マッサージチェアやトレーニングマシンを手がけるフジ医療器の、メディア向けの体験会に参加してきました。フジ医療器の幅広い製品を自由に試せる体験会、注目を集めていたのは、フジ医療器の代表製品ともいえるマッサージチェアです。

今回、フジ医療器の本格マッサージチェアのエントリーモデル「リラックスマスター AS-695」、ハイグレードモデル「サイバーリラックス AS-790」、フラッグシップモデルの「サイバーリラックス AS-2000」の3製品を比べてみました。

  • ショールームで体験できた3モデル。左から「サイバーリラックス AS-2000」、「サイバーリラックス AS-790」、「リラックスマスター AS-695」

いずれもオープン価格ですが、市場想定価格(税別)は、リラックスマスター AS-695が258,000円、サイバーリラックス AS-790が358,000円、サイバーリラックス AS-2000が528,000円です。本格マッサージチェアは「30万円以下は普及モデル」といわれるほど高価。大型の家電量販店なら、充実した体験スペースを設けている店舗もありますが、触れる機会が少ないのも事実です。

フラッグシップモデルはさすがの高級感と高機能

最初は、2019年1月に発表された最高級モデル「サイバーリラックス AS-2000」です。座ってみてわかるのは、なんといっても包み込まれるような座り心地のよさ。マッサージチェアによっては、使わないときに座るとメカや構造物の一部が身体にあたり「マッサージチェアとしては気持ちいいけれど、椅子としては使いにくい」ということもあります。

マッサージチェアは、家族みんなが使えるように、リビングに設置されることが多いもの。一人がけソファとしても利用されるため、「マッサージしていないときの座り心地のよさ」は意外と重要です。

  • AS-2000

    フジ医療器の最高級モデルサイバーリラックス AS-2000。プレミアムモデルだけあり、包み込まれるような座り心地のよさ

  • AS-2000
  • AS-2000

    大きなタッチパネル液晶とボタンを組み合わせたリモコンも使い勝手よし。手に持って使うほか、チェア横のスタンドにセットした状態での操作も可能です

フラッグシップモデルだけあり、マッサージも高機能です。本格マッサージチェアは、一般的に「肩の位置」を検知する機能を備えていますが、AS-2000は肩の位置だけではなく背筋のラインまで細かく検出する「AIダブルセンシング」機能を搭載しています。さらに、センシングした身体の状態にあわせてマッサージの強さなどをコントロールするAI機能もあります。従来モデルは、体重が100kgの人と50kgの人だと、揉みメカにかかる負荷の違いで「揉み心地」が変わってしまうことがありましたが、AS-2000は誰もが同じ「最適な揉み心地」を体験できるといいます。

実際にマッサージを体験すると、肩や腰など「ここを揉んで欲しい」と思った場所にきっちりアプローチするのがわかりました。特に秀逸だと感じたのは「ゆっくり揉み玉を動かす挙動」の気持ちよさ。マッサージモードによっては、非常にゆっくりと揉み玉を身体に押し込む動作があるのですが、これがジワーッと指圧をされているような気持ちよさです。揉み玉の移動は非常に滑らかで、機械的な動きだと感じさせません。

  • AS-2000
  • AS-2000

    ふくらはぎや足首部分をエアーバッグでしっかり固定。そのまま脚部を下方向に引っ張ります。腰回りから脚まで気持ちよくストレッチできます

マッサージ以外ですごいと感じたのが、「ストレッチ」モードの気持ちよさです。本格マッサージチェアの多くはストレッチコースを搭載していますが、どちらかというとオマケ的な機能。しかし、AS-2000は31個あるエアーバッグで身体をきっちり固定した状態で、腰や脚をギューッと伸ばしてくれます。人が脚を引っ張ってくれるかのような心地よさは、なかなか普通のマッサージチェアでは味わえません。

ストレッチやマッサージ以外の機能も優秀です。個人的に気に入ったのはヒーター機能。AS-2000はヒーターの形が「背パッド」で、頭部から垂れ下がる形で搭載されているので、さまざまな場所に移動可能です。たとえば、パッドを腰に当てれば腰を温められるし、パッドを身体の前面に持ってくればお腹を温めながらのマッサージも。また、背パッドのほかにも、脚裏部分にもヒーターが搭載されています。

