「アレルギー」最新記事一覧

花粉症などに関する記事を掲載。アレルギー関連グッズ紹介も。

関連キーワード

ヘッドライン

口は命の入り口です 第13回 花粉症と合併しやすい口腔アレルギー症候群の症状を解説 - 命を落とす例も

秋口の今の時期、鼻がむずがゆかったり、鼻水やくしゃみが出て困ったりしている人はいませんか? 花粉症のつらい症状は、身体の防御反応が過敏な状態を意味しています。実は花粉症の方がある特定のフルーツや野菜を食べると、「口」が腫れたりかゆくなったりする「口腔アレルギー症候群」になることがあります。

[10:56 9/29]

目の周りのアトピーは危険! 注意すべき合併症や治療法を眼科医が解説

我慢できないほどのかゆさが特徴である皮膚疾患・アトピー性皮膚炎。顔に炎症ができると眼球にもかゆみを覚えるため、かいたりこすったりしているうちに眼球が傷つき、何らかの疾患を併発する可能性も少なくない。

[10:17 9/22]

失明のリスクもあり! アトピー性皮膚炎が招く眼合併症を眼科医が解説

皮膚にアレルギー性の炎症を起こすアトピー性皮膚炎は、強いかゆみを伴う慢性的な疾患であることが知られている。小児がなるイメージが強いかもしれないが、成人以降もその症状に苦しむ人は少なくない。そしてこのアトピー性皮膚炎は、実は重篤な目の病気を引き起こすリスクを伴う疾患でもあるのだ。

[10:16 9/21]

秋になると出る咳やかゆみ、ダニアレルゲンが原因かも!?

ダスキンはこのほど、ダニアレルゲンが秋に増加しやすいことやダニアレルギーが起きるメカニズム、アレルギーを引き起こさないための秋の掃除のポイントについて公開した。室内にいるダニの約9割を占めると言われるチリダニは、気温20~30℃、湿度60~80%で、暗くて潜り込める場所や人のフケなどのえさが豊富にある場所で繁殖しやすいという。

[15:10 9/19]

濃厚でコクがある豆乳発酵食品「チーズのような豆乳ぶろっく」が発売

チャコットが運営するカフェ「ダンスキューブ・カフェ」(東京都中央区)はこのほど、豆乳発酵食品「チーズのような豆乳ぶろっく」を発売した。同商品は、大豆本来のおいしさをそのまま生かして分離・分画する特許製法USS製法で作られた豆乳発酵食品。

[11:00 8/12]

「ダニ対策として効果がある」と主婦の5割が勘違いしている行動とは

アース製薬はこのほど、「ダニの知識と対策に関する調査」の結果を明らかにした。同調査は6月19日~20日、全国の主婦600人を対象にインターネットで実施したもの。生きたダニ駆除に効果の薄い対策方法について調査したところ、全体の76.2%が効果のない対策を「効果があること」と考えていたことがわかった。

[13:45 7/21]

北大、アレルギー性疾患に関わるグルココルチコイド受容体の分子機構を解明

北海道大学(北大)は6月29日、アレルギー性疾患の抑制に重要な役割を持つグルココルチコイド受容体(GR)の細胞内部での二量体形成などの分子動態を明らかにしたと発表した。

[15:08 6/30]

特殊カメラで撮影した部屋のハウスダスト動画が衝撃的すぎる!

エレクトロラックス ダニ対策ラボはこのほど、家の中のハウスダストを高感度カメラや特殊レーザーで撮影した「ハウスダスト 睡眠編」「ハウスダスト ベッドメイキング編」など全7本の可視化動画を公開した。動画は、無数のハウスダストの中で生活し、それらを吸い込んでいることがわかる内容となっている。

[13:59 6/22]

自分だけのソースが作れるサービスに「グルテンフリーソース」が新登場

オルターブースはこのほど、同社が運営するオリジナル調味料作成サービス「マイソースファクトリー」にて、小麦粉を使用しないグルテンフリーソースの提供を開始した。「マイソースファクトリー」は、醬油、サラダドレシング、焼肉のタレなどのディップ素材をベースソースにして、自由にカスタマイズしたオリジナルのソースを作ることができるサービス。

