「レンズ」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

Photokina 2016、タムロンブースで望遠ズーム新作「SP 150-600mm」を構える

ドイツ・ケルンにて9月25日まで開催中の写真・映像イベント「Photokina 2016」。タムロンはリリースしたばかりの「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2」をブースに展示。来場者の多くがこの長玉を構えて試写していた。

[18:36 9/25]

オリンパス、最大撮影倍率2.5倍のマクロレンズ「30mm F3.5 Macro」

オリンパスは9月20日、マイクロフォーサーズ規格のマクロレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」を発表した。11月下旬の発売を予定しており、希望小売価格は税別37,500円。

[00:41 9/24]

写真で見る、富士フイルム「GFX」 - 中判システムながらコンパクトな設計

富士フイルムはドイツ・ケルンで開催中のPhotokina会場にて日本のプレス向けに、中判のミラーレスカメラシステム「GFX」についての説明会を開催した。

[17:53 9/23]

オリンパス「OM-D E-M1 Mark II」発表イベントレポート - 実機写真22点掲載

世界最大級の写真関連展示会「photokina 2016」の前日イベントでオリンパスは、マイクロフォーサーズ規格のミラーレスカメラ「OM-D E-M1 Mark II」の開発を発表した。年内にも発売する予定である。

[09:00 9/22]

ニコン初のアクションカメラ - 防水・防塵・耐寒などタフな3モデル

ニコンイメージングジャパンは20日、同社初のアクションカメラ「KeyMission 360」、「KeyMission 170」、「KeyMission 80」の3モデルを発表した。10月28日に発売する。価格はオープンで、店頭予想価格(税込み)は360が65,000円前後、170が51,000円前後、80が35,000円前後。

[21:56 9/21]

パナソニック、1.0型センサー搭載のコンデジ「LUMIX DMC-LX9」

パナソニックは、F1.4-2.8レンズと1.0型センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-LX9」を発表した。発売予定日は11月17日で、価格はオープン。店頭予想価格は、税込み88,000円前後。

[18:23 9/21]

パナソニック、光学20倍ズームの「LUMIX DMC-FZH1」

パナソニックは、1.0型センサーと光学20倍(24mm-480mm)レンズを搭載したレンズ一体型デジタルカメラ「LUMIX DMC-FZH1」を発表した。発売予定日は11月17日で価格はオープン。店頭予想価格は税込み160,000円前後。

[18:18 9/21]

富士フイルム、中判ミラーレス「GFX」を開発 - フルサイズの1.7倍センサー

富士フイルムは9月20日、43.8×32.9mmのイメージセンサーを搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」を開発発表した。新たな「フジノンGFレンズ」6本とともに「GFX」と呼ばれるカメラシステムを構成する。同社はGFX製品群を2017春から順次発売する計画だ。

[16:01 9/21]

パナソニック、Photokina 2016で6K PHOTO対応の「LUMIX GH5」を参考展示

世界最大の写真関連展示会「Photokina 2016」がドイツ・ケルンで9月20日から開幕した。会期前日の19日には、パナソニックがプレスカンファレンスを開催し、「6K PHOTO」の撮影に対応した「LUMIX GH5」の開発発表をしたほか、デジタルカメラの新製品3機種を発表した。

[00:49 9/21]

オリンパス、「OM-D E-M1 Mark II」を2016年内に発売 - Photokina 2016

オリンパスは9月19日 (ドイツ時間)、ドイツ・ケルンで行われる「Photokina 2016」の開催前日カンファレンスにおいて、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M1 Mark II」の開発が進行中であることを発表した。

[06:45 9/20]

シグマ、ハイエンド大口径望遠短焦点「SIGMA 500mm F4 DG OS HSM|Sports」

シグマは20日、焦点距離500mmの大口径望遠レンズ「SIGMA 500mm F4 DG OS HSM|Sports」を発表した。対応マウントはシグマ用 / ニコン用 / キヤノン用の3種を用意。発売日と価格は未定。

