「レンズ」最新記事一覧

キヤノン、ニコンなどの純正モデルからシグマ、タムロンまで交換レンズの情報はここでチェック。

関連キーワード

ヘッドライン

「PENTAX KP」夜景撮影レビュー - 高感度性能と強力な手ブレ補正が圧倒的

対応最高感度ISO819200。他社の同クラス新製品が最高感度ISO12800を謳っている中にあって、「PENTAX KP」のそれは衝撃的なフレーズだった。そして、CP+2017レポート記事の「リコー広報によれば、1/10秒でも手持ちで撮れます」という一文も、半信半疑的な意味合いも含めて話題となった。今回は、それら事前情報を検証すべく、PENTAX KP実機で夜景撮影に臨んだ。

[12:00 3/24]

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」レビュー - 水滴の中の風景も撮れる超接写体験

花や昆虫、アクセサリーなど小さなものの接写に欠かせないマクロレンズ。近ごろは等倍を超える、撮影倍率が非常に高い製品も増えてきた。今回使ったのは、強力なマクロレンズのひとつ、オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」。クラス最高の撮影倍率2.5倍でどんな写真が撮れるのか、実写レビューをお伝えしよう。

[09:00 3/18]

「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM」は4月7日発売、価格も決定

シグマは、35mmフルサイズ対応の単焦点レンズ「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM」の発売日を、4月7日に決定した。価格は175,000円(税別)。シグマのレンズプロダクトライン「Art」に属する単焦点レンズで、製品自体は2月21日に発表していたもの。レンズパワー配置の最適化により色収差を抑え、高い解像力で描写するという。

[18:47 3/17]

CP+2017 - カールツァイスは超広角レンズ、フォクトレンダーはソニーEマウント用を3本

CP+2017のコシナブースは、今年もカールツァイスとフォクトレンダーに分割した展示。カールツァイスからは一眼レフ用マニュアルフォーカスレンズの「Milvus」(ミルバス)シリーズ、フォクトレンダーはソニーEマウント用のフルサイズ対応レンズが展示されていた。

[00:03 2/27]

CP+2017 - シグマ、未発売のフルサイズ対応レンズ4本を展示

CP+2017のシグマブースでは、先日発表されたフルサイズ対応のレンズ(4本)が展示されていた。これら4本のレンズは、今回のCP+2017で初めて一般に公開されるレンズだ。

[17:42 2/25]

CP+2017 - タムロン、期待の「SP 70-200mm F/2.8」「10-24mm F/3.5-4.5」

CP+2017のシタムロンブースでは、先日発表された「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)」、「10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD (ModelB023)」を試用できた。

[17:22 2/25]

CP+2017 - トキナー、ソニーEマウントフルサイズ用の20mm F2単焦点レンズ

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中のCP+2017、ケンコートキナーブースのトキナーコーナーでは、発売されたばかりのレンズ「FiRIN 20mm F2 FE MF」が展示されていた。

[17:02 2/25]

リコー、CP+2017で「PENTAX KP」の高感度性能アピール

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。リコーブースでは、驚異のISO感度819200に対応した一眼レフ「PENTAX KP」、360°全方位カメラの元祖にして圧倒的人気を誇る「THETA」(シータ) を中心に展示している。

[21:03 2/24]

CP+2017 - オリンパス自信作「OM-D E-M1 Mark II」をあらゆる角度から体験

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。オリンパスブースでは、フラッグシップモデル「OM-D E-M1 Mark II」を集中的に展示していた。

[16:50 2/24]

CP+2017 - ソニー、最新「FE 100mm STF GM」で美ボケ・ポートレート試写

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。ソニーはキヤノン、ニコンよりも大きな会場最大のブース面積で、「α」シリーズにかける本気度を示した。

[16:42 2/24]

CP+2017 - パナソニック「LUMIX GH5」のスゴさに鳥肌、6K PHOTOを体験可

パシフィコ横浜で2月23日から開催中の「CP+2017」。初日から多くの人でにぎわっているパナソニック・LUMIXのブースを紹介しよう。最新のLUMIXや交換レンズをタッチ&トライできるほか、同社の推す4K動画や新しい「6K PHOTO」の楽しみ方も学べる内容となっている。

[11:28 2/24]

CP+2017 - キヤノン、発売前の「EOS M6」タッチ&トライを実施

2月23日からパシフィコ横浜でパシフィコ横浜で開催されているカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」。本稿では、キヤノンのブースの様子をお届けする。同社のEOSシステムは今年で30周年を迎える。

[10:20 2/24]

パナソニック「LUMIX GH5」インプレッション - 決定的瞬間を高画素で切り取る「6K PHOTO」の実力

パナソニックから、同社ミラーレス最上位機「LUMIX GH5」が発表された。2014年発売の「LUMIX GH4」の後継機にあたり、機能や操作性、画質などあらゆる部分が向上。特に、4K/60pの動画をクロップなしで撮影できることや、4:2:2 10bitの4K本体記録、6K PHOTO対応などは大きな進化だ。

[09:00 2/24]

CP+2017 - 富士フイルム、中判ミラーレス「GFX」に長蛇の列、チェキからフォトブックまで写真文化を総合力で支える

CP+2017の富士フイルムフジフイルムブースでは、話題の中判ミラーレスカメラ「GFX 50S」が大人気。初日の午前中(プレス&招待者のみ)にも関わらず、タッチ&トライコーナーは60分待ちを超えたほど。

