ワコムは、 筆圧対応デジタルペン「Wacom Pro Pen 2」シリーズの新製品として、「Wacom Pro Pen slim」を2019年2月に発売しました。これで同シリーズには、「Wacom Pro Pen slim」「Wacom Pro Pen 2」「Wacom Pro Pen 3D」と、メインストリームのデジタルペンが3本揃ったことになるのですが、3本もあると一体どれを買えばいいのか悩むところでもあります。

そこで今回、イラストレーターのユザワエミコ氏がWacom Pro Pen slim、Wacom Pro Pen 2、Wacom Pro Pen 3Dの3製品を使ってイラストを描き比べ。それぞれの使い心地やどういう用途に向くか、感想を聞いてみました。

  • Wacom Pro Pen slim、Wacom Pro Pen 2、Wacom Pro Pen 3Dの3本を描き比べ! 使用した機材は、2019年1月に発売されたばかりの15.6型液晶タブレット「Wacom Cintiq 16」

  • 今回“描き比べ”をしたワコム製デジタルペンたち。上から順に、一番細いWacom Pro Pen slim、ボタン数が2つのWacom Pro Pen 2、ボタン数が3つのWacom Pro Pen 3D

Wacom Pro Pen slimは「鉛筆で描いている感じ」

今回、デジタルペンの“描き比べ”に協力してもらったユザワエミコ氏は、書籍や雑貨、企業のイラストをはじめ、新聞小説の挿絵などでも活躍するイラストレーター。ポップなくっきりしたタッチや繊細で、あたたかみのあるタッチが得意です。普段はデジタル作画が多いものの、7~8年年ほど前まではアナログ作画がメインで、いまでも仕事用のイラストは鉛筆で下描きしてからPCへ取り込み、デジタル作業で仕上げることが多いそうです。

  • デジタルペンを描き比べるユザワエミコ氏。使用ソフトはAdobe Photoshop

そんなユザワエミコ氏に試して頂いたのは、直径9.5mmという細身デザインが特長の新製品、Wacom Pro Pen slimと、スタンダードタイプのWacom Pro Pen 2、そして3D制作に適したWacom Pro Pen 3Dの3製品。いずれも「Wacom Intuos Pro」など同社製タブレットなどで使用でき、8,192レベルの筆圧検知に対応しています。

  Wacom Pro Pen slim Wacom Pro Pen 2 Wacom Pro Pen 3D
直径 直径9.5mm(最大11mm) 直径11.9mm(最大15mm) 直径11.3mm(最大14.3mm)
重さ 12g 実測15g 実測16g
筆圧検知 いずれも8,192レベル
ボタン数 2 2 3
直販価格(税込) 9,720円 9,720円 11,880円

イラストを描くのに用いた機材は、2019年1月に発売した15.6型液晶タブレット「Wacom Cintiq 16」。これは、絵のプロを“目指す人”向けの入門機で、現行のワコム製品としては最も新しいタブレット製品。プロ向けの上位製品である「Cintiq Pro 16」から8,192段階の筆圧検知や最高0.005mmの読み取り分解能などを継承しつつ、一方で高解像度やタッチ機能、液タブのペン先と画面上のタッチポイントの視差を軽減する「ダイレクトボンディング」などは非搭載。そのぶん価格を税込73,224円に抑え、入門ユーザーが手に入れやすい製品となっています。

  • Wacom Pro Pen slimは細くて持ちやすいだけでなく「ペン先が見やすく細かい部分が描きやすい」という

ユザワエミコ氏はWacom Pro Pen slimを手に取り、「Wacom Cintiq 16」のディスプレイ上にイラストを描き始めると、開口一番「すごく細くて、本当に鉛筆で描いているみたいですね!」とコメント。普段は少し太めのデジタルペンを使っているとのことで、Wacom Pro Pen slimは第一印象でその細さに驚いたとのことでした。

ちなみに実際の鉛筆のJIS規格では軸径が8.0mm以下と定義され、例えば三菱鉛筆が7.2mm、トンボ鉛筆は7.7±0.2mm。Wacom Pro Pen slimは直径9.5mm(最大部11mm)で鉛筆より少し太いももの、従来製品のWacom Pro Pen 2の11.9mm(最大部15mm)や、Wacom Pro Pen 3Dの11.3mm(最大部14.3mm)と比べるとかなり細いです。

3本のデジタルペン、大きな違いは握り心地

――今回、3本のデジタルペンを描き比べましたが、まずはWacom Pro Pen slimの描き心地はどうでしたか。

最初に使ったWacom Pro Pen slimは、細くてとても持ちやすく手にしっくりきました。手が小さい女性には細いペンのほうが馴染みやすいですね。あと、グリップの根本が細いのでペン先が見やすく、細かい部分が描きやすかったです。また、ペン自体も軽いので、長時間描いていても疲れにくい気がしました。

――各ペンで重さがわずかに違います。Wacom Pro Pen slimの重さは12g(スペック値)で、Wacom Pro Pen 2の重さは実測15g、Wacom Pro Pen 3Dは実測16g。重さの違いは気になりましたか。

Wacom Pro Pen slimは、他の2製品よりも3~4g程度軽いだけですが、実際持ってみると数字以上に軽く感じました。そのわずかな違いが、長く作業した場合に疲労感にも影響するかもしれないな、と思いました。

