ソニー、新ミラーレス「α9」を5月26日に国内販売 - 価格は税別50万円

ソニーは4月21日、35mmフルサイズの新フラグシップミラーレス一眼カメラ「α9」を日本国内向けに発表した。予約を4月27日から受け付け、5月26日の発売を予定。価格はオープンで、市場推定価格はボディのみで税別500,000円前後の見込み。

α9

FE 24-70mm F2.8 GM装着時

積層化により回路部とメモリを内蔵することで、センサー内の読み出し速度を従来機種から20倍に高速化した、有効約2,420万画素のフルサイズCMOSセンサー「Exmor RS」を搭載。693点の像面位相差AFポイントに対応し、画面内の撮像領域の93%のエリアをカバーし、ISO感度は100~51200、拡張50~204800まで対応する。

積層型CMOSセンサー

693点の像面位相差AFポイントをサポート

画像処理エンジン「BIONZ X」と組み合わせる高い画像処理性能を実現し、最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影、最大60回/秒演算によるAF/AE追従、1/32000秒のゆがみを抑える「アンチディスト-ションシャッター」といった機能を備える。大容量のバッファメモリにより、RAW241枚/JPEG362枚の連続撮影が可能で、693点のAFポイントと合わせて、動いている被写体でもトラッキングできるとしている。

このほか、電子シャッターを使用することで、振動や音を抑えたサイレント撮影が可能。スポーツシーンや野生動物の撮影など、シャッター音を伴う撮影がはばかられる状況に対応する。

EVFはXGA(約78万画素)の有機EL方式、倍率0.78倍で表示する。背面液晶は2.95インチ。上107度、下41度の角度調節が可能。レンズマウントはEマウント。対応記録メディアはSDカード。インタフェースとして、microUSB、NFC、有線LAN、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth v4.1、マルチインタフェースシューなどを備える。サイズはW126.9×H95.5×D63mm、重量は673g。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事