「LCC」最新記事一覧

ピーチ、ジェットスター、バニラエア、春秋航空日本など、国内のLCC情報を中心に最新ニュース・レポートをお届け

関連キーワード

ヘッドライン

バニラエア、新スローガン「Creating New Sky Experience.」でLCC No.1を

LCCのバニラ・エアは5月24日、バニラエアの新たなブランディング方針を発表。新ブランディングのスローガンは「Creating New Sky Experience.」とし、顧客との様々な接点において顧客視点でサービス品質を高める。この新スローガンを記した機材は既に導入されており、今後も積極的に新ブランディングを推進していく。

[10:02 5/25]

ジェットスター、中部空港を拠点化へ--国内三拠点体制、28機へ機材増加

LCCのジェットスター・ジャパンは5月24日、2018年春をめどに、中部国際空港に成田国際空港、関西国際空港に次ぐ拠点を開設することを発表。同社は今後28機まで機材を増やす計画を立てており、国内の三拠点体制により運航品質を強化する。

[15:41 5/24]

ピーチ、ビットコインでの直接決済サービス導入へ--国内航空会社初

LCCのPeach Aviationは5月22日、ビットポイントジャパンと仮想通貨「ビットコイン」を活用した直接決済サービスを2017年12月末までに導入することを発表。ビットコインを用いた直接決済サービスの導入は、本邦航空会社で初めての試みとなる。

[16:11 5/22]

ジェットスター、「スパイダージェット」運航へ--初便はスパイダーマンたち

LCCのジェットスター・ジャパンは、映画『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日公開)とコラボレーションし、キャンペーン「この夏、"スパイダージェット"でハッピーな旅!! 」を実施。6月21日より、世界で初めてスパイダーマンが描かれた特別塗装機"スパイダージェット"の運航を開始する。

[15:24 5/22]

ピーチ、新千歳=仙台/福岡/台北線開設へ--関西線に続き計4路線に拡大

LCCのPeach Aviationは5月18日、札幌(新千歳)=仙台/福岡/台北(桃園)線を開設することを発表。仙台、福岡線は毎日運航、台北(桃園)線は週3便で9月24日より運航する。航空券は5月24日15時から販売開始を予定している。

[14:44 5/18]

ピーチ、9/24に仙台空港拠点化--国内LCC初の仙台空港国際線で台北線展開

LCCのPeach Aviationは5月17日、9月24日より仙台空港を拠点とし、新たに2路線を開設することを発表。仙台空港の拠点化し、9月24日より新たに札幌線を、9月25日より本邦LCC初の仙台空港発着の国際線となる台北線を、それぞれ運航を開始する。

[16:03 5/17]

北アジアのLCC各社が関空に集結--「CAPA LCCs in North Asia Summit」開催

関西国際空港内のホテル日航関西空港にて6月13~14日、「CAPA LCCs in North Asia Summit」が開催される。同会議はCAPA(Centre for Aviation)が主催するもので、北アジア地域を中心とするLCC各社のCEOおよびトップマネジメント層約300人が一堂に会し、LCC各社と空港等との更なる発展に向けて議論・交流を深めることを目的としている。

[09:43 5/17]

チェジュ航空、「東方神起」をモデルに選定--日本市場の更なる拡大へ

LCCのチェジュ航空(本拠地: 韓国)は5月16日、このほど兵役を終えて除隊し、復帰して注目されているK-POPグループ・東方神起のユンホ(ユノ)とモデルの契約を締結したことを発表。また現在、服務中の東方神起・チャンミン(マックス)は8月の除隊後、モデルとして合流する予定であり、ユンホから先にチェジュ航空のモデルとして活躍する。

[19:22 5/16]

LCCのスクート、クルーバンク搭載の787受領--アテネ線など長距離路線に

LCCのスクート(本拠地: シンガポール)は5月15日、シンガポール・チャンギ空港にクルーバンク搭載のボーイング787が到着したことを発表。これにより、6月に就航するシンガポール=アテネ線を始め、スクートの長距離路線サービスが可能となる。2017年内にさらに3機(計4機)の受領を予定している。

[10:04 5/15]

