「Facebook」最新記事一覧

フェイスブック(Facebook)の動向やアプリのアップデート情報、使い方を紹介するハウツー記事を掲載。

関連キーワード

ヘッドライン

GitHub、AtomにIDEの機能を追加する「Atom-IDE」公開

GitHubは9月12日(米国時間)、「Introducing Atom-IDE · GitHub」において、Facebookとの協力の下、コードエディタ「Atom」に統合開発環境(IDE)が実現しているような機能を導入するためのオプションパッケージ「Atom-IDE」を発表した。今回発表されたバージョンではコンテキストを考慮した自動補完機能に加え、ナビゲーション機能、アウトラインビュー機能、フォーマット機能などが実装されている。

[08:37 9/15]

CTC、SNSアカウントで会員登録やログインを可能とするID管理基盤を構築

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は9月6日、WebサービスでSNSのアカウントを利用して会員登録やログインを可能とするID管理基盤の構築サービスを開始すると発表した。

[10:30 9/7]

MVNO利用者が現在利用しているSNS、第2位はFacebook

MMD研究所は8月25日、MVNOのスマートフォンを利用している15歳~69歳の男女319人を対象に実施した「2017年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査(MVNO編)」の結果を発表した。

[12:14 8/28]

Facebookメッセンジャーを介して拡散するマルウェア発見

Kaspersky Labは8月24日(米国時間)、「New multi platform malware/adware spreading via Facebook Messenger - Securelist」において、Facebookメッセンジャーを使ってかなり巧みにマルウェア/アドウェアの拡散が行われていると伝えた。拡散に悪用されているJavaScriptは解析が難しいように難読化されているうえ、複数のドメインを使っているため、トラッキングが困難になっているほか、ソーシャルテクニックを使って気がつかれないように拡散を続けているという。

[15:32 8/25]

強いパスワードを作って効率よく管理する方法

fossBytesに8月23日(米国時間)に掲載された記事「How To Create A Strong Password That's Hard To Crack?」が、クラッキングされにくいパスワードを作成する方法と、作成したパスワードを効率よく管理する方法を紹介した。

[15:26 8/24]

PlayStationのTwitterアカウント、一時乗っ取られる

ESETは8月21日(米国時間)、「Hackers have targeted PlayStation as social media accounts attacked on Sunday」において、サウジアラビアのセキュリティハッカーグループ「OurMine」がソニーのPlayStationのTwitterアカウントを一時的に乗っ取ったと伝えた。乗っ取られたTwitterアカウントはすぐにソニーの制御下に戻ったが、「OurMine」はアカウントを乗っ取っている間に従業員に対してOurMineへコンタクトを取るように求めるつぶやきを行ったとされている。

[15:04 8/23]

スマホのリソースを消費するAndroidアプリランキング、第1位は?

Avastは8月22日、同社のグローバル・レポート「Avast Android App Performance & Trend Report(2017年1月~3月版)」(日本語)を公開した。同レポートでは、最も人気の高いスマートフォンの機種やモバイル機器のリソースを大量に消費するAndroidアプリのランキングを発表している。

[11:02 8/22]

Facebook、React.jsのライセンスを維持 - Apacheとの衝突を回避せず

Facebookは8月19日(米国時間)、「Explaining React's license|Engineering Blog|Facebook Code」において、React.jsのライセンスをFacebook BSD+Patents licenseのまま維持すると伝えた。これにより、Apache Software Foundation傘下で提供されているプロダクトのいくつかは、次のリリースまでにReact.jsに依存しないように内容を書き換えたり、ライブラリを変更したりする必要に迫られたことになる。

[10:03 8/22]

LINE Botを使ってみよう! LINEで始めるチャットボット 第1回 Messaging APIの初期設定をしよう

昨年辺りから、会話を自動で行うプログラム「チャットボット」が注目を集めている。昨今のAIブームとともに、AIの活用により、洗練した会話が可能なチャットボットも増えている。大手ベンダーからはチャットボット向けの開発ツールの公開が始まり、開発者からの注目も高まっている。そこで本連載では、人気があるLINEのチャットボットプラットフォーム「Messaging API」(通称:LINE Bot)でチャットボットを開発する方法を紹介しよう。

[11:30 8/21]

終焉へ向かうFlash、データから見る次の技術は?

