日産「プロパイロットチェア」が羽田空港に--自動追従で行列ストレスを緩和

日産自動車は3月23日、自動運転技術から着想を得たイス「プロパイロットチェア」を羽田空港へ1日貸与する。自動操舵で移動することで行列ストレスを緩和させる同イスは、羽田空港第1旅客ターミナル2階にあるカレーうどん専門店「cuud(クウド)」にて、23日11時~14時の間誰でも体験ができる。

「プロパイロットチェア」を羽田空港で体感

プロパイロットチェアは、日産自動車が自社の自動運転技術「プロパイロット」から着想を得て製作した"行列を自動で進むイス"。このイスは、高速道路などの自動車専用道路の同一車線において先行車両との車間距離を一定に保ち、かつ車線中央を走行するようにステアリング操作を支援する日産の技術を伝えるために製作された。2016年9月に初めて公開され、イスの仕組みを紹介した動画の再生回数は2,000万回を超えている。

今回の羽田空港での設置は、2016年の公開時に募集を開始した無償貸与の希望店舗の中から、走行条件等を精査した上で決定したもの。混雑する人気飲食店にて、プロパイロットチェアが旅立つ人々の行列ストレス緩和を試みる。

自動追従で前に移動し、最前列の人が立つと自動で最後尾に移動する

プロパイロットチェアは先行するイスを認識し、一定の距離を保ちながら追従する機能、および指定されたルートに合わせて自動でストップ・アンド・ゴーを行う機能を搭載しており、それぞれが自動操舵で移動する。日産が「セレナ」 に搭載した「プロパイロット」がドライバーの渋滞ストレス緩和に貢献するのと同様に、プロパイロットチェアは人気飲食店の店先等で見られる行列時の起居動作の煩わしさを解消する。

なお、イス本体の製作は、最先端のデジタルプロモーションを手掛けるインタラクティブカンパニーであるBIRDMANが担当している。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事