「レンズ」最新記事一覧

キヤノン、ニコンなどの純正モデルからシグマ、タムロンまで交換レンズの情報はここでチェック。

関連キーワード

ヘッドライン

カメラグランプリ2017、オリンパスが三冠獲得 - 大賞にOM-D E-M1 Mark II

カメラ記者クラブは5月19日、「カメラグランプリ2017」の選考結果を発表した。カメラグランプリは国内の写真・カメラ専門メディアの担当記者で構成するカメラ記者クラブが主催する年間アワード。今年度はオリンパスの製品が大賞、レンズ賞、あなたが選ぶベストカメラ賞の三部門を受賞した。

[17:47 5/19]

ソニー「Gマスター」レンズ、16-35mmの広角ズーム「FE 16-35mm F2.8 GM」

ソニーは19日、35mmフルサイズ対応のEマウント用Gマスターレンズ「FE 16-35mm F2.8 GM」を発表した。焦点距離は16~35mm、開放絞りはズーム全域でF2.8、最短撮影距離は0.28m~、フィルター径は82mm、長さは約121.6mm、重さは約680g。8月から発売し、価格は295,000円(税別)。

[16:02 5/19]

ソニー、35mmフルサイズ対応の超広角Gレンズ「FE 12-24mm F4 G」

ソニーは19日、35mmフルサイズ対応のEマウント用Gレンズ「FE 12-24mm F4 G」を発表した。焦点距離は12~24mmで、開放絞りはズーム全域でF4、最短撮影距離は0.28m~、長さは約117.4mm、重さは約565g。フィルターは装着できない仕様。7月から発売し、価格は220,000円(税別)。

[16:01 5/19]

キヤノン「EF24-105mm F4L IS II USM」の一部に不具合 - 無償修理を受付

キヤノンは5月17日、デジタル一眼レフカメラ「EOS」シリーズ用の交換レンズ「EF24-105mm F4L IS II USM」の一部製品に不具合が発生したことを受け、保証期間に関わらず、無償で修理することをユーザーに告知した。不具合の内容は、ズームを広角側にした際に周辺のAFフレームにおいて正しくピントが合わないことがある、というもの。

[18:19 5/18]

キヤノン「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」は6月29日発売に

キヤノンマーケティングジャパンは、マクロレンズ「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」の発売日を6月29日に決定した。発表当初は5月下旬の発売を予定していたが、生産上の都合により約1カ月のずれが生じた。キヤノンオンラインショップにおける販売価格は税別46,750円。

[17:50 5/18]

ソニー、ミラーレス「α7 II」シリーズやレンズを買うと最大3万円バック

ソニーは5月19日から、「α 7 II」シリーズとEマウント交換レンズの購入者を対象にしたキャッシュバック、「αプレミアムキャンペーン」を発表した。期間は5月19日~7月31日。カメラ本体コースとレンズコースに分かれており、カメラ本体コースでは最大30,000円、レンズコースでは最大10,000円のキャッシュバックが受けられる。

[15:22 5/17]

キヤノン「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」実写レビュー - 内蔵LEDライトのギミックもいいが、描写も絞り開放から良好

キヤノン「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」はAPS-Cサイズ機専用のEF-Sレンズシリーズにおいて2本目となるマクロレンズ。35mmフルサイズに換算して56mmに相当する標準マクロで、最大撮影倍率は1倍 (等倍)。2016年6月に発売されたミラーレスカメラ用のEF-M28mm F3.5 マクロ IS STMと同様、レンズ先端部にLEDライトを内蔵しているのが特徴だ。

[09:00 5/11]

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」レビュー - 暗所でも被写体が止まるF1.2の高速レンズ

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」は、同社ミラーレス用レンズでは最も明るい開放値F1.2を実現した単焦点レンズ。薄暗いシーンでも速いシャッターが使えるほか、明るいレンズならではのボケ表現が見どころだ。その写りや使い勝手はどうなのか。実写レビューをお伝えしよう。

[17:51 4/28]

ニコンのレンズ、1,000円で借りてお試し

ニコンイメージングジャパンは、ニコンプラザ新宿/名古屋/大阪の各ショールームにて「カメラ&レンズお試しサービス」を5月6日より開始する。ニコン製品の購入検討者は同サービスを利用することで、1日1,000円でカメラとレンズをレンタルして試用できる。

[15:37 4/28]