LCCのチェジュ航空、29機目のB737-800受領--5月中に日本等への増便路線に

LCCのチェジュ航空(本拠地: 韓国)はこのほど、29機目の航空機となるボーイングB737-800を受領したことを発表。同機は4月末にソウル・金浦国際空港に到着し、サービス投入に必要な検査を終え、5月中に日本と東南アジアなどへの増便路線に投入を予定している。

[18:04 5/12]

ジェットスター、国際線運賃をラーメン餃子価格で--1,165円を各路線200席

LCCのジェットスター・ジャパンは5月12日18時より、国際線全9路線を対象とした片道1,165円(座席数限定)の"ラーメン餃子価格に挑戦! 国際線セール"を実施。5月12日18時より3日間、毎日18時に3路線ずつ国際線全9路線が片道1,165円となる。提供数は各路線200席を予定している。完売次第終了し、販売期間は延長する場合がある。

[16:11 5/10]

ANA中期経営戦略「ローリング版2017」--国際線強化継続、ピーチ連結でLCC拡大

ANAグループは4月28日、2017年度以降の4年間の施策として「ローリング版2017」を発表。連結化によりANAグループの一員となったPeach Aviationを含むLCC事業とANAによるマルチブランド戦略を加速させ、2020年以降の成長ステージに向けた備えを強化する。

[15:47 4/28]

バニラエア、ご当地バーガー「ラッキーピエロ」等とコラボ--限定セットも

ラッキーピエログループ、バニラ・エア、成田国際空港は、2月19日にバニラエアが函館=成田線を就航したことを記念して、4月21日~5月20日の間、3社による初めての共同キャンペーンを実施。函館=成田線の航空券やラッキーピエロのお食事券等をプレゼントするほか、バニラエアやラッキーピエロのオリジナルグッズがついた限定セットメニューの販売を販売する。

[07:00 4/23]

航空券予約販売アプリ「skyticket」、iOS版が32言語に対応

アドベンチャーは4月14日、航空券予約販売のスマートフォンアプリ「skyticket」が、32言語以上に対応したと発表した。

[15:50 4/14]

米コンカーとエアアジアが出張費削減に向けて協業

米Concurは4月4日(シンガポール時間)、LCCのエアアジア・グループと共同でConcur Travelの利用企業に対し、エアアジアが展開する通常便のフライト情報に加え、特別なフライト情報も利用を可能とする協業を進めていくと発表した。

[14:21 4/11]

ジェットスター、6/2に成田=上海線就航--上海空港混雑悪化での延期を経て

LCCのジェットスター・ジャパンは6月2日、成田=上海(浦東)線を就航する。週4往復を運航し、航空券の予約・販売は4月5日より開始する。当初は1月に同路線の開設を予定にしていたが、発表後に上海浦東国際空港の混雑悪化を理由として新規就航の制限が強化されたため、6月に就航を延期することとなった。

[13:27 4/5]

飛行機を家に呼べる! ジェットスターがスマホで世界初のサービス開始

ジェットスター・ジャパンは4月1日より、「ジェットスター スマホで家まで飛行機を呼んでみませんか?」を開始する。

[00:00 4/1]

バニラエア初の機内誌「VANILLA PRESS」創刊--初号は表紙から特集スタート

LCCのバニラエアは4月1日より、季刊機内誌「VANILLA PRESS」を創刊する。同誌には、教育・スポーツ・歴史・トレンド・アニメ・オカルトまで、多岐にわたる学研プラスの雑誌編集部が全面協力しており、就航地の紹介に加え、旅先で役に立つ情報をコラム形式で紹介する。

[17:22 3/31]

バニラエア、成田=セブ線が片道運賃9,880円~--下限運賃を約40%引き下げ

LCCのバニラエアは3月31日18時より、成田=セブ線の下限運賃を約40%引き下げる。これにより、コミコミバニラは1万9,880円~が1万2,880円~に、シンプルバニラは1万6,880円~から9,880円~になる。この運賃は、5月9日搭乗分より適用される。

[13:38 3/30]

IAG、長距離LCC「LEVEL」新設--バルセロナからグループネットワーク拡大

ブリティッシュ・エアウェイズとイベリア航空で共同経営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は現地時間の3月17日、長距離線を対象とした格安航空会社として「LEVEL」を設立することを発表。バルセロナを拠点に、ロサンゼルス、サンフランシスコ・オークランド、ブエノスアイレス、プンタカナ線を就航する。