[14:39 6/19]

【特別企画】ママの9割がしたいけど"できていない"!? 実は気になっているアレとは

いよいよ到来した梅雨のシーズン。ふとんケアといえば、昔から"外干し"が一般的だが、悪天候が続くこの時期は外干しが難しくなる。また、最近では花粉や大気汚染、ライフスタイルや居住環境の変化に伴い、布団のお手入れをする機会が減ってきているともいわれている。そこで、マイナビニュース編集部では布団掃除の実態を調査すべく、このほどマイナビニュース会員の主婦の方301人を対象に、「布団掃除」についてのアンケートを実施。その結果を紹介しよう。

[11:00 6/8]

グルテンフリーダイエットの効果のほどを医師が解説

美容や健康への意識が高い人との会話や、女性誌の特集などで最近よく見聞きするキーワード「グルテンフリー」。グルテンとは小麦や大麦、ライ麦などの穀物に含まれるタンパク質のことで、パスタやパン、ケーキ、ドーナツなど欧米の食品を中心に多く含まれている。このグルテンがさまざまな弊害をもたらすと話題になり、グルテンフリー(グルテン抜き)の食事が注目されることになっているのをご存じだろうか。

[11:17 5/17]

プロスタグランジンD2が過度なアナフィキラシーを抑える - 東大

東京大学(東大)は4月27日、アナフィラキシー反応を起こしたマウスを用いて、マスト細胞から産生されるプロスタグランジンD2が血管透過性の急激な上昇を抑えることで、過度なアナフィラキシーを抑える働きを持つことを発見したと発表した。

[17:44 4/28]

グルテンフリーダイエットと2型糖尿病リスクの関係性とは?

グルテンフリーダイエットというフレーズを耳にしたことがある人も少なくないのではないだろうか。グルテンとは小麦や大麦などの麦類に含まれているたんぱく質の一種。グルテンフリーとは、グルテンを用いた食事をしないことを意味し、近年は一部アスリートでも実践する人が出始めている。

[11:21 3/23]

外国人がシーツを交換する頻度は? - 「どんどん臭くなる」「湿って嫌」

快適な眠りのためには、干したばかりのふかふかの布団のほかに、清潔なシーツも必要不可欠だ。しかし、シーツをどれぐらいの頻度で交換するかは個人差がありそうである。今回は、日本在住の外国人20名に「シーツの交換頻度」について聞いた。理由とあわせて紹介しよう。

[11:58 3/22]

口唇炎の治し方と予防方法を専門医が解説

紫外線やアトピー、口紅などのさまざまな原因で発症する口周りのトラブル・口唇炎。一度症状が出ると、患部を指でいじったりなめたりしてしまい、意外と完治まで時間がかかるケースもある。

[10:13 3/21]

花粉症に伴う受診を決めた理由--「自分に合った薬の処方」「不安になった」

「舌下免疫療法」という言葉を聞いたことがある花粉症の人も少なくないはずだ。2014年に公的医療保険の適用が始まったことや、対症療法にとどまらず花粉症を根本的に治せる可能性があることなどを受け、医師も推奨する治療法だ。自宅で治療可能な点がこの治療法のメリットの一つであるが、用いる薬は医療用医薬品で医師の処方なしには手に入れられない。

[11:05 3/16]

花粉症患者が行う「2017年の花粉対策」の1位はマスク、費用0円の2位は?

日本気象協会によると、2017年は九州・四国・近畿・東海地方で2016年に比べて「非常に多く」の花粉が飛散すると見込まれている。ただ、その他の地域でも気温が高かったり、風が強かったりすれば一度に大量の花粉が飛んでくる可能性があるため、油断は禁物だ。

[11:21 3/14]

花粉症患者が経験したことがある花粉対策の1位はマスク - 2位は?

