JR九州、3/4ダイヤ改正から若松~新入間の11駅「Smart Support Station」に

JR九州は筑豊本線若松~新入間の折尾駅を除く11駅について、3月4日のダイヤ改正から「Smart Support Station」として新たな駅サービスを開始すると発表した。

筑豊本線若松~直方間では、ダイヤ改正を機に新型蓄電池電車「DENCHA」も増発される

「Smart Support Station(スマートサポートステーション)」は、始発列車から最終列車までの間、離れた場所にあるサポートセンターのスタッフが駅に設置したカメラを通して見守るタイプの無人駅。きっぷの精算やICカードのチャージなどが必要な場合は、インターホンを通じてサポートセンターから案内する。

清掃は毎日スタッフが訪れて行うほか、列車の乗降りのサポートが必要な場合は、乗車前日20時までの電話予約があればスタッフが現地に赴いて対応する。「Smart Support Station」の導入は、JR九州管内で香椎線に続いて2例目。ダイヤ改正後も、若松駅・中間駅では朝ラッシュ時(6時30分から8時30分まで)に駅係員を配置し、現行通り定期券などが購入できるようにする。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事