「JR西日本」最新記事一覧

JR西日本の最新ニュース・コラムを紹介します。

関連キーワード

ヘッドライン

JR西日本「SLやまぐち号」35系客車で「SL津和野稲成号」1月運行

JR西日本広島支社は20日、冬の期間(2017年12月1日から2018年2月28日まで)の臨時列車について発表した。山口線では12月24日まで土休日に運行される「SLやまぐち号」に続き、1月1~3日に運行される「SL津和野稲成号」でも新製客車(35系客車)が使用される。山口県内では他にも「○○のはなし」や「幕末ISHIN号」などが運行される。

[22:19 10/20]

JR冬の臨時列車 - 東海道新幹線、過去最多3万2,699本の列車運転

JRグループは20日、冬の期間(2017年12月1日から2018年2月28日まで)の臨時列車について発表した。JR東海は過去最多という3万2,699本(1日平均363本)の新幹線を運転すると発表。JR西日本は山陽・九州新幹線「みずほ」の臨時列車を毎日2往復運転するほか、「のぞみ」「さくら」「ひかり」も年末年始や3連休、週末を中心に増発する。

[20:45 10/20]

JR冬の臨時列車 - 東北新幹線「はやぶさ」大増発、大宮駅発着も

JRグループは20日、冬の期間(2017年12月1日から2018年2月28日まで)に運転される臨時列車の概要を発表した。JR東日本は期間中、新幹線を計3,049本(前年比120%)増発。東北新幹線は「はやぶさ」を中心に臨時列車を増発し、1・2月の3連休には大宮駅始発・終着の臨時「はやぶさ」も運転される。

[18:51 10/20]

JR冬の臨時列車「サンライズ出雲91・92号」年末年始の3日間運転

JRグループは20日、冬の期間(2017年12月1日から2018年2月28日まで)に運転される臨時列車について発表した。多客期に設定される臨時寝台特急「サンライズ出雲91・92号」は年末年始の3日間、東京~出雲市間で運転予定。下り寝台特急「サンライズ瀬戸」(定期列車)の高松駅から琴平駅への延長運転も行われる。

[16:15 10/20]

JR西日本「車両状態監視装置」2018年春導入、屋根上と車輪を測定

JR西日本は18日、電車が通過する際に屋根上・パンタグラフ・車輪の状態を自動的に把握できる機能を持つ「車両状態監視装置」を新たに導入すると発表した。この装置はおもに、線路上に設ける門型の柱に取り付けた測定センサや高解像度カメラをはじめ上方からの監視を行う部分と、線路付近に設置するセンサ・制御装置などからなる。

[17:29 10/19]

JR西日本「ICOCA」2019年春から境線にも - 車載型IC改札機を設置

JR西日本米子支社は18日、境線(米子~境港間)への「ICOCA」エリア拡大について発表した。サービス開始時期は2019年春を予定しており、同社初という「車載型IC改札機」の導入により、境線の列車内で「ICOCA」を利用できるようになる。具体的なサービス開始日やサービスの詳細は「決定次第、お知らせします」とのこと。

[12:50 10/19]

JR西日本「ICOCA」エリア大幅拡大へ - エリアまたぐ利用も可能に

JR西日本は18日、近畿圏エリアと岡山・広島・山陰・香川エリア、石川エリアの3つに分かれている「ICOCA」サービスエリアを2018年夏に1つにつなげると発表した。空白地帯となっていた区間に「ICOCA」エリアを拡大し、分断されていた3エリアを大きな1つのエリアに。2018年夏以降、エリアをまたがって利用できるようになる。

[19:51 10/18]

JR発足30周年スペシャルツアー「カシオペア」をEH500形が牽引 - 10/18発売

JRグループは17日、JR発足30周年記念「JR7社共同企画 スペシャルツアー」について発表した。観光列車コース「24の列車で繋ぐ じっくり日本列島縦断10日間」(12月5日出発)、新幹線コース「新幹線で行く 日本列島縦断3日間」(12月15日出発)が企画され、ともに発売日は10月18日。インターネットまたは電話にて予約を受け付ける。

[19:03 10/17]

JR西日本「電柱ハンドリング車」報道公開 - 動きはまるでロボットアーム!?

JR西日本は16日、「電柱ハンドリング車」を報道公開した。西日本電気システム(JR西日本グループ)とタダノが共同開発した新しい電柱建替車で、国内の鉄道業界では初めて、電柱を直接つかむ「ハンドリング技術」を採用した。「電柱ハンドリング車」の導入により、電柱建替作業の効率化と省力化が期待されている。

[11:09 10/17]

JR西日本、引退した大阪環状線103系が吹田総合車両所に! 一般公開10/28実施

JR西日本は16日、「吹田総合車両所 一般公開 2017」の概要を発表した。今年の一般公開は10月28日に実施される。例年1万人規模の来場者でにぎわい、普段なかなか見ることのできない車両所での作業見学や珍しい車両の展示が好評とのこと。今年は10月3日をもって引退した大阪環状線103系の展示も予定している。

[17:21 10/16]

鉄道ニュース週報 第91回 2017年度グッドデザイン賞、鉄道ファン目線でピックアップ

日本デザイン振興会は10月4日、グッドデザイン賞の受賞結果を発表した。今年は計1,403件が受賞し、特別賞候補の「グッドデザイン・ベスト100」、グッドデザイン大賞の候補7件もあわせて発表されている。例年より鉄軌道関連の受賞が多かったようで、各事業者からも受賞報告が多数あった。鉄軌道関連の受賞作品をまとめてみた。

[19:49 10/12]

鉄道トリビア 第425回 大阪環状線から引退した103系、車体色は全部で何種類あった?

