ディズニー、期間限定"首都圏ウィークデーパスポート"発売--昨年から値上げ

 

オリエンタルランドは3月4日~7月15日の期間限定で、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシー(ともに千葉県浦安市舞浜)で使える「首都圏ウィークデーパスポート」を販売する。

「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"」のイメージ

同商品は、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県)在住・在勤・在学の人を対象とした入園チケット。4月6日~7月15日の月曜日から金曜日(祝日を除く)に限り、東京ディズニーランドか東京ディズニーシーのどちらかのパークへ入園できる。

期間中、東京ディズニーシーでは、開園15周年のアニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"」が4月15日から開催される。また、東京ディズニーランドでは3月25日から6月15日まで「ディズニー・イースター」が、6月16日からは"七夕"をテーマにした「ディズニー七夕デイズ」が開催される。

東京ディズニーランド「ディズニー・イースター」のイメージ

「首都圏ウィークデーパスポート」の料金は、大人6,800円、中人5,900円、小人4,400円(いずれも税込)。販売場所は、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシー各パーク入り口のチケット販売窓口、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト(ディズニーeチケット)、首都圏のJR主要駅、主な旅行会社・私鉄・コンビニエンスストア、ディズニーストア(一部店舗を除く)ほか。

ちなみに、2015年3月6日~7月16日に販売された「首都圏ウィークデースペシャルパスポート」の価格は、大人6,400円、中人5,600円、小人4,200円。同社は4月1日からの両パーク入園料の値上げを発表しており、それにともなって首都圏ウィークデーパスポートの価格も上がる形となった。

なお、同パスポート東京ディズニーリゾート各施設で購入の際は、首都圏に在住・在勤・在学していることを確認できる証明が必要となる。

(c)Disney

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

仮想デスクトップの設計構築の落とし穴 第11回 [設計フェーズの落とし穴] 仮想化すればインターネット分離は簡単?
[09:00 8/29] 企業IT
TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』、新EDテーマ「こころ」を花江夏樹が担当
[08:09 8/29] ホビー
[石川恋]グラビアでセクシーなバニーガールに ビキニ姿も披露
[08:00 8/29] エンタメ
2016年上半期の音楽配信売上、前年比112%の256.6億円
[08:00 8/29] マネー
通勤定期の虚偽申請でクビってありえる? - 弁護士に聞いた
[08:00 8/29] マネー