Stack Overflowは8月1日(米国時間)、「Flash is Dead: What Technologies Might Be Next? - Stack Overflow Blog」において、先日の2020年を目処にFlash Playerの提供を廃止するというアAdobe Systemsの発表を受けて、Stack OverflowにおけるFlashおよび同時代の技術の人気動向について伝えた。

[11:30 8/3]

東大、AIによりSNSで人気度を上げるタグを推薦する技術を発明

科学技術振興機構(JST)は8月1日、戦略的創造研究推進事業において、東京大学 大学院情報理工学系研究科 電子情報学専攻の山崎俊彦准教授らが、人工知能(AI)を用いてソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で投稿した画像や映像の人気度(閲覧数やいいね!の数)を向上できるハッシュタグを推薦する技術を開発したと発表した。

[11:42 8/2]

独自言語で会話を始めた人工知能ロボット - Facebook

The Independentに7月31日(米国時間)に掲載された記事「Facebook's artificial intelligence robots shut down after they start talking to each other in their own language|The Independent」が、Facebookの研究を取り上げ、人工知能技術(AI)を使ったチャットボットを会話させたところ、人間には理解できない言語で会話を始めることがあったと伝えた。しかも、人間にはわからない言語による交渉において成功したものがあったという。

[11:30 8/2]

SNS上の架空の美女をおとりにしたサイバー攻撃に注意

7月27日(米国時間)、Threatpostに掲載された記事「APT Group Uses Catfish Technique To Ensnare Victims |Threatpost|The first stop for security news」が、「Mia Ash」という仮想の女性が複数の持続的標的型攻撃に使われていたと伝えた。Dell SecureWorks Counter Threat Unitの調査結果を引き合いに出す形で紹介している。

[17:00 7/30]

JAL、Watsonによりハワイ島の現地情報を回答する「マカナちゃん」提供

日本航空(JAL)は7月25日、日本IBMの協力により、チャット形式の自然な対話でハワイ島のおすすめ現地情報を自動回答するサービス「マカナちゃん」の第2弾を同日~2018年3月31日(24時間)まで提供すると発表した。第1弾では、Watsonの「対話技術(Conversation)機能」を活用し、旅行に関する不安や疑問などにチャット形式で自動回答するサービスを展開していた。

[10:29 7/26]

Adobe、ついにFlash終了を発表 - 配布とアップデートは2020年末まで

Adobe Systemsは7月25日(米国時間)、「Flash & The Future of Interactive Content|Adobe」において、2020年の末にはFlash Playerの配布およびアップデートの提供を終了すると発表した。Adobe Systemsはコンテンツクリエーターに対して、既存のFlashコンテンツを新しいオープンフォーマットへ移行させるように呼びかけている。インタラクティブコンテンツとして長い間デファクトスタンダートの地位を占めたFlashは幕を引くことになる。

[10:04 7/26]

OKI、人との自然な対話を可能とするAI対話エンジンを提供開始

沖電気工業(OKI)は7月25日、人と自然な対話を実現するAI対話エンジン「Ladadie(ラダディ)」の提供を開始した。同エンジンは、ユーザー自身では気付かなかったニーズを引き出すコンサルタントのラダリング技法を用いた対話や、キーワードの掘り下げでFAQを効率的に検索するための対話など、性質の異なる対話を同一エンジンで行うことができるほか、LINEやFacebookなどSNS上のテキストチャットによる対話や、コンタクトセンターで利用されている音声認識エンジンとの連携による音声対話にも対応することが可能だという。

[13:21 7/25]

Google、モバイルアプリに「Feed」機能を提供

Googleは7月19日(米国時間)、「Feed your need to know - Google」において、AndroidおよびiOS向けのGoogleアプリに「Feed」機能を追加したと発表した。今後アップデートされるGoogleアプリから有効になるものと見られる。Googleはフォローされたフィードをユーザの好みとして反映させ、以降に表示するフィードの検討材料にするとしている。

[10:00 7/21]

Remix OS、コンシューマ向けの開発を停止

Remix OSの開発チームは7月17日(米国時間)、Facebookに掲載したメッセージにおいて、コンシューマ向け「Remix OS」に関連したプロダクトの開発および提供を停止すると発表した。開発チームではRemix OSは熱狂的な人気で迎えられ、最近では企業からの取り合わせが殺到しており、開発リソースを企業向けの開発に注力することにしたと説明。これに合わせて、コンシューマ向けRemix OS関連プロダクトの提供を停止すると伝えた。

[14:00 7/20]

プルーフポイント、サイバー攻撃の調査レポート公開 - 不正メールが最も多い曜日は?

日本プルーフポイントは7月13日、米国Proofpointが毎年発行している「Human Factor」レポートの最新版「Human Factor 2017」(日本語版)を公開した。2016年は、ビジネスメール詐欺の大幅な増加が目立ったという。

[12:07 7/14]

OracleがAI戦略「Adaptive Intelligent Applications」を本格化、差別化のポイントは?

