【レポート】

元MS社員の告発 - なぜMicrosoftは画期的な製品を生み出せなくなったか

1 WindowsとOfficeの2大製品に頼り切っている状況

 
  • <<
  • <

1/2

iPadにKindle、iPhoneにBlackBerry、Google検索、iTunesとiPod、そしてFacebookにTwitterなど、このところMicrosoftが画期的な製品を出せずに話題をすべて他社にさらわれている現状は、同社の内部的要因にあるという。1997~2004年にかけてMicrosoft製品開発チームのバイスプレジデントとして在籍していたDick Brass氏が米New York Timesの特別寄稿の中で過去の出来事に触れ、こうした同社の体質について告白している。

このままでは最先端の座に位置するのは厳しい

これは「Microsoft’s Creative Destruction」というタイトルでNYTの4日(現地時間)付けの紙面に掲載されたもの。1月28日に同社会計年度で2010年第2四半期(2009年10-12月期)の決算を発表したMicrosoftだが、190億ドルという過去最高の売上を記録することができた。だがこうした状況にも関わらず、同社の売上は依然としてWindowsとOfficeの2大製品に頼り切っている状況であり、今後もこの数十年来の製品を抱え込んだまま栄光が続くとは限らないと警告している。

Microsoftはこの間に膨大な金額の研究開発投資を行い、どこよりも優れた人的リソースと資金、世界で最も進んだ研究所、そして3人のCTOという贅沢な環境にあるが、実際には画期的な最新製品は生み出せていない。後から大量の資金を投入して追いつこうとするものの、ゲーム機や携帯音楽プレイヤーで有利な戦いはできず、WebブラウザやハイエンドノートPC、スマートフォン分野ではシェアを失い、このままではテクノロジー企業としての最先端の座に位置するのは厳しいというのだ。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) WindowsとOfficeの2大製品に頼り切っている状況
(2) 内部競合で新たな芽が潰される
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Intel、"Kabylake"こと第7世代Coreプロセッサ発表 - ノートPC向けから提供
[22:11 8/30] パソコン
TVアニメ『SUPER LOVERS 2』、来年1月放送! ティザービジュアルを公開
[21:58 8/30] ホビー
[豊川悦司]大竹しのぶを「200歳ぐらいまで生きそう」と絶賛 「後妻業の女」で共演
[21:52 8/30] エンタメ
[ハロー!プロジェクト]名古屋定期公演スタート 初日は愛知出身・牧野が出演「地元でイベントうれしい」
[21:41 8/30] エンタメ
真鍋昌平×岩井俊二が“現代”を語る、「リップヴァンウィンクル」BD&DVD記念
[21:37 8/30] ホビー