エールフランス、最後のボーイング747商業運航でウオーターキャノン

 

エールフランス航空は現地時間の1月10日、メキシコ・シティ発パリ・シャルル・ド・ゴール着のAF439便において、同社最後となる747による商業運航を行った。パリ到着時には消防車によるウオーターキャノンで迎えられた。

最後の商業運航を終え、ウオーターキャノンで長年の労をねぎらう

同社は1970年から747を導入し、1月10日をもってその歴史に幕を下ろしたが、1月14日にはAF744便とAF747便としてパリ発着の特別フライトを実施する。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

レノボ、"Tango"搭載6.4型ファブレット「Phab2 Pro」 - 税別49,800円
[12:37 9/27] パソコン
京大、生物を模倣した触媒反応で機能性炭素ナノリボンを合成
[12:34 9/27] テクノロジー
『デスノートLNW』現場に潜入! 東出昌大×池松壮亮×菅田将暉、唯一の対峙シーンで銃撃音
[12:30 9/27] エンタメ
TOKIO国分太一、福山雅治ライブでの事故「人ごととは思えない」
[12:28 9/27] エンタメ
Microsoftとルノー・日産アライアンスが次世代コネクテッドカー技術で提携
[12:25 9/27] 企業IT