ソニー「α9」、別次元のスピード性能を体験 - フルサイズ秒間20コマの無音連写は真のデジタル時代を象徴か

ソニーが4月21日に発表した「α9」は、有効約2,420万画素の35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラだ。4月27日から予約を開始し、5月26日の発売予定、推定市場価格は500,000円前後(税別)となっている。報道向けに説明会&体験会も開催され、わずかな時間だが実機に触れることができたので、説明会の内容とともにお伝えしよう。

[00:00 4/24]

ソニー、「G Master」に超望遠ズーム「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」

ソニーは4月21日、高級レンズラインナップ「G Master」の35mmフルサイズ対応Eマウント用新モデルとして、超望遠ズームレンズ「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」(SEL100400GM)を発表した。7月の発売を予定する。メーカー希望小売価格は320,000円(税別)。

[15:34 4/21]

富士フイルム、GFX用の超広角レンズ「GF23mmF4 R LM WR」

富士フイルムは19日、「GFX」シリーズ用の超広角レンズ「フジノンレンズ GF23mmF4 R LM WR」を発表した。発売は6月で、希望小売価格は339,000円(税別)。焦点距離18mm相当(35mm判換算)の超広角レンズ。開放F値は4.0で、自然風景や建築物の撮影などに適している。レンズ構成は12群15枚で、非球面レンズ2枚、スーパーEDレンズ1枚、EDレンズ3枚などで構成。

[10:39 4/20]

富士フイルム、GFX用の大口径中望遠レンズ「GF110mmF2 R LM WR」

富士フイルムは19日、「GFX」シリーズ用の中望遠レンズ「フジノンレンズ GF110mmF2 R LM WR」を発表した。発売は6月で、希望小売価格は359,000円(税別)。焦点距離87mm相当(35mm判換算)の大口径中望遠レンズ。開放F値が2.0と明るく、浅い被写界深度によるボケが、ポートレート撮影などに適しているという。

[10:09 4/20]

パナソニック、8-18mmの広角ズームレンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT」

パナソニックは19日、マイクロフォーサーズ規格の広角ズームレンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm/F2.8-4.0 ASPH.」(品番 : H-E08018)を発表した。5月25日の発売を予定しており、希望小売価格は税別158,000円。

[16:49 4/19]

キヤノン「EOS M6」実写レビュー - スナップがサクサク捗る軽快ミラーレス

キヤノン「EOS M6」は、APS-Cサイズの有効2,420万画素センサーを搭載したミラーレスカメラだ。「EOS M」シリーズの中では最上位機「EOS M5」のひとつ下に位置し、機能や画質はほぼ同等ながら、よりコンパクトなボディが魅力になっている。発売は4月20日。その実写レビューをお伝えしよう。

[12:49 4/18]

タムロン、超望遠ズーム「SP 150-600mm F/5-6.3 Di USD G2」ソニー用を発売

タムロンは13日、35mmフルサイズデジタル一眼レフカメラ対応の超望遠ズームレンズ「SP 150-600mm F/5-6.3 Di USD G2 (Model A022)」のソニー用を発表した。4月27日から発売する。価格は160,000円(税別)。このレンズは2016年9月に発表されたもので、キヤノン用とニコン用はすでに発売済み。

[16:08 4/13]

キヤノン、EF-Sレンズに35mm・F2.8の単焦点マクロ

キヤノンは4月6日、単焦点マクロレンズ「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」を発表した。APS-Cサイズのセンサーを搭載したEOSシリーズ向けの「EF-Sレンズ」の新製品となる。5月下旬の発売を予定しており、希望小売価格は55,000円。キヤノンオンラインショップでは46,750円で販売される (価格はいずれも税別)。

[13:05 4/6]

「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」は4月21日発売、価格は105,000円

シグマは31日、超望遠ズームレンズ「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」の発売日を、4月21日に決定した。価格は105,000円(税別)。製品は2月21日に発表していたが、このたび発売日が4月21日になったことを正式にアナウンスした。対応マウントはシグマ用 / ニコン用 / キヤノン用を用意。

[14:54 3/31]

キヤノン、EOS 9000DとEOS Kiss X9iを4月7日に発売

キヤノンマーケティングジャパンは、エントリー向けデジタル一眼レフカメラの新製品「EOS 9000D」と「EOS Kiss X9i」の発売日を4月7日に決定した。キヤノンオンラインショップにおけるボディ単体の価格 (以下すべて税別) は、EOS 9000Dが107,500円、EOS Kiss X9iが97,500円。EF-S18-135 IS USM レンズキット、ダブルズームキットも同時に発売する (価格は後述)。

