FacebookからついにiPadアプリが登場、新UIや大画面表示に対応

 

米Facebookは10月10日(現地時間)、同社iOSアプリ「Facebook」の最新版にあたるVersion 4.0をリリースした。最大の特徴は初めてiPadを公式サポートした点で、iPad用にデザインされた新UIと大画面でソーシャルネットワークサービスを楽しめる。ページを移動せずにステータス確認やメッセージ送受信が行えたり、Nearbyで地図を見ながら友人の場所を確認したりと、iPadならではのナビゲーションでサービスが利用できるようになっている。

Facebook for iPadのログイン画面

Facebook for iPadのメイン画面

FacebookアプリはiPhone/iPod touchとiPadで共用になっている。iPadで実行するとユーザーインターフェイスが大画面用にリファインされるほか、特に写真閲覧などでフルスクリーンによるスライドショウを楽しめるようになる。iPhoneとiPadともにゲームやアプリを引き続き楽しめるとしているが、All Things Digitalのレポートによれば、iOSがFlashをサポートしていないことが理由で、従来に引き続きiOSでのアプリ実行には制限があることが報告されている。一部デベロッパーらはゲームやアプリのHTML5版を開発して対応しているものの、パフォーマンスの問題などにより制限があるという。そのため、アプリによっては必要に応じて該当iOSデバイス内のアプリを別途呼び出す形態になっており、もし目的のアプリがインストールされていない場合はApp Storeへと誘導してアプリのダウンロードを促すようになっているようだ。

フルスクリーンで写真のスライドショウを楽しめる

Nearby機能を使って近くの友人らを地図で確認

Facebookアプリの対応OSはiOS 4.0以上で、ダウンロードサイズは10.5MB。価格は無料となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

JR東日本、両国駅に「粋な江戸の食文化」テーマの飲食施設 - 11月下旬開業
[23:44 7/28] ホビー
江ノ電「ゴマちゃん号」8月運行 - 『少年アシベ』の特別企画「湘南アシベ」
[23:35 7/28] ホビー
小田急電鉄、いきものがかり野外ライブ会場の最寄り駅へ特別列車を直通運転
[23:24 7/28] ホビー
[トータルテンボス・藤田&千原せいじ]出版イベントで“又吉超え”宣言
[23:22 7/28] エンタメ
JRグループ、お盆の予約状況はおおむね好調 - 北海道新幹線は前年比261.8%
[23:16 7/28] ホビー