  • AS-2000
  • AS-2000

    背パッドを身体の前面に持ってきたところ。お腹がポカポカと温まります。女性にはとってもうれしい機能です

  • AS-2000

    ほぼフルフラットの状態までリクライニングできるのもAS-2000だけでした。昼寝にも気持ちよさそう

  • AS-2000

    リクライニングを起こした状態。ソファとして使うとき、脚部は収納できません

脚裏と臀部のマッサージがやみつきになるハイグレードモデル

次は、2018年7月発売のハイグレードモデル「サイバーリラックス AS-790」です。フジ医療器のマッサージチェアとしては、ミドルクラスの製品になります。

  • AS-790

    ハイグレードモデルとなる「サイバーリラックス AS-790」。フラッグシップモデルより少しコンパクトなサイズ

  • AS-790

    リモコンは液晶画面などのないシンプルなボタン式に。リモコンを使用しないときはチェア側面にあるポケットに収納します

AS-790はハイグレードモデルだけあり、肩や腰の揉みも力強く、とても気持ちよく感じます。特筆したいのは、座面部分と足裏部分に配置した独自のメカの揉み心地。座面には8つ玉の揉みメカ「座面ほぐしメカ」があり、これが波をうつように動いてお尻から太ももまでをブルブル揉みほぐします。

これが思わず声が出てしまうような、今までのマッサージチェアにない揉み心地です。最初は不思議な感触でしたが、2~3分でなんともいえない気持ちよさに変わり、何度も体験したくなりました。

  • AS-790

    個人的に脚マッサージの気持ちよさはAS-790が一番! 脚全体を揉み板でしっかりホールドして、さらにローラーや指圧突起振動で脚を揉みほぐします

脚部の「脚つかみほぐしメカ」は非常に複雑。ふくらはぎは左右の揉み板でしっかり挟み、絞り上げるようにほぐしながら、ふくらはぎ裏をローラーで刺激。足先も揉み板で挟んでほぐしながら、足裏は回転ローラーで刺激。さらに足先とかかとは指圧突起でマッサージします。個人的には、脚のマッサージだけなら上位機種のAS-2000より、このAS-790のほうが気持ちよく感じました。

  • AS-790

    最大リクライニングした状態がこちら。かなりフラットになりますが、上位機種のAS-2000ほどではありません

  • AS-790

    リクライニングを起こした状態。要所でデザインされたウッド調パーツが高級感をかもしだしています

エントリーモデルはコンパクトさと設置のしやすさが魅力

最後はエントリーモデルの「リラックスマスター AS-695」です。エントリーモデルとはいってもフジ医療器の本格マッサージチェアだけあり、揉み心地は非常に快適。22個のエアーバッグで身体を包み込み、6つ玉のGRIP式メカ3.0+で人の手のように肩や腰をぐいぐいともみ上げます。もちろん脚マッサージやハンドマッサージ機能、ヒーター機能も搭載。ただし、脚マッサージはエアバッグによる揉みのみと少々簡易化されています。

  • AS-695

    エントリーモデルの「リラックスマスター AS-695」。エントリーモデルながら肩や腰のマッサージはさすがフジ医療器という気持ちよさ

  • AS-695

    リモコンは比較的シンプル。未使用時はチェア側面にあるポケットに収納できます

AS-695は設置性の高さも魅力的。今回体験した3モデルのなかで一番コンパクトなうえ、なんと脚部を「ひっくりかえして収納」できます。脚マッサージ部を見えなくさせると、普通のソファに近い外観に。使っていないとき、リビングインテリアの雰囲気を壊しにくいというメリットがあります。

  • AS-695

    使用時は頭部のクッションを持ち上げ、脚部を引き出します(写真左)。普段は脚部を収納し、ソファとして使用可能(写真右)。この状態で脚部を上げてフットレストとして利用することも可能です

リクライニング時は、座面が前方にスライドしながら背もたれが倒れます。このため、リクライニングを起こした状態から、背面に15cmあればリクライニングが可能です。

  • AS-695

    最大リクライニングした状態。リクライニング時は座面が前方にスライドするので、本体設置時は壁側に15cm隙間があれば大丈夫です

  • AS-695

    リクライニングを起こした状態。3モデルのなかで一番コンパクトで、あまり圧迫感はありません

マッサージチェアに求めるものは人それぞれ

今回体験した3モデルいずれも、マッサージ性能はフジ医療器の本格マッサージチェアの基準を満たしており、エントリーモデルのAS-695でも、肩や腰のマッサージにおける「物足りなさ」はまったく感じません。

使いやすさや快適性、揉みの種類やストレッチ性能など機能の多さは、間違いなくフラッグシップモデルのAS-2000がダントツで飛び抜けています。他モデルがブラウンやブラックといった濃い色が多いなか、AS-2000はリビングになじみやすそうなベージュ色が選べるのも好印象です。

普段ハイヒールを履くことが多い筆者は「脚マッサージ重視」ということもあって、脚部に独自メカを搭載したAS-790に魅力を感じました。また、設置場所が限られる家庭では、コンパクトで設置性の高いAS-695しか選べないということもあるでしょう。実際に使ってみると「高価だからよい」わけではないことがよくわかる体験会でした。