[03:00 9/20]

シグマ、3代目となる超広角ズームレンズ「SIGMA 12-24mm F4 DG HSM|Art」

シグマは20日、フルサイズ対応となる焦点距離12-24mmの超広角ズームレンズ「SIGMA 12-24mm F4 DG HSM|Art」を発表した。対応マウントはシグマ用 / ニコン用 / キヤノン用の3種を用意。発売日と価格は未定。

[03:00 9/20]

シグマ、大口径単焦点「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM|Art」 - 超高画素に対応可

シグマは20日、35mmフルサイズ対応となる焦点距離85mmの大口径単焦点レンズ「SIGMA 85mm F1.4 DG HSM|Art」を発表した。対応マウントはシグマ用 / ニコン用 / キヤノン用の3種を用意。発売日と価格は未定。

[03:00 9/20]

レンズ実写録 - シグマの望遠マクロ「SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM」

今回の「SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM」は、特に色収差を良好に補正したAPOモデルの望遠マクロ。独特のスペックと卓越した光学性能を持ち、2011年の発売から現在でも高い人気を保っている。

[00:00 9/20]

パナソニック、「LUMIX GH5」の開発を発表 - Photokina 2016にて

パナソニックは9月19日 (ドイツ時間)、ドイツ・ケルンで行われる「Photokina 2016」の開催前日カンファレンスにおいて、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼カメラ「LUMIX GH5」の開発を進めていることを明らかにした。同時にライカブランドを冠した高級ズームレンズ3本の開発についても発表した。

[21:38 9/19]

レンズ実写録 - シグマの標準ズーム「SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM|Art」

発売から3年近くになるが、その高画質性能はいまだに色褪せないシグマの標準ズームレンズ「SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM|Art」。今回、数日ほど持ち歩いて実写する機会をいただいたので、改めて使い勝手や画像の印象などを書いてみたい。

[16:53 9/17]

キヤノン「EOS M5」発表会 - ユーザーの不満を解消したミラーレスカメラ

キヤノンは9月15日、ミラーレスカメラの最上位モデル「EOS M5」の発表会を東京・品川のキヤノンホール Sにて開催した。EOS M5は、これまでの同社ミラーレス製品に対するユーザーの不満を一気に解消した製品であるという。

[14:44 9/16]

ソニー、Eマウントレンズで3本目となるマクロレンズ「FE50mm F2.8 Macro」

ソニーは16日、デジタルカメラ「α」シリーズのEマウント用レンズとして、35mmフルサイズ対応で等倍撮影が可能な標準マクロレンズ「FE50mm F2.8 Macro」を発表した。9月24日から発売する。価格は68,000円(税別)。

[13:45 9/16]

キヤノン、EFレンズに液晶画面を初搭載 - 「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM」

キヤノンは15日、EOSシリーズ用の望遠ズームレンズ「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM」を発表した。12月上旬の発売を予定しており、希望小売価格は72,000円 (税別)。

[19:32 9/15]

キヤノン、EOS M用に初の高倍率ズーム「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」

キヤノンは15日、ミラーレスカメラ「EOS M」シリーズ用の高倍率ズームレンズ「EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM」を発表した。11月下旬の発売を予定しており、希望小売価格は68,000円(税別)。

[18:56 9/15]

トキナー、新レンズブランド「FiRIN」始動 - 第1弾は大口径の広角単焦点

ケンコー・トキナーは13日、トキナーの新たな交換レンズブランド「FiRIN」を立ち上げ、第1弾としてフルサイズ対応のソニーEマウントレンズ「FiRIN 20mm F2 FE MF」を発表した。発売日と価格は未定。

[22:08 9/13]

タムロン製レンズを調整する「TAP-in Console」がもらえるキャンペーン

タムロンは12日、対象となる同社製レンズを所持してる人や新規購入者を対象に、「TAP-in Console」をプレゼントするキャンペーンを開始した。期間は2016年9月12日から同年12月31日まで。

