「レンズ」最新記事一覧

関連キーワード

ヘッドライン

ニコン、美しいボケ表現の中望遠単焦点「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」

ニコンイメージングジャパンは7月27日、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフ対応の大口径中望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED」を発表した。発売は8月26日で、価格は240,000円(税別)。

[17:56 7/27]

ニコン、「NIKKOR」レンズの累計生産本数が1億本を達成

ニコンは、「NIKKOR」(ニッコール)レンズの累計生産本数が、2016年6月に1億本を達成したと発表した。

[14:52 7/27]

「PENTAX K-1」実写レビュー - 3本の高画質レンズで試すフルサイズ描写

今回は、4月末に発売されて大いに注目を集めたフルサイズセンサー搭載一眼レフ「PENTAX K-1」のレビューをお届けする。といっても、本誌ではすでに永山昌克氏の正鵠を射た実機レビューが掲載されているので、機能面の詳細はそちらに譲り、ここでは実写作例をもとに話を進めたい。

[18:10 7/25]

ソニー、フルサイズ対応Eマウントの大口径「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」

ソニーは22日、35mmフルサイズ対応の「α」シリーズEマウント用レンズとして、ZEISSブランドとなる焦点距離50mmの大口径標準単焦点レンズ「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」(SEL50F14Z)を発表した。7月29日から発売し、価格は190,000円(税別)。

[13:05 7/22]

キヤノン、カメラとレンズの新メンテナンスサービス - 測定器による調整も

キヤノンのレンズ交換式デジタルカメラ、および交換用レンズ向けのメンテナンスサービスとして、7月21日から「あんしんメンテ スタンダート」と「あんしんメンテ プレミアム」の提供が始まった。

[12:26 7/21]

キヤノン、EOS M3 / M10マクロレンズキットは7月29日発売

キヤノンマーケティングジャパンは、ミラーレスカメラ「EOS M3」および「EOS M10」に「EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM」を組み合わせた「クリエイティブマクロキット」の発売日を7月29日に決定した。発表当初は7月下旬の発売予定としていた。

[16:21 7/14]

パナソニック、LUMIX交換レンズの有料レンタルと無料クリーニング

パナソニックは7月8日、「LUMIXコンシェルジュサービス」を拡充し、交換レンズの有料レンタルと「レンズクリーニングキット」の販売を新たに開始すると発表した。

[18:58 7/8]

富士フイルム、「XFレンズ」購入で最大20,000円をキャッシュバック

富士フイルムは7日、最大20,000円がキャッシュバックされる「XFレンズキャッシュバックキャンペーン」を開始した。

[15:44 7/8]

「PENTAX K-70」を7月22日発売 - 防塵防滴のスタンダードデジタル一眼

リコーイメージングは、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-70」を7月22日に、交換レンズ「HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE」を8月5日に発売する。いずれも近日発売とアナウンスされていたが、このたび正式な発売日が決定した。

[12:07 7/8]

新ミラーレス「X-T2」実機による試写も! - 富士フイルム、Xシリーズ発表会

7日、富士フイルムは「X」シリーズ新製品発表会を開催。発表されたのは、ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T2」と、パワーグリップなどの関連アクセサリーだ。同時に、Xレンズのロードマップに、23mm F2、50mm F2、80mm F2.8マクロが加わることも明らかに。X-T2実機によるタッチ&トライコーナーも設けられた。

[11:55 7/8]

APS-C専用設計のミラーレス向け中望遠「SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CS」

ケンコー・トキナーは7月4日、韓Samyang Opticsの交換レンズ「SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CS」を発表した。キヤノンEF-M、富士フイルムX、ソニーE、マイクロフォーサーズという4種類のマウント用をラインナップ。7月22日より発売する。推定市場価格は75,000円前後(税別)。

[17:18 7/5]

