JR九州、筑肥線九大学研都市駅で軽量型ホームドア実証試験 - 11/21から開始

JR九州はこのほど、筑肥線九大学研都市駅における軽量型ホームドアの実証試験を11月21日初列車から開始すると発表した。

軽量型ホームドア設置イメージ

軽量型ホームドアは可動部分を扉ではなくパイプとしており、戸袋をコンパクトにしたことで軽量化でき、ホームの補強工事や設置工事を大幅に抑える効果が期待できるという。筑肥線九大学研都市駅ホーム2番のりば(筑前前原方面)に6両分設置し、実用化に向けた検証を行う。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事