大阪環状線から103系が引退した。103系にちなんで10月3日とは粋な計らいだ。103系は首都圏の通勤形電車としても活躍したから、関東に住む人には「えっ、まだ走っていたの?」とか、「あの色は中央線だったな」などと思うかもしれない。路線別に塗られた103系、あなたの思い出の中の103系電車は何色だった?

[07:00 10/7]

「IruCa」「PASPY」エリアに交通系ICカード全国相互利用サービス来春導入へ

JR西日本と高松琴平電気鉄道(ことでん)、広島県バス協会、広島電鉄、広島高速交通はこのほど、ICカード「IruCa」「PASPY」のエリアに交通系ICカードの全国相互利用サービスを導入すると発表した。なお、全国相互利用サービス導入後も「IruCa」と「PASPY」を他のエリアで使用することはできない。

[17:33 10/4]

JR東日本「四季島」がグッドデザイン大賞候補に - JR西日本「瑞風」も受賞

2017年度グッドデザイン賞の受賞結果が4日に発表された。鉄道車両ではJR東日本「TRAIN SUITE 四季島」とJR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が「グッドデザイン・ベスト100」を受賞。「TRAIN SUITE 四季島」はグッドデザイン大賞候補にも選出された。11月1日にグッドデザイン大賞が発表される予定だ。

[15:47 10/4]

JR大阪環状線103系が引退、48年の歴史に終止符 - 最終日は特別な車内放送も

JR西日本は3日、大阪環状線の103系について「本日たくさんのファンに見送られ勇退しました」と発表した。最終日の車内では、感謝の気持ちを込めた特別な車内放送も行われたという。103系引退スペシャルムービー「LOOP 大阪環状線」も反響を集め、YouTubeの動画は公開から約1カ月で視聴回数44万回を突破している。

[22:43 10/3]

JR大阪環状線103系、引退後に京都鉄道博物館で特別展示へ - 11/3から4日間

京都鉄道博物館は2日、大阪環状線で半世紀近く活躍したオレンジ色の103系の特別展示を11月3~6日の期間限定で実施すると発表した。大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)で最後まで運行され、10月3日をもって引退するオレンジ色103系の先頭車両(クハ103形843号車)を本館1F「車両のしくみ / 車両工場」エリアに展示する。

[17:29 10/2]

「衣摺加美北駅」JR西日本、おおさか東線JR長瀬~新加美間新駅の駅名を決定

JR西日本は26日、おおさか東線JR長瀬~新加美間に設置される新駅の名称を「衣摺加美北(きずりかみきた)」と発表した。新駅は東大阪市と大阪市平野区の市境に位置する。両市の住民に幅広く利用されるようにとの意図を込めて、駅が所在する衣摺(東大阪市)と加美北(大阪市)の地名を合わせた駅名にしたという。

[19:26 9/27]

「SLやまぐち号」35系客車は「ココがすごい!」鉄道ライター4人に聞いてみた

JR西日本が山口線新山口~津和野間で運行している「SLやまぐち号」に35系客車を投入し、9月2日から運行開始した。登場時から話題となり、多くの鉄道ファンらにとって魅力的に映ったかもしれない。今回は本誌でも執筆中の鉄道ライター4名を対象に、35系客車の「ココがすごい!」と思うところについて聞いてみた。

[07:00 9/24]

JR西日本が「ゴルゴ13特別展」とコラボ、大阪環状線の駅にパロディポスター

JR西日本は21日、大阪文化館・天保山で10月6日から開催される「連載50周年記念特別展 さいとう・たかを ゴルゴ13」(ゴルゴ13特別展)に合わせ、大阪環状線の5駅に『ゴルゴ13』のパロディポスターを掲出すると発表した。パロディポスターはその駅や周辺の街に潜む漫画の主人公・ゴルゴを描いたデザインとなる。

[18:49 9/22]

JR西日本、D51形復活運転に合わせ「全国SLサミット in やまぐち」11月開催

JR西日本は21日、全国で運行されているSLとその沿線の魅力を発信する「全国SLサミット in やまぐち」を11月23~26日に開催すると発表した。蒸気機関車D51形が復活運転を果たす11月25日は、新山口駅構内で記念式典を開催。SLの主要停車駅で沿線地域によるおもてなしも実施する。

[18:34 9/22]