レンズベビー、渦巻き状のボケが得られるマニュアルレンズ「Twist 60」

ケンコー・トキナーは1日、米レンズベビー製の交換レンズユニット「Twist 60」を発表した。7月22日から発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は41,000円前後(税別)。

[16:23 7/1]

キヤノン、カメラとレンズの点検サービス「あんしんメンテ」

キヤノンマーケティングジャパンは、レンズ交換式デジタルカメラや交換用レンズのメンテナンスサービス「あんしんメンテ」を、7月21日から開始する。

[17:33 6/29]

オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット

オリンパスは6月29日、ミラーレス一眼カメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II」に大口径レンズ「[M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」を組み合わせた「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II 12-40mm F2.8 レンズキット」を発表した。発売は7月8日。価格はオープンで、推定市場価格は税別166,000円前後。ボディカラーはブラックとシルバーの2色。

[12:40 6/29]

オールドレンズを各社ミラーレスカメラに装着するマウントアダプター

ケンコー・トキナーは6月25日、オールドレンズを各社の最新ミラーレスカメラに装着する「ケンコー マウントアダプター」のラインナップに、コンタックス/ヤシカ マウントレンズ用およびキヤノンFDマウントレンズ用を追加した。希望小売価格は、コンタックス/ヤシカ マウントレンズ用が17,800円、キヤノンFDマウントレンズ用が18,800円(いずれも税別)。

[12:09 6/28]

フジの超望遠レンズで頭上の自衛隊機を撮る! - 「X-Pro2」+「XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」+「x1.4テレコン」

レンズ交換式カメラを手に入れたら、一度は使ってみたいのが超望遠レンズ。そこで今回は、富士フイルム「X-Pro2」に「フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」を装着して、飛行機撮影にチャレンジした。さらにx1.4のテレコンバーターも使用。すると、高速で飛行する航空機がここまで写る!

[11:58 6/27]

コンパクトな大口径レンズを同梱した「ライカTブラック 23mmセット」

ライカカメラジャパンは、APS-CサイズのCMOS センサーを搭載したミラーレスカメラ「ライカT」と、コンパクトな大口径レンズ「ライカ ズミクロンT f2/23mm ASPH.」をセットにした「ライカTブラック 23mmセット」を6月30日に発売する。限定50セットで、価格は税込321,840円。

[19:55 6/24]

パナソニック、12mm/F1.4の広角単焦点「LEICA DG SUMMILUX」レンズ

パナソニックは6月15日、マイクロフォーサーズ規格の広角単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 12mm / F1.4 ASPH.」を発表した。LUMIX Gレンズとして27本目の新製品となる。7月15日の発売を予定しており、希望小売価格は税別180,000円。

[14:00 6/15]

ペンタックス、Kマウント用の小型望遠「DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE」

リコーイメージングは6月9日、Kマウントのデジタルカメラに対応する小型望遠ズームレンズ「HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE」を発表した。近日発売を予定しており、価格はオープン。推定市場価格(税込)は60,000円台前半。

[19:58 6/9]

ソニーEマウントのフルサイズ機用のデジタル接写リングセット

ケンコー・トキナーは6月10日に、ソニーEマウント・フルサイズ機対応版の「デジタル接写リングセット」を発売する。カメラのボディとレンズ間に取り付けて、レンズの最短撮影距離を短くする機器だ。価格は18,800円(税別)。

[16:39 6/6]

フルサイズミラーレス「ライカSL」とライカレンズの同時購入で40000円引き

ライカカメラジャパンは2016年6月30日まで、フルサイズCMOSセンサーを搭載したミラーレスカメラ「ライカSL」のキャンペーンを実施する。ライカSLと、現行のライカMレンズ、またはライカT/TL用レンズを同時に購入すると、40,000円引きとなる。

[23:05 6/3]