[10:48 3/23]

香港エクスプレス、往路便が10円に--羽田/成田など9路線で6万8,000席以上

LCCの香港エクスプレスは3月21日~23日、往復便購入で往路便が10円になるタイムセールを実施。対象便は羽田、成田、名古屋、大阪、広島、福岡、高松、石垣島、鹿児島から香港行きのチケットで、搭乗期間は4月4日~2018年2月28日となる。全ての便が対象ではないが、座席は6万8,000以上用意している。

[11:13 3/21]

ピーチ、昨年比2.3倍の販売数に--5周年で毎日セール、1,555円のチケットも

LCCのPeach Aviationは、3月1日~31日の期間で実施している就航5周年記念キャンペーン「everyday PEACHKET」において、昨年比2.3倍(就航地別前年比較、初日分除く)の販売数を記録したことを発表。今度も毎日、国内外の旅がもっと気軽になるセールを展開していく。

[07:00 3/20]

インドネシア・エアアジアXが成田就航へ--5/25よりデンパサール線を週4便

国土交通省は3月17日、国際線を展開するLCCのインドネシア エアアジア エクストラ(インドネシア・エアアジアX)からの外国人国際航空運送事業の経営許可申請を、同日付けで許可した。5月25日より、デンパサール=成田線を週4便(月・火・木・土曜日)での就航を予定している。

[10:19 3/19]

ジェットスター、カスタマーパネル開設--商品開発・サービス向上へ

LCCのジェットスター・ジャパンは3月14日、一般から声を募るオンラインコミュニティー「ジェットスターカスタマーパネル」を開設した。

[13:37 3/14]

春秋航空日本、広島発ポップコーン「クラップ ユア ハンズ」と限定コラボ

LCCの春秋航空日本は3月14日~31日、広島発祥のスイーツポップコーン専門店「クラップ ユア ハンズ」とのコラボレーションを実施。20%オフチケット付きのポープコーンをプレゼントするなど、期間限定キャンペーンを展開する。

[10:21 3/14]

ピーチ子会社化に見るANAホールディングスの戦略--LCC新時代に喪明けのJAL

2月24日夜、ANAホールディングスがPeach Aviationに対し、4月にも出資比率を現在の38%強から67%に引き上げ、連結子会社とすることを発表した。事業会社ANAが平子新体制に移行する直前のこのピーチ子会社化、その背景とANAHDの今後の戦略構想を少し深読みしてみたい。

[11:00 3/1]

ピーチ、就航5周年で3月は毎日セール--初日は555席限定の555円チケット

LCCのPeach Aviationは3月1日~3月31日、就航5周年を記念して毎日変わるアニバーサリーチケット「everyday PEACHKET」を発売。初日となる3月1日は、555円チケットを555席限定で展開している。

[10:20 3/1]

ANA、ピーチを連結子会社に--出資比率67%、バニラエアと共にLCC事業強化へ

LCCのPeach Aviation(以下、ピーチ)の株主であるANAホールディングスは2月24日、ピーチへの出資比率を現在の38.67%から67%に引き上げることを発表。ピーチは今後、ANAホールディングスの連結子会社として事業を進めていくこととなる。

[17:21 2/24]

ピーチ、国内LCC初のバンコク線就航--片道1万円以下でタイ旅行も

LCCのPeach Aviationは2月19日、本邦LCC初のバンコク線となる那覇=バンコク線を就航した。初便の運航状況は、MM989(21:45那覇発/翌00:35バンコク着)が乗客159人+乗員6人、MM990(01:50バンコク発/07:53那覇着)が乗客180人(幼児1人含む)+乗員6人となった。

[09:21 2/21]

バニラエア、成田=関空/函館線を連日就航--関空線初便は満席予約

LCCのバニラエアは2月18日に成田=関空線を、2月19日に成田=函館線をそれぞれ就航した。翌週の2月26日には関空=奄美大島線、3月18日には関空=函館線の就航が控えている。

[06:00 2/20]

LCC バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2009年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2008年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (旅と乗りもの>レジャー>LCC)

LCC トップへ
ピーチ、ジェットスター、バニラエア、春秋航空日本など、国内のLCC情報を中心に最新ニュース・レポートをお届け

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事