FacebookからついにiPadアプリが登場、新UIや大画面表示に対応

 

米Facebookは10月10日(現地時間)、同社iOSアプリ「Facebook」の最新版にあたるVersion 4.0をリリースした。最大の特徴は初めてiPadを公式サポートした点で、iPad用にデザインされた新UIと大画面でソーシャルネットワークサービスを楽しめる。ページを移動せずにステータス確認やメッセージ送受信が行えたり、Nearbyで地図を見ながら友人の場所を確認したりと、iPadならではのナビゲーションでサービスが利用できるようになっている。

Facebook for iPadのログイン画面

Facebook for iPadのメイン画面

FacebookアプリはiPhone/iPod touchとiPadで共用になっている。iPadで実行するとユーザーインターフェイスが大画面用にリファインされるほか、特に写真閲覧などでフルスクリーンによるスライドショウを楽しめるようになる。iPhoneとiPadともにゲームやアプリを引き続き楽しめるとしているが、All Things Digitalのレポートによれば、iOSがFlashをサポートしていないことが理由で、従来に引き続きiOSでのアプリ実行には制限があることが報告されている。一部デベロッパーらはゲームやアプリのHTML5版を開発して対応しているものの、パフォーマンスの問題などにより制限があるという。そのため、アプリによっては必要に応じて該当iOSデバイス内のアプリを別途呼び出す形態になっており、もし目的のアプリがインストールされていない場合はApp Storeへと誘導してアプリのダウンロードを促すようになっているようだ。

フルスクリーンで写真のスライドショウを楽しめる

Nearby機能を使って近くの友人らを地図で確認

Facebookアプリの対応OSはiOS 4.0以上で、ダウンロードサイズは10.5MB。価格は無料となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

V6、テレ朝フェスに初参加! 「今年唯一のライブ」熱烈オファーで実現
[04:00 8/27] エンタメ
[木村拓哉]ラジオでファンの厳しい声紹介 「なぜすぐに帰国しなかった」
[00:08 8/27] エンタメ
Windows 10ミニTips 第112回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - Save to Pocket編
[00:00 8/27] パソコン
TVアニメ『アイドルメモリーズ』、「Shadow」のユニットPVを公開
[23:55 8/26] ホビー
音井れこ丸が描く睡眠不足な先生とJKのラブコメ2巻、元教え子も参戦
[23:31 8/26] ホビー