[22:06 2/23]

富士フイルムのXシリーズ用レンズ、2018年に超広角と望遠短焦点を投入

富士フイルムは22日、同社のデジタルカメラ「Xシリーズ」用の交換レンズ「Xマウントレンズ」の最新ロードマップを公開した。動画撮影に最適な新シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」など、4本の新製品を計画している。

[20:37 2/22]

ソニー「α6500」実写レビュー - フルサイズ対応レンズを付ければ、まるでイメージセンサー付きテレコン

ソニーから2016年末に発売された「α6500」(ILCE-6500)。有効2,420万画素のAPS-Cセンサーを搭載し、光学式の5軸手ブレ補正 (5段分) もあり。α99 IIと同じく画像処理エンジン「BIONZ」に「フロントエンドLSI」を組み合わせるなど、NEX時代からの系譜も込みで考えると、完成形の雰囲気がある。

[09:00 2/22]

シグマ、大口径標準ズームレンズ「SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM」

シグマは21日、大口径標準ズームレンズ「SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM」を発表した。対応マウントはシグマ用 / ニコン用 / キヤノン用の3種を用意。発売日と価格は未定。

[20:12 2/21]

シグマ、ポートレートに最適な単焦点レンズ「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM」

シグマは21日、35mmフルサイズ対応の単焦点レンズ「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM」を発表した。対応マウントはシグマ用 / ニコン用 / キヤノン用の3種を用意。発売日と価格は未定。

[20:12 2/21]

シグマ、開放F1.8の超広角単焦点レンズ「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM」

シグマは21日、35mmフルサイズに対応する開放F値F1.8の超広角単焦点レンズ「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM」を発表した。対応マウントはシグマ用 / ニコン用 / キヤノン用の3種を用意。発売日と価格は未定。

[20:12 2/21]

シグマ、新たな手ブレ補正の超望遠「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」

シグマは21日、超望遠ズームレンズ「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」を発表した。対応マウントはシグマ用 / ニコン用 / キヤノン用の3種を用意。発売日と価格は未定。

[20:11 2/21]

タムロン、コーポレートロゴを変更 - 技術力・信頼性・存在感を表現

一眼レフカメラ用の交換レンズで知られるタムロンが、2月20日にコーポレートロゴの変更を発表した。同日から順次、使用を開始していく。

[18:54 2/20]

シグマ、最大2万円のレンズキャッシュバックキャンペーン

シグマは2月24日から、対象の同社製交換レンズを購入したユーザーに、最大20,000円をキャッシュバックする「SIGMA レンズキャッシュバックキャンペーン」を実施する。

[19:35 2/17]

マイクロフォーサーズ準拠の250°魚眼レンズ「Entaniya Fisheye 250 MFT」

フラッシュバックジャパンは17日、マイクロフォーサーズ用250度魚眼レンズ「Entaniya Fisheye 250 MFT」シリーズ(3モデル)を発表した。価格は全モデルとも419,040円(税込)。

[18:41 2/17]

ニコン、2013年発売の「D5300」に新レンズキット - AF-P 18-55 VRが付属

ニコンは2月17日、デジタル一眼レフカメラ「D5300」の新レンズキット、「D5300 AF-P 18-55 VR キット」と「D5300 AF-P ダブルズームキット」を発売した。価格はオープンで、市場価格は、前者が75,600円前後、後者が91,800円前後 (ともに税込)。

[16:55 2/17]

オリンパス、M.ZUIKO PREMIUMレンズ購入者に最大10,000円キャッシュバック

オリンパスは2月23日より、「M.ZUIKO PREMIUMレンズ キャッシュバックキャンペーン」を実施する。対象購入期間は3月31日まで。対象製品の購入者にJCBギフトカードにて最大10,000円のキャッシュバックを行う。

[16:30 2/17]

キヤノン、新たな手ブレ補正機構で小型化した標準ズーム「EF-S18-55mm」

キヤノンは15日、EOSシリーズ用の標準ズームレンズ「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM」を発表した。4月上旬より発売する。価格は36,000円(税別)。

[18:24 2/15]

富士フイルム、中判ミラーレス「GFX 50S」の発売日決定

富士フイルムは、中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」と3本の「フジノンGFレンズ」の発売日を、2月28日に決定した。

[16:11 2/15]

キヤノン、大進化したエントリー系一眼レフ「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」

キヤノンマーケティングジャパンは15日、撮像素子にAPS-CサイズのCMOSセンサーを採用したデジタル一眼レフカメラの新モデルとして、「EOS 9000D」と「EOS Kiss X9i」を発表した。いずれも4月上旬から発売し、価格はオープン。

[13:00 2/15]

ソニー「FE 85mm F1.8」、ポートレート向きの中望遠単焦点レンズ

ソニーは2月8日、Eマウント対応の大口径中望遠単焦点レンズ「FE 85mm F1.8」(SEL85F18) を発表した。4月の発売を予定しており、希望小売価格は税別74,000円。

[17:51 2/8]

レンズ バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>デジカメ>レンズ)

レンズ トップへ
キヤノン、ニコンなどの純正モデルからシグマ、タムロンまで交換レンズの情報はここでチェック。

人気記事

一覧

新着記事