――Wacom Pro Pen 2の使い勝手はどうでしたか。

私は普段このくらいの太さのペンを使っていますので、違和感なくスラスラ描けました。普段鉛筆で描いているなら太く感じるかもしれませんが、私はこの太さに慣れているのでまったく問題なかったです。

  • 若干太めのWacom Pro Pen 2は「この太さに慣れているので違和感ありません」

――Wacom Pro Pen 3Dはどうでしたか。

私は3DCGはやらないんですが、Wacom Pro Pen 3Dには手元にスイッチが3つもあるので、より多くの機能を割り当てられるというのは便利ですね。私は普段、板タブを使っているので、取り消しや切り替えなどを行うためにMacのキーボードまで手を伸ばすことが多いんですが、このペンは手元のクリックだけで操作できるので作業しやすく、絵を描くことにも集中できそうです。

  • PCのショートカット操作を左手で、ペン操作を右手で行う

  • Wacom Pro Pen 3Dには、サイドボタンが3つ用意されている

――この3つのペンは、それぞれどういう目的で使い分けたらいいですか?

イラスト用途に限定すれば大きな機能差はなさそうなので、手に持ったフィーリングで選んで大丈夫だと思います。個人的な感覚ですが、マッキーやつけペン(Gペンや丸ペン等)などの太めのペンで紙に描くことが多い人には、Wacom Pro Pen 2やWacom Pro Pen 3Dのほうが持ったときに手に馴染みやすいかもしれませんね。

Wacom Pro Pen 3Dは3DCG向けですが、よく使う右クリック(Photoshopではブラシの種類、サイズ設定など)や取り消し操作、作業画面を見やすい場所にずらせる「手のひらツール」など、ショートカットを多用するイラスト描きさんも、手元で押せる3ボタン式が便利だと思います。

逆に鉛筆やボールペンといった、握る部分が細めのペンで描くことに慣れている人には、細身のWacom Pro Pen slimのほうが違和感が少ないと思います。あと、Wacom Pro Pen slimは握った感触が細いので、細い線を描きやすく感じる、というメリットもあるかもしれません。実際の線の細さはソフト側で設定するので、感覚だけの話なのですが(笑)。

――「Wacom Cintiq 16」で絵を描いた感想も教えてください。

私は普段、いわゆる板タブと呼ばれる「Wacom Intuos4」(Medium)をiMacに接続し、正面にある液晶ディスプレイを見ながら顔を上げて絵を描いています。実は今回はじめて液晶タブレットでじっくりと絵を描いたんですが、机の上に紙を広げて描くのとほとんど変わらず作業できますし、とても描きやすいなと思いました。これまでアナログで絵を描いていた人がデジタルに移行するなら、液タブのほうがだんぜん馴染みやすいと思います。

――使っていて気になった部分はありましたか?

特にありませんが、強いて挙げるなら……線だけを使って塗りつぶすようにペンをものすごく速く走らせたときに、ごくわずかに遅れる感じがしました。でも、普通に描くときはそこまで速く線を引かないので気にならないレベルです。実際は板タブにも遅れがあるんだと思いますが、描いているときに手元を見ないぶん、遅れにも気づかないんですよね(笑)。

あとはタッチ操作ですかね。Cintiq Pro 16ではタッチに対応しているので、拡大縮小操作などが便利だろうなと思いました。ただ、タッチ非対応だと、手のひらを画面に置いたときや指で画面に触れたときの誤操作がない、という安心感があるので、これは好みの話なのかな、という気もします(笑)。

  • 「ペンを超高速に走らせるとわずかに遅れる感じがした」という

あと、若干ですが、Cintiq 16ではペン先が若干浮いてるような気がしないでもないです(Cintiq 16では、ペン先と画面上のタッチポイントの視差を軽減する技術「ダイレクトボンディング」が非搭載。Cintiq Pro 16では搭載している)。でも、仕上げあたりで気づいただけで、描いているときは気になりませんでした(笑)。比較するモノがあれば気になるかもしれませんが、単体で使っていれば、こういうものだと慣れるレベルだと思います。

――最後に、デジタルで絵を描きたいと思っている人に向けて、ペン選びのアドバイスをお願いします!

繰り返しになってしまいますが、普段から鉛筆で絵を描いている人なら、通常サイズのデジタルペンのような太いものはあまり使わないと思うので、細いWacom Pro Pen slimのほうが使いやすいと思います。でも、Gペンやマッキーなどで描くことがメインの人なら、Wacom Pro Pen 2やWacom Pro Pen 3Dを選ぶといいのではないでしょうか。できれば、実際に試してから買うのがベストだと思います!

  • 細い線で細かく書く部分はWacom Pro Pen slimで仕上げ

――ありがとうございました。

  • 今回使用した液晶タブレット・Wacom Cintiq 16と、デジタルペンのWacom Pro Pen slim、Wacom Pro Pen 2、Wacom Pro Pen 3D

ちなみに、新宿マルイ アネックス3階にある「ワコムブランドストア新宿」では、液晶ペンタブレットやデジタルペンなどのワコムの全製品を自由に試すことができるスペースが用意されている。どのデジタルペンを選ぶべきか迷っている人は、ワコムブランドストア新宿に足を運んでみることをおすすめする。