エールフランス、最後のボーイング747商業運航でウオーターキャノン

 

エールフランス航空は現地時間の1月10日、メキシコ・シティ発パリ・シャルル・ド・ゴール着のAF439便において、同社最後となる747による商業運航を行った。パリ到着時には消防車によるウオーターキャノンで迎えられた。

最後の商業運航を終え、ウオーターキャノンで長年の労をねぎらう

同社は1970年から747を導入し、1月10日をもってその歴史に幕を下ろしたが、1月14日にはAF744便とAF747便としてパリ発着の特別フライトを実施する。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

羽鳥アナ、苦手な芸能人を実名告白「本気で困っている」
[07:00 8/31] エンタメ
テクノロジーとポップカルチャーの融合を日本で - 「東京コミコン」12月に開催
[07:00 8/31] 企業IT
ASUS ZenFone 3デザイナーが語るその秘密 - 日本投入は9月予定
[07:00 8/31] スマホとデジタル家電
電力事業者の新設が多い都道府県は?
[07:00 8/31] マネー
夫婦のLINE 第222回 ダメな所を認めることが逆説的に自己肯定につながる
[07:00 8/31] ライフスタイル