[13:30 3/31]

キヤノン「EOS M6」の発売日は4月20日に

キヤノンマーケティングジャパンは、ミラーレスカメラの新製品「EOS M6」の発売日を4月20日に決定した。キヤノンオンラインショップにおけるボディ単体の価格は92,500円 (税別)。EF-M15-45 IS STMレンズキット、EF-M18-150 IS STMレンズキット、ダブルズームキット、EVFキット各種も同時に発売する。

[13:30 3/31]

「PENTAX KP」夜景撮影レビュー - 高感度性能と強力な手ブレ補正が圧倒的

対応最高感度ISO819200。他社の同クラス新製品が最高感度ISO12800を謳っている中にあって、「PENTAX KP」のそれは衝撃的なフレーズだった。そして、CP+2017レポート記事の「リコー広報によれば、1/10秒でも手持ちで撮れます」という一文も、半信半疑的な意味合いも含めて話題となった。今回は、それら事前情報を検証すべく、PENTAX KP実機で夜景撮影に臨んだ。

[12:00 3/24]

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」レビュー - 水滴の中の風景も撮れる超接写体験

花や昆虫、アクセサリーなど小さなものの接写に欠かせないマクロレンズ。近ごろは等倍を超える、撮影倍率が非常に高い製品も増えてきた。今回使ったのは、強力なマクロレンズのひとつ、オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」。クラス最高の撮影倍率2.5倍でどんな写真が撮れるのか、実写レビューをお伝えしよう。

[09:00 3/18]

「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM」は4月7日発売、価格も決定

シグマは、35mmフルサイズ対応の単焦点レンズ「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM」の発売日を、4月7日に決定した。価格は175,000円(税別)。シグマのレンズプロダクトライン「Art」に属する単焦点レンズで、製品自体は2月21日に発表していたもの。レンズパワー配置の最適化により色収差を抑え、高い解像力で描写するという。

[18:47 3/17]

CP+2017 - カールツァイスは超広角レンズ、フォクトレンダーはソニーEマウント用を3本

CP+2017のコシナブースは、今年もカールツァイスとフォクトレンダーに分割した展示。カールツァイスからは一眼レフ用マニュアルフォーカスレンズの「Milvus」(ミルバス)シリーズ、フォクトレンダーはソニーEマウント用のフルサイズ対応レンズが展示されていた。

[00:03 2/27]

CP+2017 - シグマ、未発売のフルサイズ対応レンズ4本を展示

CP+2017のシグマブースでは、先日発表されたフルサイズ対応のレンズ(4本)が展示されていた。これら4本のレンズは、今回のCP+2017で初めて一般に公開されるレンズだ。

[17:42 2/25]

CP+2017 - タムロン、期待の「SP 70-200mm F/2.8」「10-24mm F/3.5-4.5」

CP+2017のシタムロンブースでは、先日発表された「SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)」、「10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD (ModelB023)」を試用できた。

[17:22 2/25]

CP+2017 - トキナー、ソニーEマウントフルサイズ用の20mm F2単焦点レンズ

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中のCP+2017、ケンコートキナーブースのトキナーコーナーでは、発売されたばかりのレンズ「FiRIN 20mm F2 FE MF」が展示されていた。

[17:02 2/25]

リコー、CP+2017で「PENTAX KP」の高感度性能アピール

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。リコーブースでは、驚異のISO感度819200に対応した一眼レフ「PENTAX KP」、360°全方位カメラの元祖にして圧倒的人気を誇る「THETA」(シータ) を中心に展示している。

[21:03 2/24]

CP+2017 - オリンパス自信作「OM-D E-M1 Mark II」をあらゆる角度から体験

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。オリンパスブースでは、フラッグシップモデル「OM-D E-M1 Mark II」を集中的に展示していた。

[16:50 2/24]

CP+2017 - ソニー、最新「FE 100mm STF GM」で美ボケ・ポートレート試写

パシフィコ横浜で2月26日まで開催中の「CP+2017」。ソニーはキヤノン、ニコンよりも大きな会場最大のブース面積で、「α」シリーズにかける本気度を示した。

[16:42 2/24]

レンズ バックナンバー

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>デジカメ>レンズ)

レンズ トップへ
キヤノン、ニコンなどの純正モデルからシグマ、タムロンまで交換レンズの情報はここでチェック。

人気記事

一覧

新着記事