オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは9月6日、パイオニアブランドのブルーレイディスクプレーヤー「BDP-X300(B)」を発表した。10月上旬より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は45,000円前後(税別)。

BDP-X300

背面端子

BDP-X300は、音質を重要視して設計されたハイレゾ対応のブルーレイディスクプレーヤー。USBメモリに保存した192kHz/24bitまでのWAV、FLAC、ALACや、2.8MHzまでのDSDをサポートする。

電源基板はエンボス加工を施したシールドケースに収納し、定在波制御インシュレーターと合わせてノイズや共振を抑制する。新開発の「HQ SOUND」により、HDMI接続で信号を送る際に映像信号をミュートし、接続したAVアンプにおいてビデオ信号がオーディオ信号に影響するのを防ぐ。

4K/24pへのアップスケーリング機能を搭載。4K/24p対応のテレビとHDMI接続すると、フルHD(1080/24p)の映像コンテンツを自動で4K/24pにアップスケールしてくれる。DVDコンテンツのアップスケールも可能だ。また、「Miracast」対応スマートフォンを接続すれば、保存されている写真や映像をテレビなどで再生できる。

再生可能メディアは、BD-ROM(BDMV)、BD-R/RE(BDMV、BDAV)、BD-R DL、BD-RE DL(BDMV、BDAV)、BD-R LTH(BDMV、BDAV)、DVD-VideoおよびDVD-R/RW(ビデオモード、VRモード)、DVD-R DL(ビデオモード、VRモード)、DVD+R/+RW(ビデオモード)、DVD+R DL(ビデオモード)、CDおよびCD-R/RW(音楽CDフォーマット)、SACD、AVCRECディスク、AVCHDディスク、USBメモリ。

そのほか、スマートフォンやタブレットでBDP-X300の基本操作が行える専用アプリ「iControlAV5」も用意。パイオニアブランドのAVアンプとHDMI接続することで、さまざまなコンテンツを高画質再生できる「ストリームスムーサーリンク」や、高音質で再生する「サウンドレトリバーリンク」にも対応する。

インタフェースは、HDMI出力×1、アナログ出力×1、同軸デジタル出力×1、光デジタル出力×1、有線LAN×1、USB×2。本体サイズはW435×D250×H63mm、重量は2.3kg。