• Amazonの「閲覧履歴」を削除

閲覧履歴を表示・削除するには

Amazonには、商品の閲覧履歴を表示する機能があります。スマートフォンの「Amazon」アプリの場合、下部のツールバーの左から2番目の「人型」のアイコンをタップし、画面をスクロールした中ほどにある「アカウントサービス」の「表示履歴」をタップすると、閲覧した商品が新しい順に表示されます。ここで不要な項目を削除することも可能です。

実際の手順は以下の通りです。

  1. 画面下部の4つのアイコンのうち、左から2番目の「人型」アイコンをタップします。
  2. 、画面をスクロールした中ほどにある「アカウントサービス」の「表示履歴」をタップします。
  3. 閲覧履歴を過去に遡ってチェックできます。「表示から削除」ボタンをタップすると、その項目を削除できます(非表示にできます)。

【手順解説】スマートフォンの「Amazon」アプリから閲覧履歴を削除する

  • 画面下部の左から2番目の「人型」アイコンをタップします(画面はiOS版アプリですが、Android版アプリも同様の操作です)

  • 画面をスクロールした中ほどにある「アカウントサービス」の「表示履歴」をタップします

  • 閲覧した商品の履歴を過去に遡ってチェックできます。ここで商品ごとに「表示から削除」ボタンを押すと、閲覧履歴を個別に削除できます

スマートフォンで閲覧履歴をまとめて削除するには

これまでの閲覧履歴をまとめて削除することもできます。実際の手順は、以下の通りです。

  1. 上記[1]~[2]の操作で閲覧履歴を表示したら、右上の「管理」をタップします。
  2. 「このデバイスの履歴を管理」画面が開いたら、「履歴を削除」をタップすると、閲覧履歴がすべて削除されます。
  • 上記[1]~[2]の操作で閲覧履歴を表示したら、右上の「管理」をタップします

  • 「このデバイスの履歴を管理」画面が開いたら、「履歴を削除」をタップすると、閲覧履歴がすべて削除されます

スマートフォンで閲覧履歴を残さないようにするには

閲覧履歴は「さっき見た商品をもう一度チェックしたい」という時には便利ですが、しかし、スマートフォンの画面を自宅にいる家族や電車の背後にいる人に覗かれたとき、あるいは職場のパソコンでAmazonを開いたときに、閲覧履歴を見られたくないという人もいることでしょう(Amazonアプリの閲覧履歴は、パソコンのWebブラウザで見た商品ページも自動的に反映されます)。

そのような人は、閲覧履歴を保持する機能そのものをオフにすることが可能です。人に見られたくない商品などを閲覧する前に操作するといいでしょう。

  1. 上記「閲覧履歴」を表示・削除する方法の[1]から[2]までの手順で「閲覧履歴」画面を表示したのち、右上の「管理」をタップします。
  2. 「このデバイスの履歴を管理」画面が開いたら、「履歴のオン/オフ」スイッチをオフにします。
  • 上記「閲覧履歴」を表示・削除する方法の[1]から[2]までの手順で「閲覧履歴」画面を表示したのち、右上の「管理」をタップします

  • 「このデバイスの履歴を管理」画面が開いたら、「履歴のオン/オフ」スイッチをオフにします

なお、上記方法でオフにした「閲覧履歴」機能を、再びオンに戻す手順は以下の通りです。

  1. 画面下部の4つのアイコンのうち、左から2番目の「人型」アイコンをタップします。
  2. 画面をスクロールした中ほどにある「アカウントサービス」の「表示履歴」をタップします。
  3. 「閲覧した商品」画面の右上にある「管理」をタップします。
  4. 「このデバイスの履歴を管理」画面が開いたら、「履歴のオン/オフ」スイッチをオンにします。
  • 画面下部の4つのアイコンのうち、左から2番目の「人型」アイコンをタップします

