【コラム】

「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策

3 老後破産しないためには、人生の"貯めどき"を逃さない!

3/38

連載『「老後破産」を回避せよ! - アラサーから始めるマネー対策』では、FPの馬養雅子氏が、貧困により老後の生活が破綻する「老後破産」をどのように回避すればよいのか、アラサーのうちからできる対策法をご紹介します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

人生の終わりに「老後破産」が待っていた--なんてことにならないために、若いうちからできることが"貯蓄"。そのポイントが"コツコツ"であるということを、前回ご紹介しました。収入が少ないときも支出が多いときも、コンスタントにお金を貯めるのに大切なのは"先取り貯蓄"である、ということはわかっていただけたと思います。

人生には「貯めどき」「ガマンどき」がある

もう1つ覚えておきたいのは、人生には「貯めどき」と「ガマンどき」があるということ。長い人生ですから、お金のゆとり度がそのときどきで違ってくることもあります。比較的お金にゆとりのあるのが「貯めどき」、お金の面で厳しいのが「ガマンどき」。貯めどきに多めに貯蓄しておけば、ガマンどきに備えることができます。

独身のときや結婚して子供ができるまでの間は、「第1の貯めどき」といえます。特に、独身で自宅住まいの人や、子供のいない共働きの人は、かなりのペースで貯蓄が殖やせるはずです。

子供が生まれて、妻の収入が減ったりなくなったりすると、家計のゆとり度は一気に下がりますが、子供には、まだそれほどお金はかかりません。

子供が幼稚園に入ると、最初のガマンどきに突入します。というのは、日本では幼稚園児の8割が私立幼稚園に通っていて、その月謝が3万円以上するから。高いと思っても削ることはできず、節約の余地もありません。まして、幼稚園に通う子供が2人いたりすると、かなり大変になります。

でも、それは仕方のないこと。なので、「子供が幼稚園に入ると家計が厳しくなる」ということをあらかじめ知っておきましょう。そうすれば、ある程度覚悟ができて、悲観的にならなくてすみます。

この時期は貯蓄ができなくなることもあるかもしれませんが、大切なのは、家計を赤字にしないこと。ほかで節約したり、収入を増やす工夫をするなどしてこの時期をしのげば、子供が小学校に入学して「第2の貯めどき」がやってきます。

公立の小学校はあまりお金がかからないので、貯蓄のペースをアップさせましょう。中学、高校は公立か私立かで費用に差があり、家庭によっては貯めどきだったりガマン時だったりします。大学は、教育費の中では最もお金がかかるので、多くの場合はガマンどき。そして、子供が社会人になれば、教育費や生活費の負担がなくなり家計はラクになります。そこから退職するまでが、「最後の貯めどき」となります。

人生には「貯めどき」「ガマンどき」がある

老後破産回避のコツは「貯めどきを逃さない」こと

老後破産しないためには、このような人生の貯めどきとガマン時を知って、貯めどきを逃さないことが重要です。このシリーズの1回目で、「貯蓄なしのおめでた婚が老後破産に通じる」と書きましたが、その理由はもうおわかりですよね。人生の最初の貯めどきを逃したことになり、あとが厳しくなるからです。

ここでもう1つ考えてほしいのは、こうしたライフプランが昔より後ろにずれてきていることです。晩婚化や子供をもつ年齢が上がっていることによって、最後の貯めどきが短くなったり、あるいはなくなったりしてきているのです。 例えば、38歳で子供が生まれたとすると、その子が大学を卒業して社会人になるのは、親が60歳のとき。60歳で退職するとしたら、最後の貯めどきはないということになるわけです。ただ、そのぶん第1の貯めどきが長いわけですから、そのときにしっかりためておきたいところ。

ライフプランと相談しよう

いつ結婚するか、いつ子供が生まれるかは、予測ができません。ですから、第1の貯めどきにいる人は、貯めどきであることを自覚して、しっかりためておきましょう。ここでダラダラとお金を使ってしまうと、あとが厳しくなり、やがて老後破産ということにもなりかねません。

「結婚するつもりもないし、子供もいらない」という人もいるかもしれませんね。そう思っていても、どうなるのかわからないのが人生。だから、やはり貯蓄は必要です。

ずっとシングルの場合、高齢になったときの1人暮らしは2人暮らしより生活コストが高くなります。また、結婚していれば、どちらかの収入が減ったり途絶えたりしたときに、もう1人がそれを補うことができますが、シングルはそれができないので、お金の面ではリスクが高いとえます。シングルだからこそ、多くの貯蓄が必要なのです。

シングルの人や子供のいない人は、ずっと貯めどきなわけですから、子供の教育費がかからないぶん、より多くためられるはずですし、より多くためておかなければなりません。

執筆者プロフィール : 馬養雅子(まがい まさこ)

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)、一級ファイナンシャルプランニング技能士。金融商品や資産運用などに関する記事を新聞・雑誌等に多数執筆しているほか、マネーに関する講演や個人向けコンサルティングを行っている。『図解 初めての人の株入門』(西東社)、『キチンとわかる外国為替と外貨取引』(TAC出版)、『明日が心配になったら読むお金の話』(中経出版)など著書多数。オフィシャルホームページ「あなたのお金のアドバイザー」。

3/38

インデックス

連載目次
第38回 シングル男子とシングル女子、老後破産リスクが高いのはどっち?
第37回 老後破産を回避するお金の「読み書き能力」
第36回 老後資金づくりに向かない運用
第35回 想定外の出来事で老後破産しないために
第34回 介護で老後破産してはいけない
第33回 自分年金作りはコストを抑えて効率アップ
第32回 投資信託の積立で老後破産を回避する
第31回 コツコツ投資で老後破産を回避する
第30回 預金一辺倒は老後破産につながる?!
第29回 親と同じだと老後破産する
第28回 病気やケガで老後破産しないために
第27回 国の年金、実はとってもおトク?
第26回 「老後破産」っていうけれど、国の年金はどうなっているの?
第25回 老後破産回避に役立つ保険、役立たない保険
第24回 老後破産しないマイホームの買い方
第23回 "夢のマイホーム"で老後破産!? 購入前に覚えておきたい「3つのNG」
第22回 間違った教育費のかけ方で陥る"パラサイト破産"とは
第21回 教育費で老後破産しないために
第20回 シングル・晩婚者が注意すべきお金の話
第19回 老後破産しないための「結婚とお金」
第18回 お金のこと「わからない」「面倒くさい」が老後破産につながる
第17回 「老後が心配だから個人年金」はNG!
第16回 老後破産しないためにいちばん大切なこと
第15回 ダイエットできない人は老後破産する?!
第14回 収入が多いほど「老後破産」しやすい?!
第13回 老後破産予備軍はおサイフでわかる?!
第12回 借金は老後破産への最短ルート
第11回 クレジットカードは賢く使おう
第10回 やみくも貯金よりメリハリ支出
第9回 「みんなと同じ」が自己破産につながる?
第8回 行き過ぎた"ゆとり費"は貯蓄の敵
第7回 お金が貯まらない人がやっている3つのムダ
第6回 結婚後の生活費は「家計用口座」で一括管理
第5回 「お金にルーズ」は老後破産への第一歩
第4回 「ためられない」が老後破産につながる
第3回 老後破産しないためには、人生の"貯めどき"を逃さない!
第2回 "先取り貯蓄"が人生の味方になる
第1回 老後破産は結婚から始まっている!?

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事