[16:13 9/12]

キヤノン「EFレンズ」、累計の生産本数が1億2,000万本を突破

キヤノンのカメラ「EOS」シリーズ用となる交換レンズ「EFレンズ」が、2016年8月26日に累計の生産本数として1億2,000万本を達成した。

[16:52 9/8]

タムロン、防汚コートを施した「18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD」

タムロンは6日、防汚コートを搭載した高倍率ズームレンズ「18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B008TS)」を発表した。キヤノン用とニコン用を用意。9月8日より発売する。価格は83,000円(税別)。

[19:13 9/6]

パナソニック、東京・秋葉原で「LUMIX」交換レンズのレンタルサービス開始

パナソニックは9月9日から、東京・秋葉原のサービス拠点「LUMIX & Let's note修理工房」において、デジタルカメラ「LUMIX」の交換レンズレンタルサービスを開始する。

[17:41 9/3]

ライカT用マクロレンズ「アポ・マクロ・エルマリート TL f2.8/60mm ASPH.」

ライカカメラは2日、「ライカT」に対応するマクロレンズ「ライカ アポ・マクロ・エルマリート TL f2.8/60mm ASPH.」を発表した。ブラックとシルバーの2色を用意。9月下旬から発売する。

[19:04 9/2]

タムロン、超望遠ズーム「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2」

タムロンは1日、フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応の超望遠ズームレンズ「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2(Model A022)」を発表した。キヤノン用とニコン用を用意し、9月23日から発売する。価格は160,000円(税別)。

[19:31 9/1]

タムロン製レンズの焦点距離を1.4倍・2倍に伸ばすテレコンバーター

タムロンは1日、同社のレンズ専用に設計されたテレコンバーター(2モデル)を発表した。キヤノン用とニコン用を用意。9月23日から発売する。価格はともに56,000円(税別)。

[19:31 9/1]

EOS 5D Mark IVのタッチ&トライと人気写真家の講演がたまらない - FIVE GRAPHY EOS 5Dシリーズ スペシャルセミナー

キヤノンは8月27日と28日に、東京都・品川のCANON S TOWERにて「FIVE GRAPHY EOS 5Dシリーズ スペシャルセミナー」を開催。8月25日発表の「EOS 5D Mark IV」をタッチ&トライできるうえ、人気写真家によるスペシャルセミナーも用意されるとあって、会場は開始早々から新型5Dを待ちわびていた人たちで大盛況。その様子をお伝えしよう。

[16:44 8/28]

富士フイルム、防塵防滴でAFも高速な広角単焦点レンズ「XF23mmF2 R WR」

富士フイルムは25日、ミラーレスカメラ「Xシリーズ」の交換レンズとして、焦点距離23mmの広角単焦点レンズ「フジノンレンズ XF23mmF2 R WR」を発表した。ブラックとシルバーの2色を用意。10月6日から発売する。価格は62,000円(税別)。

[20:20 8/25]

レンズ バックナンバー

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>デジカメ>レンズ)

レンズ トップへ
キヤノン、ニコンなどの純正モデルからシグマ、タムロンまで交換レンズの情報はここでチェック。

人気記事

一覧

新着記事

芸能人×一般人が”サシ”でトーク! 新番組『テレ東のさしめし』
[14:00 9/30] エンタメ
海原やすよともこ「お金に目をくらませない」『どこいこ!?』人気の秘密
[14:00 9/30] エンタメ
石原さとみ、1億円持ち上げられるか!? "おでんふーふー"にスタッフメロメロ
[14:00 9/30] エンタメ
新番組で政界進出を狙う武井壮に、ブラマヨ小杉「野心が見えて仕方ない」
[13:30 9/30] エンタメ
IEEE 802.3bz登場、ネットワークが最大5倍高速化
[13:30 9/30] 企業IT