JR西日本子会社、電柱を直接つかむ「電柱ハンドリング車」タダノと共同開発

JR西日本グループの西日本電気システムは20日、電柱を直接つかむハンドリング技術を採用した新たな電柱建替車「電柱ハンドリング車」を導入すると発表した。タダノとの共同開発によるもので、国内の電柱建替車に同技術が採用されるのはこれが初めて。道路と線路の両方を走行することができ、作業箇所まで自走移動して電柱建替作業を行う。

[17:58 9/21]

JR西日本、三江線廃止で定期乗車券も段階的に発売取りやめ - 3/31営業終了

JR西日本米子支社は15日、三江線江津~三次間を含む定期乗車券の段階的な販売の取りやめについて発表した。三江線は2018年3月31日をもって営業終了(廃止予定日は2018年4月1日)し、4月1日から三江線を含む乗車券類は使用不可に。これにともなう6カ月定期乗車券・3カ月定期乗車券・1カ月定期乗車券の発売を取りやめる日が発表された。

[16:04 9/15]

三菱重工とJR西日本「第14回三原浮城まつり」で高速AGTパレードなどを実施

三菱重工業とJR西日本広島支社は11月4・5日の2日間、地元企業による地域共生活動の一環として広島県三原市内で開催される「第14回三原浮城まつり」に合わせ、三原城築城450年を記念した共同イベントを開催する。「三原浮城まつり」のメイン行事のひとつとして、公共交通システムに親しめる各種展示や体験プログラムなどを実施する。

[20:32 9/14]

JR西日本キハ40形「サイクル県やまぐち」ラッピング車両、山口線などで運行

JR西日本は山口県の推進する「サイクル県やまぐち」プロジェクトの機運醸成とPRを目的に、このほど同プロジェクトのラッピング車両の運行を開始した。キハ40形1両の外観を「サイクル県やまぐち」のロゴやサイクルスポーツのイメージなどで装飾し、山口線を中心に山陰本線、岩徳線、芸備線で運行する。

[23:09 9/12]

JR西日本「パンダくろしお1・2号」10月に臨時列車、新大阪~白浜間で運行へ

JR西日本は10月14・15日、臨時列車「パンダくろしお」を運行する。8月5日から運行開始したラッピング列車「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」を使用し、10月14日に新大阪発白浜行「パンダくろしお1号」、10月15日に白浜発新大阪行「パンダくろしお2号」を設定した。ともに全車指定席での運行となる。

[12:43 9/11]

JR西日本、大阪環状線玉造駅リニューアル工事着手 - 「まが玉」モチーフも

JR西日本は4日、「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として、玉造駅のリニューアルに着手すると発表した。駅構内店舗は約750平方メートルを全面リニューアル。コンコースも改装し、壁面・床面・天井の美装とLED照明化を行う。駅構内店舗を中心としたリニューアルを行うとともに、地域のランドマークとしての役割強化をめざす。

[21:55 9/5]

JR西日本、大阪環状線103系引退「OSAKA POWER LOOP」編成も9月で運行終了へ

JR西日本は5日、大阪環状線で活躍した通勤形電車103系の営業運転終了について発表した。大阪環状線の103系は現在、オレンジ色の編成と「OSAKA POWER LOOP」のラッピングを施した編成の計2編成が残っており、このうち「OSAKA POWER LOOP」ラッピング列車は9月中に引退、残るオレンジ色の編成が10月3日まで営業運転を行うという。

[18:22 9/5]

JR西日本、大阪環状線オレンジ色の103系引退! 10/3ラストラン、記念動画も

JR西日本は5日、大阪環状線で活躍したオレンジ色の103系の引退を記念し、記念動画103系引退スペシャルムービー「LOOP 大阪環状線」を公開すると発表した。大阪環状線では通勤形電車103系・201系から新型車両323系への置換えが進み、オレンジ色の103系は1編成が残るのみに。この1編成の営業運転終了予定日が10月3日と発表された。

[14:00 9/5]

JR西日本「『山口DCオープニング』号」12系客車の臨時快速を山陽本線で運行

「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」(山口DC)の開幕に合わせ、2日に臨時快速「『山口DCオープニング』号」が運行された。青い12系客車(スハフ12-155、オハ12-341、オハ12-345、オハ12-352、スハフ12-129の5両編成)を電気機関車EF65形1133号機が牽引。山陽本線広島~新山口間・新山口~下関間を走行した。

[20:22 9/2]

JR西日本「SLやまぐち号」で復活運転へ! D51形200号機、新山口駅で特別展示

「幕末維新やまぐちデスティネーション」(山口DC)が開幕し、2日にオープニングイベントが開催された。新山口駅3番線ホームでは、午前・午後の2回にわたり蒸気機関車D51形200号機を特別展示。この日から新製客車(35系客車)で運行開始した「SLやまぐち号」と同時に入線し、蒸気機関車C57形1号機と並ぶ場面もあった。

[17:06 9/2]

JR西日本 バックナンバー

2017年
2016年

このキーワードについて (旅と乗りもの>鉄道>JR西日本)

JR西日本 トップへ
JR西日本の最新ニュース・コラムを紹介します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事