『ジョブカン』

ジョブカン勤怠管理は、シンプルな操作性で使うことができる勤怠管理システムです。スマートフォンなどのGPS機能を利用して簡単に打刻することができます。打刻されたデータや労働時間は自動で集計され、深夜労働時間や残業時間などを個別に出力することが可能です。出勤や退勤時間の切り上げ、切り捨てを設定することもできます。勤怠データは自由にフォーマットを変えられ、CSV形式でダウンロードが可能です。また、独自のアルゴリズムを使って曜日ごとに必要な人数とシフトパターンを設定し、条件に合ったシフト表を作成できます。豊富なカスタマイズ機能を備えているため、さまざまな問題を解決してくれます。

建設業におすすめの勤怠管理システム4:『タッチオンタイム』

タッチオンタイムは独自開発の「タッチオンタイムレコーダー」が人気の勤怠管理システムです。タイムレコーダーは他にも「生体認証」、「ICカード認証」、「携帯打刻」、「Webブラウザ打刻」など種類豊富に用意されており、自社に適したものを選ぶことができます。

勤務シフトの作成や管理も数値入力やマウス操作によって簡単に行うことができます。また、シフトパターンを作成し、個人別、曜日別、月別にシフトを管理することも可能です。予定の人件費と実際の人件費を好きなタイミングで比較することができるので、人件費予算を適切に配分するのに効果的です。システム側に遅刻や残業の多さ、休暇取得回数などをあらかじめ登録することで自動的に警告を出すことも可能です。

建設業におすすめの勤怠管理システム5:『jinjer(ジンジャー)勤怠』

jinjer勤怠は管理側がいつでも、どこでもスマートフォンで利用可能な勤怠システムです。パソコンを使うことなくモバイルによる欠勤連絡を完結させることができます。管理者は日単位・月単位で細かくシフトを作ることができ、従業員はスマートフォンから希望のシフトを簡単に提出することが可能です。週・月の残業時間の超過や出退勤漏れなどを通知することも可能なので、さまざまなアラートを飛ばすことで管理工数が削減できます。また、jinjer勤怠は英語だけでなくタイ語やベトナム語、インドネシア語など5カ国の言語に対応しているため、コミュニケーションエラーを減らすこともできるでしょう。

建設業におすすめの勤怠管理システム6:『KING OF TIME』

KING OF TIMEは簡単で分かりやすい画面構成が魅力の勤怠管理システムです。スマートフォンをはじめ多種多様な打刻方法から自社に合ったものを選ぶことができます。有給休暇や残業などの就業ルールに合わせて設定することができ、管理者や拠点ごとに権限を付与したり、申請承認をオンラインでやり取りしたりすることもできます。法改正にも対応した無償バージョンアップも可能です。また、東京と大分に専門のスタッフを用意しており、マルチオペレーション対応を行っています。サーバーも2つの拠点で運営しているのでセキュリティー面でも安心です。

  • 勤怠管理

建設業の勤怠管理システム導入は業務効率化につながる

建設業は他業界と異なり、現場への直行直帰が基本となります。また、天気や工程管理に左右されるという特徴があるため、勤怠管理システムを利用するのがおすすめです。勤怠管理システムを導入することで、従業員側も管理側も業務負担が軽減され、業務効率化につながるでしょう。

ぜひこの記事でご紹介した建設業の勤怠管理システムの選び方や、建設業におすすめの勤怠管理システムを参考に、勤怠管理システムを利用してみてはいかがでしょうか。

資料請求をする(無料)»

※外部の資料請求サイト『ITトレンド』へ遷移します。