さまざまなITベンダーがAI機能を備えた製品の提供を開始する中、米OracleもAI市場に乗り出した。同社のAI戦略は、2016年秋に、「Oracle Adaptive Intelligent Applications」として発表された。そして今年4月末、当初の予定通り、「Customer Experience(CX Cloud)」向けに限定的な提供を発表した。同社のAI戦略は他社とどう違うのか。

[11:30 7/13]

FacebookやブラウザをハックするAndroidマルウェア「SpyDealer」に注意

fossBytesに7月11日(米国時間)に掲載された記事「How SpyDealer Malware Hacks Your Facebook, WhatsApp, Web Browser, And Other Apps」が、Palo Alto Networkのセキュリティ研究者らによってAndroidに感染する「SpyDealer」と呼ばれるマルウェアが発見されたことを伝えた。このマルウェアはAndroidに感染して40を超えるアプリから個人情報を窃取するという。

[18:00 7/12]

SNS利用中にトラブルを経験した子どもは約3割 - トレンドマイクロ調査

トレンドマイクロは7月6日、スマートフォンで、Facebook、Twitter、LINEなどのSNS(Social Networking Service)を利用している子ども(小学4年生~6年生・中学1年生~3年生)を持つ保護者618名を対象に実施した「子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査」の結果を発表した。

[12:07 7/7]

Linuxカーネル4.12新機能

It's F.O.S.S.に7月4日(米国時間)に掲載された記事「Linux Kernel 4.12 Is Out! These Are The Most Important Features」が、先日公開されたLinuxカーネル4.12の新機能を紹介した。Linuxカーネル4.12はこれまでのLinuxカーネルリリースの中でも特に重要度の高いものと位置づけられており、多くの新機能の追加や変更が取り込まれている。

[10:00 7/6]

2017年上半期になりすましメール被害に遭った企業トップ12が公開

フィンランドのエフセキュアの研究所であるF-Secure Labsはこのほど、2017年上半期になりすましメールの被害に遭った企業トップ12のリストを公開した。

[11:00 7/5]

800ソフト/5万の脆弱性に基づくハッカーによるセキュリティ・レポート公開

HackerOneは6月27日(米国時間)、「The Hacker-Powered Security Report: Insights from Over 800 Programs|HackerOne」において、800を超えるソフトウェアから約5万の脆弱性を修正したデータに基づいた報告書を公開した。ソフトウェア業界のみならず、さまざまな業種において使用できる資料として参考になる。

[13:30 6/29]

Yahoo!リアルタイム検索でTwitter、Facebook、Instagramの横断検索が可能に

ヤフーは6月28日、「Yahoo!検索」「Yahoo!リアルタイム検索」において、人気のInstagramユーザーの投稿を表示する機能を追加した。著名人の名前を検索すると、その著名人のInstagramの投稿が表示される。これにより、Yahoo!リアルタイム検索は、Twitter、Facebook、Instagramの投稿を横断的に検索できる国内初のサービスとなる。

[12:13 6/28]

URLパディングによるFacebookフィッシング詐欺に注意

fossBytesに6月20日(米国時間)に掲載された記事「A New Facebook Phishing Technique Named "URL Padding" Is Here To Steal Your Password」が、Facebookにおいて、URLパディングという技術を使った新しいタイプのフィッシング詐欺が発生しているとして注意を呼びかけた。モバイルユーザーを対象としており、引っかかったユーザーはアカウント情報を窃取されるおそれがある。

[15:30 6/22]

タイムズ、訪日外国人向けAIコンシェルジュサービスの提供を開始

タイムズモビリティネットワークスは6月19日、ビースポークの運営する訪日外国人向けAI(人工知能)コンシェルジュサービス「Bebot(ビボット)」を、タイムズカーレンタル成田空港店で同日から3カ月間、無料のトライアルキャンペーンとして提供すると発表した。

[17:08 6/19]

アライド、SNS運用支援の専門組織「エンゲージメントセンター」を設立

アライドアーキテクツは6月16日、顧客企業におけるSNS公式アカウントの効果的な活用と成果拡大を目的として、SNS運用支援に特化した専門組織「エンゲージメントセンター」を設立した。

[18:16 6/16]

知っているようで知らないO2Oを理解する 第6回 インバウンド対策として需要が高まる自治体のアプリ活用の実態とは?

6回目となる今回は、自治体のインバウンド対策の局面でも導入が進んでいるO2Oアプリの現状と、その活用のポイントを解説する。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、インバウンド対策への関心は自治体でも高まりを見せている。

[09:00 6/14]

Facebook バックナンバー

このキーワードについて (スマホとデジタル家電>スマホアプリ / サービス>Facebook)

Facebook トップへ
フェイスブック(Facebook)の動向やアプリのアップデート情報、使い方を紹介するハウツー記事を掲載。

人気記事

一覧

新着記事