「元日・JR西日本乗り放題きっぷ 2017」1/1限定、新幹線&特急列車も乗れる!

JR西日本は22日、「元日・JR西日本乗り放題きっぷ 2017」について発表した。12月11日に発売され、2017年1月1日の元日限定で、JR西日本全線・智頭急行線全線・JR西日本宮島フェリーが乗り放題。山陽新幹線新大阪~博多間と北陸新幹線上越妙高~金沢間、在来線の特急列車も乗車でき、指定席も4回まで予約できる。

「元日・JR西日本乗り放題きっぷ 2017」は元日のみ利用可能。山陽新幹線・北陸新幹線やJR西日本エリア内の特急列車にも乗車できる

「元日・JR西日本乗り放題きっぷ 2017」は普通車用・グリーン車用を用意し、JR西日本のおもな駅の「みどりの窓口」やおもな旅行会社にて、12月11~30日の期間に発売。普通車用の価格は大人1万5,500円・こども3,000円、グリーン車用の価格は大人1万7,500円・こども5,000円(ともに「こども」のみの利用は不可)となる。「少し足を伸ばした初詣や年始のご挨拶、日帰り旅行におトクで便利なきっぷです」「こども料金もお求めやすいおねだんですので、ぜひご家族でお出かけください」とJR西日本は発表している。

利用期間は2017年1月1日のみ。当日0時から利用でき、大阪の電車特定区間内では最終列車まで有効となる(他の区間は乗車した列車が午前0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効)。乗り放題区間(JR西日本全線・智頭急行線全線・JR西日本宮島フェリー)以外のJR線や他の鉄道事業者の路線、JRバスなどは利用不可だが、IRいしかわ鉄道金沢~津幡間、あいの風とやま鉄道高岡~富山間はJR西日本の路線へ通過利用する場合に限り、別途運賃・料金不要で乗車できる。

指定席の予約に関して、普通車用は普通車指定席、グリーン車用はグリーン車または普通車指定席の指定券の交付を4回(4列車)まで受けられるとのこと。座席の指定を受けない場合は普通車自由席利用となる。平安神宮(京都府)や春日大社(奈良県)、出雲大社(島根県)、赤間神宮(山口県)、櫛田神社(福岡県)などJR西日本エリアの社寺(計10カ所。社寺までの交通費等は別途必要)にて、「元日・JR西日本乗り放題きっぷ 2017」の提示でお楽しみ特典も受けられる。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事