花粉症で困っている人は、常に花粉対策アイテムの最新情報を求めていると言っていいだろう。そして情報を収集するにあたり、「同じく花粉症で悩む人の意見」は信頼できるソースの一つとなりうるはずだ。

[11:16 3/9]

花粉症の悲惨話を一挙紹介 - 「集中力散漫で誤って資料を削除し、徹夜」

花粉症によるアレルギー症状は時と場所を選んでくれない。気心の知れた友人との会話中ならまだしも、上司へのプレゼンテーション中や気になる人とのデート中にでも症状が出ようものなら……。考えただけでも恐ろしい。

[10:49 3/8]

花粉症の季節は「尿漏れ」が増える? 女性の尿漏れの原因と対策

ウーマンウェルネス研究会はこのほど、新コンテンツ「花粉の季節にくしゃみで気づく! 尿漏れの予防と対策」を公開した。

[16:05 3/6]

花粉症患者300名の悲痛な声を紹介 - 「涙目で接客」「目玉を取りたい」

今年もいよいよ花粉シーズン到来となった。スギ花粉の飛散が本格化するこれからの時期は、全国の花粉症患者が憂鬱になる季節でもある。そしてそのつらさは、花粉症ではない人に理解してもらえないことが往々にある。

[11:18 3/3]

花粉によるアレルギー症状が肩こり・腰痛につながる? 原因と解消法を知る

ピップはこのほど、呼吸器内科医で池袋大谷クリニックの院長・大谷義夫氏による講演会を実施。大谷氏は、春から初夏にかけて起こりやすいとされる花粉症などのアレルギー症状が原因のこりについて解説した。

[16:35 3/1]

目がかゆい原因は花粉以外にもあり - 目のかきすぎは白内障につながる恐れ

今年もまた花粉の季節がやってきた。例年3月はスギ花粉が原因の花粉症に悩む人が爆発的に増える。花粉症を発症すると、強烈な目のかゆみやあふれ出る涙などに悩まされる。

[10:25 3/1]

84%が知らなかった! 花粉を除去する住宅の「換気口・フィルター機能」とは

CoLife(コーライフ)はこのほど、「換気口フィルターに関する意識調査」の結果を発表した。同調査は2月13日~18日、30代~60代の男女2,000名を対象に、インターネットで実施したもの。

[17:34 2/23]

人工知能が花粉対策グッズを勝手にプレゼントするキャンペーンを開催中

ロート製薬はこのほど、花粉対策専用人工知能を使った花粉対策グッズプレゼント企画「ロートアルガード ロト」を開始した。期間は3月9日まで。

[11:43 2/20]

体にやさしいドーナツ専門店にバレンタイン限定ドーナツ登場

フロレスタはこのほど、バレンタイン限定商品として「バレンタインどうぶつドーナツ」「どうぶつシェルドーナツ」「オレンジとベリーのショコラ」「ショコラシュトーレン」を全店舗(一部店舗を除く)で発売した。販売は2月14日まで。

[12:06 1/30]

花粉症を実感している子供がのどにかゆみを感じやすい果物は?

ロート製薬はこのほど、「子どもの花粉症調査」の結果を明らかにした。同調査は2016年11月15日~20日、0歳~16歳の子どもを持つ親1,872人(その子ども2,835人)を対象に、インターネットで実施したもの。

[11:35 1/25]

不調の原因は遅延型食物アレルギーかも!? 自宅でできる検査キット発売

ミーニューはこのほど、「遅延型食物アレルギー(食物過敏症)」の検査キットの販売と、献立作成サービス・アプリ「ミーニュー」で「遅延型アレルギー食材」を除去した献立を自動作成するサービスを開始した。

[11:00 1/15]

献立を見直して体質を変える! 『藤井恵さんの体にいいごはん献立』発売

学研プラスはこのほど、『藤井恵さんの体にいいごはん献立』を発売した。

[15:17 12/6]

グルテンフリーメニューも! 虎ノ門ヒルズにオーガニックレストラン誕生

イートウォークはこのほど、虎ノ門ヒルズ森タワー2階にオーガニックヘルシーレストラン「above(アバヴ)」オープンした。

[15:47 12/5]

アレルギー バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

このキーワードについて (ヘルスケア>体調管理>アレルギー)

アレルギー トップへ
花粉症などに関する記事を掲載。アレルギー関連グッズ紹介も。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事