エアアジアX、関空=ホノルル線就航へ--LCCによる日本初の太平洋横断路線

LCCのエアアジアX(本拠地: マレーシア)は6月28日、クアラルンプール=関空=ホノルル線を新規就航することを発表。日本からハワイへの直行便はLCCとして初、また、LCCによる太平洋横断路線も日本初となる。

6月28日に週4便で就航

同路線は週4便で運航。エアバスA333を導入し、座席はプレミアムフラットベッドが12席、エコノミークラスが365席、合計377席となる。

今回の就航について、関西エアポート代表取締役副社長のエマヌエル・ムノント氏は、「関西エアポートはヴァンシエアポートが持つ空港運営ノウハウや、より戦略的な航空マーケティングの導入を積極的に進めており、今回の就航決定にもつながったと考えています。日本初のLCCによる太平洋横断路線の就航は、関西国際空港の航空ネットワーク戦略において重要な第一歩であり、今後、更なるLCCの拡大と中長距離路線の拡大を目指して、中長距離LCCの誘致にも力を注いでいきたいと考えています」とコメントしている。

運航スケジュール

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事