富士フイルム、ミラーレスカメラ「Xシリーズ」用の2倍テレコンバーター

富士フイルムは19日、ミラーレスカメラ「Xシリーズ」用となる交換レンズのラインアップとして、主レンズの焦点距離を2倍に拡大するテレコンバーター「フジノン テレコンバーター XF2X TC WR」を発表した。6月16日から発売し、価格はオープン、推定市場価格は54,500円前後(税別)。

[17:55 5/19]

「PENTAX K-1」にシグマ製レンズを装着するとカメラ側にすり傷が付く不具合

シグマは11日、同社製のペンタックス用交換レンズ(一部)を「PENTAX K-1」で使用すると、カメラ本体のレンズマウント上方にすり傷が付くことを明らかにした。

[15:12 5/12]

キヤノン、EOS M向けに初のマクロレンズ - LEDライト内蔵

キヤノンは5月11日、EOS Mシリーズ向けのEF-Mレンズとして初のマクロレンズ「EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM」を発表した。6月下旬の発売を予定しており、希望小売価格は税別45,000円。

[13:00 5/11]

タムロン、フルサイズ向け「SP 35mm F/1.8」「SP 45mm F/1.8」のソニー用

タムロンは、フルサイズデジタル一眼レフカメラ対応の大口径広角レンズ「SP 35mm F/1.8 Di VC USD(Model F012)」と、と大口径標準レンズ「SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)」のソニー用を5月12日に発売する。希望小売価格(税別)はいずれも90,000円。

[18:06 4/28]

ソニー「FE 85mm F1.4 GM (SEL85F14GM)」実写レビュー

「この解像、イエスだね!」。「FE 85mm F1.4 GM (SEL85F14GM)」でのファーストショット直後の純粋な感想だ。解像感が単純にスゴイ。フォーカス部がやたらとシャープ。そんな大口径単焦点レンズを今回はチェックしていこう。

[17:30 4/27]

ソニー「FE 24-70mm F2.8 GM (SEL2470GM)」実写レビュー

ソニーの「FE 24-70mm F2.8 GM (SEL2470GM)」は、フルサイズEマウントユーザー待望のF2.8通し標準ズームレンズだ。「G Master」のシリーズ名を冠したハイエンド仕様であり、国内発表直後から予約が殺到。本記事掲載時点で納品まで2~3カ月待ちなのだという。

[18:43 4/26]

キヤノン「EOS 80D」実写レビュー - 視野率は100%に、AFは45点測距に進化

キヤノン「EOS 80D」は、ホビーユーザーを中心にプロからアマチュアまでの幅広い層をターゲットにした一眼レフカメラだ。2013年に発売されたミドルクラス機「EOS 70D」の後継であり、画質と機能、操作性にさらに磨きをかけている。

[14:00 4/25]

PENTAX K-1、4月28日に発売決定

リコーイメージングは、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」の発売日を4月28日に決定したことを明らかにした。価格はオープンで、推定市場価格は税込278,000円前後。発表当初は4月下旬の発売予定としていた。

[12:45 4/12]

ソニー、50mm単焦点レンズ「FE 50mm F1.8」

ソニーは4月8日、35mmフルサイズ対応のEマウントレンズ「FE 50mm F1.8」を発表した。4月28日の発売を予定しており、希望小売価格は税別38,000円。

[10:30 4/8]

レンズ バックナンバー

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>デジカメ>レンズ)

レンズ トップへ
キヤノン、ニコンなどの純正モデルからシグマ、タムロンまで交換レンズの情報はここでチェック。

人気記事

一覧

新着記事

KDDI、VoLTE対応の「かんたんケータイ」30日発売 - 32,400円
[21:32 7/28] スマホとデジタル家電
岡田准一、丸眼鏡かけ船上で凛とした表情! 『海賊とよばれた男』初映像公開
[21:30 7/28] エンタメ
楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
[松田翔太]オダギリジョーと蒼井優の“人見知り”にボヤキ 「全然しゃべってくれない…」
[20:56 7/28] エンタメ
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン