WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)を比較!違いについても解説!

wolt ウーバーイーツ 比較 フードデリバリー

「WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)に違いはある?」

「利用するならWoltとUber Eats(ウーバーイーツ)はどっちがお得?」

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)のデリバリーサービスに関して、上記のような疑問や悩みを持っている方は多いでしょう。

この記事では、それぞれの違いを配達パートナーと注文者別に詳しく紹介していきます。

この記事では主に以下の内容を解説していきます。

  • 【配達パートナー】WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の違い
  • 【利用者】WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の違い
  • Wolt(ウォルト)とUber Eats(ウーバーイーツ)におすすめの人

また、すぐにでもUber Eats配達パートナーに無料登録をして自由に働きたい方は、以下から確認できます。

\自由な働き方ができる!/
Uber Eatsで無料登録をする

この記事を最後まで読むことで、配達者と注文者視点でのWoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の違いがわかるでしょう。

なお、Uber Eatsに登録したい方は「Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録する方法」も参考にしてください。

【配達パートナー】WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)は何が違う?

Wolt(ウォルト)とUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの違いには、主に以下の点があります。

デリバリーサービスを始めたい方は違いを知ることで参考にできるでしょう。

また、デリバリーバイトを探している方は「おすすめのデリバリーバイト」も参考にしてください。

それでは詳しく見ていきましょう。

報酬体系

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の報酬体系には主に以下の項目で違いがあります。

デリバリーサービスを決める上で報酬の違いは重要なポイントになるでしょう。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

基本報酬

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の基本報酬の違いを以下の表にまとめました。

サービス Wolt Uber Eats
基本料金 【東京エリア】
平日:450円/650円(※)
休日:450円/650円(※)
【大阪エリア】
平日:400円
休日:400円/450円(※)
※ピークタイム料金
数百円
距離料金 最初の100m以降10円/100m
※最大5kmまで加算
非公開
配達調整金額 なし あり(下記の場合に限る)
・通常よりも交通状況が混雑している場合
・通常よりも商品受け取りの待ち時間が長い場合
・配達パートナーが少なく通常よりも配達の需要が高い場合

Woltの基本報酬は基本料金に距離料金が加算されて計算します。Woltの基本報酬は8月2日に変更され、距離料金が増額しました。

Woltの距離料金は注文を受けたレストランから注文者までの直線距離で計算されます。例えば直線距離2.5kmの注文者に配達する時には、基本料金に240円の距離料金が加算されます。

Woltの基本報酬は、地域によって異なり、表に記載の通り曜日や時間帯でも変動します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の基本報酬は基本料金と配達料金を足した金額です。2022年8月の新制度によってサービス手数料の差し引きは廃止されました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の基本報酬は公開されていませんが、地域や時間帯、距離、配達にかかった時間によって変動し、独自のアルゴリズムを用いて計算されます。

報酬の支払いは、Woltの場合は月に2回、毎月10日と25日に支払われます。一方Uber Eats(ウーバーイーツ)は週払いで支払われます。

それぞれのおすすめの人を今すぐ見る

インセンティブ

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)のそれぞれのインセンティブ報酬について以下にまとめました。

Woltのインセンティブ報酬は以下の通りです。

Weeklyボーナス 1週間に配達した件数によって付与されるボーナス報酬
25回/週以上の達成で自動的に付与される
ブースト 特定の時間に配達することで付与されるボーナス報酬
不定期で発生する
紹介インセンティブ 知人に配達パートナーの仕事を紹介して登録することで付与されるボーナス報酬
紹介された方が当月内に10回以上配達することで10,000円が付与される
チップ 注文者が任意で支払うボーナス報酬

一方でUber Eats(ウーバーイーツ)のインセンティブ報酬は以下の通りです。

ブースト 特定の時間に配達することで付与されるボーナス報酬
不定期で発生する
クエスト 一定期間に配達した件数によって付与されるボーナス報酬
自動で設定されるクエスト値を達成することで付与される
ピーク料金 配達需要の高いエリアで配達することで得られるボーナス報酬
配達件数が増加した場合にリアルタイムで発生する
チップ 注文者が任意で支払うボーナス報酬

Weeklyボーナスとクエストは似たインセンティブ報酬で、一定期間内の配達件数が多いほど報酬額が上がります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のクエストはこれまで自分で目標値を設定できましたが、現在は配達者の平均配達件数にそって自動で設定されます。

インセンティブ報酬は地域で金額や頻度が異なります。例えば首都圏の需要が高いエリアでは、ブーストやピーク料金が発生しやすいと言えるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は基本報酬とインセンティブ報酬を合わせると配達1件あたり約500~550円程度だと言われています。

Woltの場合は1件あたり約500〜750円程度だと言われています。そのため、報酬の点で見るとWoltの方が条件は良いと言えるでしょう。

それぞれのおすすめの人を今すぐ見る

配達エリア

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアの違いを以下にまとめました。

配達サービス 配達エリア
Wolt 24都道府県
Uber Eats 47都道府県

Uber Eats(ウーバーイーツ)は2021年9月から全国に対応しています。そのため配達エリアで見るとUber Eats(ウーバーイーツ)の方が好条件だと言えるでしょう。

Woltが対応している都道府県は以下の通りです。

  • 北海道・東北地方:北海道、青森県、秋田県、山形県、岩手県、宮城県、福島県
  • 関東地方:東京都、埼玉県、神奈川県
  • 中部地方:新潟県、静岡県、愛知県
  • 近畿地方:大阪府
  • 中国・四国地方:岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県
  • 九州・沖縄地方:福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Uber Eats(ウーバーイーツ)とWoltともにすべての市町村に対応しているわけではありません。

自分の地域が対応しているかはそれぞれのアプリで確認できます。

稼働可能時間

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の稼働可能時間の違いを以下にまとめました。

サービス名 稼働可能時間
Wolt 11:00〜22:00(コアタイム)
Uber Eats 9:00〜24:00(コアタイム)

稼働可能時間はUber Eats(ウーバーイーツ)の方が長くなります。

またWoltとUber Eats(ウーバーイーツ)ともにエリアによって稼働可能時間は異なります。

例えば、東京エリアの場合、Woltでは9:00〜24:00で稼働し、Uber Eats(ウーバーイーツ)では7:00〜26:00まで稼働しています。

それぞれのおすすめの人を今すぐ見る

配達依頼件数

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の1時間あたりの配達依頼件数の違いを以下にまとめました。

サービス名 1時間あたりの配達依頼件数
Wolt 2〜3件/時間
Uber Eats 3〜5件/時間

1時間あたりの配達依頼件数で比較するとUber Eats(ウーバーイーツ)の方が配達依頼件数が多い傾向にあります。

そのため1件あたりの報酬が低いとしても1時間当たりの報酬で換算するとUber Eats(ウーバーイーツ)の方が高くなることもあります。

ただし、配達依頼件数は地域や曜日、時間帯によって異なるため一概には言えません。

Woltは同時に3件の注文を受けるトリプルピックアップが可能です。Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合はダブルピックアップまで対応しています。

同時ピックアップを行うことで効率的に稼ぐことができます。

服装や必要なもの

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の服装や必要なものの違いを以下にまとめました。

項目 Wolt Uber Eats
服装 専用ユニフォームあり(任意) 自由
配達バッグ 専用バッグ 自由(他社のバッグでもOK)
持ち物 スマホ、専用バッグ、ユニフォーム(任意)、配達車両 スマホ、任意のバッグ、配達車両

Woltは専用ユニフォームとして帽子とジャケット、Tシャツ、配達バッグが用意されています。専用ユニフォームは配達パートナーの契約完了後に配布されます。

Woltの場合、専用ユニフォームの着用は任意ですが、配達バッグの使用は義務付けられています。

一方、Uber Eats(ウーバーイーツ)の服装は自由です。専用の配達バッグが販売されていますが使用は任意です。公式サイトで購入することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では他社のロゴが入った配達バッグの使用も許されています。ただし、保温保冷効果のあるバッグのみに限られています。

それぞれのおすすめの人を今すぐ見る

登録条件

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の登録条件の違いを以下にまとめました。

項目 Wolt Uber Eats
年齢 18歳以上 18歳以上
掛け持ちの可否
配達車両 ・自転車
・125cc以下の原付バイク
・125cc超のバイク(事業用車両のみ)
・軽貨物車(事業用車両のみ)
・自転車
・125cc以下の原付バイク
・125cc超のバイク(事業用車両のみ)
・軽貨物車(事業用車両のみ)
必要書類の例(原付バイクの場合) ・身分証明書(顔写真付きのもの)
・運転免許証
・マイナンバー(番号のみ)
・自賠責保険証
・ナンバープレートの写真
・プロフィール写真
・キャッシュカード
・運転免許証
・自賠責保険証
・ナンバープレートの写真
・プロフィール写真
・キャッシュカード

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)ともに18歳以上であれば高校生でも登録可能です。

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で使える車両は上記の4種類に限られます。

また、WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)ともに配達車両は1つのみ登録でき、変更する場合はサポートに連絡をして手続きをする必要があります。

登録に必要な書類は配達車両によって異なるため、よく調べて準備しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合、配達バッグは、他社のバッグを利用することもできます。専用バッグは公式サイトで4,000円で販売されています。

配達にはバッグの使用が義務付けられているため、保温保冷機能付きのバッグを必ず用意しましょう。

なお、WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)ともに最短2日で登録が完了します。混み合っている場合には2週間程時間がかかる場合もあります。

オンライン説明会

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)のオンライン説明会の違いを以下にまとめました。

サービス名 オンライン説明会
Wolt 2回あり
Uber Eats なし

Woltでは働き始める前に2回のオンライン説明会に参加する必要があります。

1回目はオンラインで説明会が実施され、Woltのサービス概要や報酬体系、今後の流れについて1時間程度の話を聞きます。

2回目は契約後にアプリの使い方についてのオンライン説明会が実施されます。

説明会では質問コーナーも設けられているため初心者でも安心してスタートすることができるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では説明会が実施されません。ただし、オンラインでのチャットサポートがあり、誰でも質問ができるため安心してください。

それぞれのおすすめの人を今すぐ見る

【利用者】WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の違いを比較!

利用者向けのWoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の違いを以下の項目に分けて説明します。

それぞれの違いを知ることで特徴やメリットがわかり、自分に合ったサービスが利用できるでしょう。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

注文時の各種料金

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の注文時の各種料金の違いを以下で解説します。

それぞれの料金を詳しく見ていきましょう。

最低注文金額

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の最低注文金額の違いを以下にまとめました。

サービス名 最低注文金額
Wolt 700円(東京のみ1000円)
Uber Eats 700円

Woltの場合は、東京とその他のエリアで最低注文金額が異なります。

また、Woltでは最低注文金額以下の注文の場合に、少額手数料として不足分を支払う必要があります。

例えば、東京で600円の商品の注文をする場合には、少額手数料として400円支払わなければいけません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合は、700円以下の注文の場合には、一律150円の追加手数料が発生します。

以上のことから550円未満の商品を注文する場合にはUber Eats(ウーバーイーツ)の方がお得だと言えるでしょう

送料

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の送料の違いを以下にまとめました。

サービス名 送料
Wolt 配達距離により変動
Uber Eats 配達距離により変動

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)ともに送料は配達距離によって変動します。

Woltの送料は以下の通りです。

  • 1km以内:50円
  • 2km以内:150円
  • 3km以内:250円
  • 4km以内:350円

Woltの場合は、1km以降は1kmごとに100円が加算されます。

配達距離が4km以上の場合の送料は配達地域によって異なります。例えば東京エリアでは4kmを超えても送料は350円ですが、北海道エリアでは450円かかります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合は距離だけでなく混み具合によっても金額が変動します。

つまり配達パートナーが多く控えている場合は送料は安くなりますが、配達パートナーが少ない場合には送料は高くなります。

手数料

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の手数料の違いを以下にまとめました。

手数料項目 Wolt Uber Eats
サービス料 料理代金の10%(最大300円) 料理代金の10%(最大350円)
少額手数料 最低注文金額未満の場合は差額分の追加料金 最低注文金額未満の場合は一律150円の追加料金

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)は共に料理代金に対して10%のサービス料がかかります。ただし、それぞれでサービス料の上限が異なります。

そのため、サービス料の観点で見ると、3000円を超える注文をした場合はWoltの方がお得と言えるでしょう。

少額手数料は最低注文金額で前述した通りです。

東京の場合、850円より安い注文をした場合にはUber Eats(ウーバーイーツ)の方がお得だと言えます。

加盟店舗ラインナップ

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店舗ラインナップの違いを以下にまとめました。

項目 Wolt Uber Eats
加盟店舗数 非公開 15万店以上(2022年1月時点)
ラインナップ 個人店や中小規模の飲食店が充実 大手チェーン店を中心に幅広いジャンルを取り扱い

Woltは「地元で愛される名店の多さ」を特徴に掲げています。

そのため、Woltは大手チェーン店よりも地元で人気の個人店や中小規模の飲食店の取り扱いが多い特徴があります。

Woltには他のデリバリーサービスで取り扱っていないような個人店が加盟していることもあるため、魅力の1つと言えるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は大手チェーン店を中心にデリバリー専門店や個人店など幅広く取り扱っています。

全国展開している分、加盟店は多くなっているので、食べたいものを見つけやすいでしょう。

支払い方法

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法の違いを以下にまとめました。

支払い方法 Wolt Uber Eats
クレジットカード
デビットカード
現金 ◯※一部のエリアのみ対応
PayPay
Google Pay ×
Apple Pay ×
楽天ペイ ×
ギフトカード ×

Woltでは一部の地域でのみ現金払いに対応していますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は全ての加盟店で現金払いに対応しています。

現金払いを希望する人は事前に公式サイトで対応しているか調べると良いでしょう。

サポート体制

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)のサポート体制の違いを以下にまとめました。

サポート体制 Wolt Uber Eats
電話対応 × ×
メール対応
チャット対応
配達パートナーとの連絡対応 ×

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)ともに電話でのサポートは対応していません。

ただし、Woltはアプリ内のチャット対応が迅速だと定評があります。おもてなしを重視しているため、問い合わせから1分程度で返信がきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達パートナーにチャットや電話で直接連絡をすることが可能です。そのため、突然のトラブルで連絡が必要な時には便利なサポート体制だと言えるでしょう。

スマホアプリ

WoltとUber Eats(ウーバーイーツ)のスマホアプリの違いを以下にまとめました。

スマホアプリの機能 Wolt Uber Eats
検索フィルター 料理ジャンル
すぐにお届け
近くのお店
あなたへのおすすめ
ただいま人気
新しいお店
手頃価格なお店
初回注文割引があるお店
高評価のお店
料理ジャンル
価格帯
お得
最高評価
最大配送手数料
食事制限あり
キャンペーン中の店舗
並べ替え おすすめ
配達料金
評価
配達時間
距離
おすすめ
人気の料理
評価
配達時間
配達パートナーの追跡機能
配達パートナーの情報 なし あり(名前、顔写真、配達歴、配達総数、満足度)

Woltでは豊富な検索フィルターでレストランを絞り込むことができます。配達料金で並び替えることができるため、手数料を安く抑えたい方には使いやすい機能だと言えるでしょう。

配達パートナーの情報が表示されないため、配達パートナーと連絡をとりたい場合にはカスタマーサポートに連絡する必要があるのはデメリットになる場合もあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではベジタリアンやビーガン、アレルギーなど食事制限を選択して絞り込むことができます。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達パートナーの顔写真や名前を確認することができ、直接チャットや電話で連絡を取ることができるため安心です。

Wolt(ウォルト)とUber Eats(ウーバーイーツ)はそれぞれこんな人におすすめ!

Wolt(ウォルト)とUber Eats(ウーバーイーツ)のおすすめの人を配達パートナーと利用者の場合に分けて紹介します。

おすすめの人を知ることで配達パートナーを決める際は利用する際の指標となるでしょう。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

配達パートナーの場合

まずは配達パートナーの場合のおすすめの人を紹介します。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

Wolt

Woltで配達パートナーをする場合のおすすめの人を以下にまとめました。

  • 説明を聞いた上で安心感を持って働き始めたい方
  • トリプルピックアップを利用して効率よく稼ぎたい方
  • 利用者に名前などの個人情報を知られたくない方
  • オンライン時間保証を使って安定した収入が欲しい方

Woltでは働きはじめる前に2回の説明会に参加し、適宜質問することができるため初めてデリバリーバイトをする方にも安心です。

また、利用者に顔写真や名前などの情報が開示されないため個人情報が守られます。

さらに、事前に稼働予約をする「オンライン時間制度」を利用すれば配達件数が少なかった場合にも時給が保証されるので、安定した収入が欲しい方にもおすすめできます。

\ライフスタイルに合わせて配達ができる!/
Woltで無料登録をする

Uber Eats

Uber Eatsで配達パートナーをする場合のおすすめの人を以下にまとめました。

  • 配達件数が多いため数をこなして稼ぎたい方
  • 自由な服装で配達したい方
  • 面接などがなく簡単に始めたい方
  • 週払いのためすぐにお金が欲しい方

前述したようにUber Eats(ウーバーイーツ)はWoltよりも1時間あたりの配達件数が多いため、数をこなすことで稼ぐことができると言えるでしょう。

服装や髪型、配達バッグの制限がないため、自由な服装で配達することができるのもメリットの一つです。

\自由な働き方ができる!/
Uber Eatsで無料登録をする

利用者の場合

つぎに利用者の場合のおすすめの人を紹介します。

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

Wolt

Woltを利用する場合のおすすめの人を以下にまとめました。

  • 手数料を安く抑えたい方
  • 地元の個人店に注文したい方
  • 手厚いサポート体制が欲しい方

Woltは他のデリバリーサービスと比較すると比較的送料やサービス料が安く設定されています。そのため手数料を安く抑えたい方にはおすすめです。

また、大手チェーン店だけでなく地元の個人店も加盟している特徴があります。地元店を応援したい方は積極的に利用すると良いでしょう。

さらに、アプリ内のチャット機能では1分以内に返信がもらえるなどサポート体制が手厚いため、サポート面を重視している方にはおすすめです。

Uber Eats

Uber Eatsを利用する場合のおすすめの人を以下にまとめました。

  • より早く注文商品を受け取りたい方
  • 幅広いジャンルの店舗を利用したい方
  • お得なクーポンを利用したい方

Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達パートナーが多いため、比較的待ち時間が短く商品を受け取ることができます。そのため早く商品を受け取りたい場合はUber Eats(ウーバーイーツ)を利用すると良いでしょう。

また、全国に対応していて加盟店も多いため大手チェーン店だけでなくさまざまなジャンルの店舗を利用することができます。

さらに、初回クーポンだけでなく2回目からも利用できるクーポンなども発行されているので、お得に利用したい方にもおすすめします。

Wolt(ウォルト)とUber Eats(ウーバーイーツ)に関するよくある質問

配達パートナーで収入が高いのはどっち?

配達パートナーの収入は、地域や曜日、時間帯などでも異なりますが1件あたりの報酬はWoltが高いと言えるでしょう。

ただし、1時間あたりの配達件数がUber Eats(ウーバーイーツ)の方が多いため、1時間あたりの報酬で換算するとUber Eats(ウーバーイーツ)の方が高くなることもあります。

また、Woltではトリプルピックアップが可能なため、ピークタイムには効率よく稼ぐことができます。

一方でUber Eats(ウーバーイーツ)は稼働可能時間帯が長いため、深夜帯にも稼ぐことができるメリットがあります。

タイトルとURLをコピーしました