  • 画面をスクロールした中ほどにある「アカウントサービス」の「表示履歴」をタップします

  • 「閲覧した商品」画面の右上にある「管理」をタップします

  • 「このデバイスの履歴を管理」画面が開いたら、「履歴のオン/オフ」スイッチをオンにします

パソコンのWebブラウザから閲覧履歴を削除する

パソコンのWebブラウザでは、トップ画面の最下部にスクロールすると「閲覧履歴」がアイコンで表示され、さらに「閲覧履歴を表示して編集する」をクリックすると、より詳しく参照できます。ここで不要な項目を削除することも可能です。

実際の手順は以下の通りです。

  1. 画面下部の4つのアイコンのうち、左から2番目の「人型」アイコンをクリックします。
  2. 「アカウントサービス」にある「表示履歴」をクリックします。
  3. 閲覧履歴を過去に遡ってチェックできます。「表示から削除」ボタンをタップすると、その項目を削除できます(非表示にできます)。

【手順解説】パソコンのWebブラウザから閲覧履歴を削除する

  1. トップ画面を下の方にスクロールします。
  2. 最下部に「閲覧履歴」がアイコンのみで表示されますが、さらに「閲覧履歴を表示して編集する」をクリックします。
  3. 「閲覧した商品」画面が表示されます。商品ごとに「表示から削除」をクリックすると、閲覧履歴を個別に削除できます。
  4. 操作した商品は「削除されました」と表示されたままになりますが、ブラウザをリロード(再読み込み)すると完全に消えます。
  • トップ画面を下の方にスクロールします

  • 最下部に「閲覧履歴」がアイコンのみで表示されますが、さらに「閲覧履歴を表示して編集する」をクリックします

  • 「閲覧した商品」画面が表示されます。商品ごとに「表示から削除」をクリックすると、閲覧履歴を個別に削除できます

  • その商品に「削除されました」と表示されたままになりますが、ブラウザをリロード(再読み込み)すると完全に消えます

パソコンで閲覧履歴をまとめて削除するには

パソコンのWebブラウザからこれまでの閲覧履歴をまとめて削除することもできます。実際の手順は、以下の通りです。

  1. 上記[1]~[2]の操作で「閲覧した商品」画面を表示したら、右上の「履歴と管理」をクリックします。
  2. その下に「履歴を管理」が表示されたら、「表示からすべての商品を削除する」ボタンをクリックします。
  3. 確認ダイアログが表示されるので、「表示からすべての商品を削除します」をクリックするとすべて削除されます。
  • 上記[1]~[2]の操作で「閲覧した商品」画面を表示したら、右上の「履歴と管理」をタップします

  • その下に「履歴を管理」が表示されたら、「表示からすべての商品を削除する」ボタンをクリックします

  • 確認ダイアログが表示されるので、「表示からすべての商品を削除します」をクリックするとすべて削除されます

パソコンで閲覧履歴を残さないようにするには

パソコンのWebブラウザからも、スマートフォンのアプリと同様に、閲覧履歴を保持する機能をオフにすることが可能です。手順は以下のとおりです。

  1. 上記[1]~[2]の操作で「閲覧した商品」画面を表示したら、右上の「履歴と管理」をクリックします。
  2. 「履歴を管理」にある「閲覧履歴のオン/オフ」のスイッチをクリックしてオフにします。
  • 上記[1]~[2]の操作で「閲覧した商品」画面を表示したら、右上の「履歴と管理」をタップします

  • 「履歴を管理」にある「閲覧履歴のオン/オフ」のスイッチをクリックしてオフにします。

なお、上記方法でオフにした「閲覧履歴」機能を、再びオンに戻す手順は以下の通りです。

  1. トップ画面の最下部にある「閲覧履歴」から「閲覧履歴を表示して編集する」をクリックします。
  2. 「閲覧した商品」画面が表示されたら、右上にある「履歴を管理」をクリックします。
  3. 「履歴を管理」にある「閲覧履歴のオン/オフ」スイッチをクリックしてオンにします。
  • トップ画面の最下部にある「閲覧履歴」から「閲覧履歴を表示して編集する」をクリックします

  • 「閲覧した商品」画面が表示されたら、右上にある「履歴を管理」をクリックします

  • 「履歴を管理」にある「閲覧履歴のオン/オフ」スイッチをクリックしてオンにします

【記事更新】情報を2021年8月19日時点のものに更新しました(2021年8月19日)